第二章 『お姫様』の『お気入り』

エピソード文字数 1,252文字

「そうなのです!……彪様は、とても、かわいらしいでしょう?まるで、上等なお人形さんのようだと、思われませんか?」
 そのあまりな言われように、愕然とする彪を尻目に、暎蓮は生き生きと言う。
「彪様は、見た目も愛らしいですが、それだけではなく、とても頼りになるお方なのですよ。私の知らないことをたくさんご存知で、いろいろと教えてくださるのです。……確かに、そうです。普通の『お人形遊び』より、彪様と過ごすほうが、ずっと楽しいのです!」
「それは、よかった」
 兵士は、それを聞いて、ついに、破顔した。
「山緑殿もおっしゃっておいででしたよ、白点様が宮廷にいらしてから、姫様はお元気になられたと。……しかし、姫様」
 兵士は、小さな声で、言った。
「くれぐれも、扇王様がやきもちを焼かれない程度になさいませ。扇王様は、こと、姫様のことになると、理性が吹き飛ぶようですから。ご兄弟分であられる、白点様がお相手では、なおさら、そのお立場がないでしょうからねえ……」
「あら」
 暎蓮は、それを聞いて、真っ赤な顔をした。
「わ、私、そんなつもりでは……」
「そうでなければ困りますよ。……白点様が」
 兵士はそう言って、笑いながら、暎蓮の後ろで、硬直したまま顔を真っ赤にしている彪に向けて、言った。
「……白点様。姫様は、これまで世間と隔絶されていた分、まだお心が幼くていらっしゃいます。どうか、あなた様がお持ちのお知恵で、姫様をお護りして差し上げて下さい。……扇王様とは別の面から」
「は、はい……」
 彪は、なんとか答えた。その彼に、兵士は、さらに言う。
「当分の間は、姫様のお好きな、おままごとやおはじき遊び、貝合わせなどにさんざんおつきあいさせられることになるでしょうが、どうか、御辛抱ください」
「ま、ままごと……」
 さすがに、彪が顔を引きつらせる。……暎蓮はさらに顔を真っ赤にして、兵士に向かって、叫ぶようにして言った。
「……もう!彪様にそんなことばかりおっしゃるなんて、お人が悪すぎます!」
 暎蓮は、頬を赤くしたまま、まじめな顔になり、言った。
「私は、もう、『人妻』です。そんな、『子供』ではありません」
「おや。お人形遊びからご卒業なさる御覚悟が、やっとできましたか?」
 兵士の言葉に、暎蓮はあわてて、
「……今後は、お人形で遊ぶのは、彪様と扇賢様とだけにします」
「それはそれは。扇王様は、姫様と遊ぶのだけはお苦手なご様子で、さんざん逃げ回っていらっしゃるようですから。……となると、残された白点様も、大変なことになりますなあ」
「お願いです、私から、彪様だけは、取り上げないでください!」
 暎蓮が、真剣に懇願する。その様子を見て、兵士は大笑いした。そして、彪に向けて、
「……白点様。と、いうわけですから、今後とも、姫様のお相手をよろしくお願いいたします」
 と言った。彪が、真っ赤な顔で、どうにか、
「……は、はい……」
 と、返事をする。
 暎蓮がそれを聞いて、ほっと息をついた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み