2 ❀ 白鳥乱舞

文字数 896文字

気が、自分を中心に渦を巻いているイメージ。


ヤスジィに言われたとおり、萌栄は意識を集中させた。


風がサワサワと近づくのを感じた。


次の瞬間 ―― と風が吹き抜ける。

(あれ? 風が変わった…)

驚いて、目を開く。


周囲の樹がザザザッと大きくゆれ、葉がはらはらと散った。

風はどうなった?
わたしを、よけました

ぼくも。


風が僕の前ではねかえったような感じ。


風は上へよけたよ

二人のまわりで気が渦を巻いとったからや。


二人の気にぶつかって、風の流れが変わった。


つまり、気の力で風向きが変えられるということじゃよ

人の気って、すごい!

自分のまわりで気が渦をまくようなイメージ、うまくできたようやね。


この気の渦が風になると、の段階気で、風を起こす〟の術ができる。

 ヤスジィはスケッチブックのページを前にもどす。

さて。次は の段階〝気で、風を引き寄せる〟をやってみようか


これは、自分を磁石にして風を引き寄せるイメージじゃ

ほら、また風が来る

二人は目を閉じ、すぅと深呼吸して風を待つ。

(自分が磁石となって、風を引き寄せるイメージ…)
( 引き寄せる・・・ )
迫る風の音がザァアアッと大きくなった。

ひんやりとした風が、指のすき間から入りこんだ。


2人は、たちまち絹のようになめらかな涼気を肌にまとう。

( まるで、風の神様と握手したみたい )
( この感覚は一体。とても気持ちが良い・・・ )

風が止むまで、その感覚はつづいた。


2人は目をぱちくりとしている。

どうやら2人とも、うまく風を引き寄せたようやね?


つかみはいいようじゃな。


風をものにするなら、リズムを知らねばならない。


そのためには、これをやるがよい

ヤスジィはカバンから小型の音楽プレイヤーを出した。


再生ボタンを押す。


ゆったりとしたクラシック曲が流れ始めた。

まずお手本を見せよう。しかと目に焼き付けるのじゃぞ。


()()白鳥の湖!

ヤスジィは曲に合わせて、手をひらひら、腰をくねくね踊り出した。
チャ~チャラララ、ラ~ン、ララ~ン♪
・・・・・・。
・・・・・・。

なぜ、彼はバレエを躍るのか。


萌栄と発は、ただ眺めるしかなかった。




 次回、ヤスジィバレエ団  開幕!? 

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色