第二二話 ぷれぜんと

エピソード文字数 2,767文字

 ◆天文十四年(一五四五年)八月中旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 信長ちゃんの怒りに対応するため、忍びのお奈津に時間ができたら来てほしいと連絡しておいたが、彼女が部屋に来たのは既に夜更けだった。
「左近、久しぶりやね。夜中にウチを呼び出しなんて、もしかしてウチと仲ようしようと思ったん?」
 おれに好意を示しているお奈津だけに、案の定の反応だ。現代の後輩の奈津にも、煮え切らない態度をしていたので、心がすごく痛んでしょうがない。

 ――だが、信長ちゃんに浮気を許してもらった手前、お奈津に対しての態度もはっきりしなくてはいけないぞ。心を鬼にして、お奈津に頭を下げる。
「お奈津、申し訳ない。おれはお奈津とそういう関係になるつもりはないんだ」
「なーんや。おもろうないなあ。で、なんかあったん?」
 お奈津はあからさまに不機嫌だ。やりにくいけれど、彼女しか信長ちゃんの真意はわからないだろう。

「お奈津、すまぬ。殿から文を頂戴したのだが、扱いに困っていてな。それから、なんで殿がツルペタという言葉を知っている?」
 再び深々と、お奈津に頭を下げる。頼む!
「あはは、ツルでペタやな。ま、姫様からもらた文を見せやあ」
 幸いなことに、お奈津の興味は姫からの手紙に移ったらしい。軽く笑っているお奈津に手紙を渡す。

 ◇◇◇

 『わらわがなんばんわたりのはりせんにてさこんがこうべを……』
【意訳】
 ワシがハリセンで左近の頭を叩いたのは、カッとなってしまったからじゃ。
 反省しているし、多分もうしないので許せ。
 左近のことを嫌いになったわけではないのじゃ。勘違いするでない。
 父上も「吉が左近のことを好いてるのは間違いない」と言っているのじゃ。
 だから、安心してこれまで通り助けてほしいのじゃ。
 ツルでペタなのは、ワシが奥手であるからだろう
 だんだんと育っているのだぞ。
 だから、ツルでペタを理由に、約束を守らぬことは言語道断で、三国(さんごく)(日本・中国・インド)に聞こえるほど不都合で、天罰が落ちるほどの行いじゃ。許さぬ。
 左近よ、首を洗って待っておれ! きつより さこんへ。

 ◇◇◇

 お奈津は笑ったり頷いていたりしたが、信長ちゃんの手紙を読み終わると茶化す。
「左近、姫様から恋文もろうたんや。クックック」
 恋文ってラブレターだよな。
「恋文!? 首を洗って待っておれ、とあるが?」
「姫様が『わらわ』と使うの、初めて見たわ。それにこの文は、今日もろたんやろ?」
「ああ、夕方ぐらいだ」

「普通やったら、大殿にもろた『三郎』使うやろ」
「確かに三郎という名を使うだろうな」
 信長ちゃんの普段の一人称は『ワシ』だ。だが手紙の原文は、確かに女性言葉の『わらわ』になっていて、差出人も『きつ』となっている。
 だからといって、この内容でラブレターになるのか?

「それはおいといてな。ちょい前にな、姫様が乳の発育を気にしてはったんや。そん時な、左近のおもろい言い方思い出したんよ。
 それでな、『姫様は奥手なので、今はつるでぺたかもしれんけど、数年経てばつるでぺたではなくなりますよ』って言うたんや」
「それで?」
「昨日にな、『左近はどのような女子を好むか。つるでぺたな女子は好むか?』って姫様に聞かれたんよ。だから、『あまり好まないと思う』って答えたんや」
「なるほど……」
「そしたら、姫様が『試し戦に勝ったら、左近はワシのことを、もっと好きになるはずなのに話が違う』ってことになってな。クックック」
 なるほど。それで、『ツルペタな信長ちゃんを好きではない』ってことになったわけか。
 ともあれ、何とか誤解を解かなくてはいけない。

「笑い事ではないんだが」
「ま、でもな。言語道断とか、三国一の不届きとか、天罰が落ちるてのはな、『とても悲しい』と読むんや。姫様は普通と違うからなあ」
「そう読めるのか? 許さぬ、首を洗って待ってろ、というのは?」
「んなもん分からへんの? 『数年経ったら、左近の好きなつるぺたでない女子になってやる!』やんか」
「まことか?」

「ま、本人やないからなんとも言えへんけど、あの姫様ならなあ」
「父上云々は?」
「大殿に見透かされたんやない? 『わたしは左近のことが好き』の照れ隠しやね、きっと」

 お奈津の言葉を元に手紙を読み返してみる。
『カッとなってハリセンで叩いてしまったけれど反省しています。
 もうしないから……許してね。
 あなたのことを嫌いになったわけではないから、勘違いしないで。
 わたしはあなたのことを好きだから、安心してこれまで通り側にいて助けてほしいの。
 いまは身体に魅力がないけれど、わたしは奥手だし成長期なんだよ。
 いまだけを見てもっと好きになるよ、という約束を守ってくれないのはとっても悲しい。
 きっと数年後は魅力的になるのだから。吉より 左近へ』

 確かに、ラブレター以外の何ものでもないな。
 しかし、本当にこういう読み方で正しいのか? 原文は首を洗って待っておれ、なんだけど。
 女心は難しいというか、信長ちゃんだから難しいのか。いずれにしろ難易度高すぎだろう。
 とはいえ、おれも信長ちゃんが小学六年生だからといって、軽く流していた部分があるのかもしれない。

「確かに恋文のようだな」
「せやろ? 恋文もろたら、アンタの気持ち返さなあかんやろ」
 とっても物騒な恋文だけどな。
「確かにな」
「でも……左近。姫様は幼いし、アンタは家臣やないか。うまくいくわけないんちゃうの?」
「……」
 お奈津の言うことは一理ある。家格の見合う婿を取るのが普通の考えだろう。
 だが……。

 ◇◇◇

 そろそろだろうか。

 どんっどんっどんっ! どんっどんっどんっ!

 ほら、予想通り。
「さこん、どうじゃ?」
 信長ちゃんは、今日はうす緑色の新しい髪飾りをしている。両手を腰に当てて身体を斜めに構え、少し顎を上げ気味に見上げてくる。モデルポーズってやつだろうか。
 幸いなことに、至って落ち着いた表情だ。
 
「姫様にとてもお似合いですよ。意中の異性へ贈る物を、あちらの国の言葉でプレゼントといいます」
「ぷれぜんとじゃな。ありがたいのじゃ」
「とっても素敵です」
「が、さこんは、つるでぺたな女子は好かぬのではないのか?」
 信長ちゃんは不安気で探るような目つきだ。

「試し戦の時も話しましたが、おれの目は未来が見えます。未来の姫様は、つるでぺたではありませんよ」
「で、あるか!」
 ここで彼女は、ようやくニコニコっとした笑みを浮かべた。やっぱり、信長ちゃんはこれでなくてはね。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み