エピローグ

文字数 1,785文字

 海岸沿いの道を二人の女性が歩いていた。そのうち一人は腰まで伸びた金髪を靡かせており、その肌は驚くほどに白い。また、青い瞳は隣を歩く女性を何度も見つめており、その口角は緩んでいる。
 一方、その隣を歩く女性の髪は明るい栗色をしており、瞳は碧色をしていた。彼女の髪は肩ほどの長さだったが、良く手入れをされているのか陽光によって輝いている。
 
「ねえ、セーラ。やっと、一緒にお出かけ出来たわね」
 そう話す女性の手には大きめのバスケットが握られ、それは彼女が歩く度に揺れている。そして、彼女は道端に木製の長椅子を見つけるなり籠をその中程に置き、共に歩む者の目を見つめた。
 
「ここで食事をしましょう? 他に、座れそうな場所があるかは分からないし」
 すると、話し掛けられた者は籠の右側に座り、それを見た者は椅子の開いている場所へ腰を下ろす。
「色々、作ってきたのよ? 途中で崩れるのも嫌だし、手の込んだ料理は無いのだけれど」
 女性は、そう言うと籠の蓋を開け、その中を覗き込む。籠の中には、薄茶色のパンを使ったサンドイッチやパンケーキが入っており、そのおかずとしてソーセージなども入れられていた。
 
「野菜は少なめになっちゃったけど……こういう時位は良いわよね」
 女性は、そう言うと適当にサンドイッチを手に取り、隣に座る者へと渡す。すると、セーラはそれを受け取って口に運び、何度か咀嚼した後で嚥下した。
 
「他にもまだ有るから、遠慮しないで食べてね。飲み物も持ってきたから」
 言って、女性は籠から水筒を取り出してみせる。そして、彼女はそれを軽く揺らすと、椅子の上に立てて置いた。
 
----------
 
 教会の一室に二人の男性が居た。そのうち一人は二十代の青年で、もう一人は彼の倍ほどの年を取っている。また、彼らは向かい合う形でソファーに腰を下ろしており、間に有るテーブルには何も置かれていなかった。
 
「ねえ、神父様。あれはあれで幸せなのかなあ?」
 青年は、そう問うと神父の目を見つめ、小さく首を傾げてみせる。対する神父はにこやかに微笑み、青年の疑問に答え始めた。
 
「幸せと言うのは、他人には分からないものも有るのですよ。貴方から見て幸せで無くとも、二人が笑顔でいるのなら幸せなのではないですか?」
 そう問うと、神父は首を傾げて青年の反応を待った。対する青年は暫く考えた後で頭を掻き、腑に落ちない様子で話し始める。
 
「そうかなあ……だって、あの子達は前からあんな感じだったし」
 青年は、そう言うと細く息を吐き出した。一方、彼の台詞を聞いた者は顎に手を当て、少しの間考えた後で口を開く。
 
「いいじゃないですか、変わらない幸せだと思えば。それより、新しい候補は見つかりそうです?」
 そう問うと、神父は上体を前に傾けて青年の目を真っ直ぐに見つめる。すると、青年は小さく頷き、淡々とした口調で話し始めた。
 
「うん、そっちは問題無さそう。仕事を教えるのに時間は掛かりそうだけど、俺と性格が似ているし平気でしょ」
 そう返すと、青年は大きく息を吐き出した。
 
「同じ過ちは犯さない」
 そう言って青年は立ち上がり、神父の姿をじっと見つめる。
「じゃあね、神父様。俺、そろそろ行かないと」
 そう言葉を続けると、青年は聞き手の反応を待たずに部屋を去った。一方、残された者は深い溜め息を吐き、目を細めて天井を見上げる。
「過ち……そう、過ちですよね」

 椅子に座る二人の女性は食事を終え、静かに食後の茶を楽しんでいた。椅子の左に座る女性は横を向き、笑顔でもう一人の女性に話し掛けている。しかし、セーラと呼ばれた女性は小さく頷くばかりで、声を発さず表情も無い。
 それでも、金の髪を持つ女性は話を続け、茶を飲み干したところで水筒を片付け始める。その後、女性はセーラに話し掛けながら、軽くなった籠の蓋を閉めた。
 
「そろそろ戻りましょうか。暗くなると、寒いし危ないわ」
 そう言うと女性は笑顔を浮かべ、セーラの顔を覗き込む。すると、話し掛けられた者はゆっくり頷き、その仕草を見た女性は立ち上がった。そして、セーラの手を掴んで立ち上がらせると、椅子に置かれた籠を持って歩き始める。
 
 二人の女性は並んで道を進んで行き、彼女らの周囲に人影は無かった。そのせいか一人の女性の声だけが悲しく響き、それは二人が立ち止まるまで続いたのだった。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

???
内容の都合上、名無し状態。

顔に火傷の痕があり、基本的に隠している&話し方に難有りでコミュニケーション力は残念め。
姉とは共依存状態。

シスターアンナ
主人公の姉。
ある事情から左足が悪い。
料理は上手いので飢えた子供を餌付け三昧。

トマス神父
年齢不詳の銀髪神父。
何を考えているのか分からない笑みを浮かべつつ教会のあれこれや孤児院のあれこれを仕切る。
優しそうでいて怒ると怖い系の人。

シュバルツ
主人公の緩い先輩。
本名は覚えていないので実質偽名。
見た目は華奢な青年だが、喧嘩するとそれなりに強い。
哀れな子羊を演じられる高遠系青年。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み