初めてのバレンタイン♡ ①

文字数 3,134文字

 ――二年前の二月十四日。それは生れてはじめて恋をしたわたし・篠沢(しのざわ)絢乃(あやの)にとって、正真正銘、本当に初めてのバレンタインデーだった。

 学校は初等部からずっと女子校だったし、親友の中川(なかがわ)里歩(りほ)とは毎年友チョコの交換をしていた。その友チョコだって、わたしからは手作りチョコを贈っていた。
 あとは父にあげるくらいで、男性への本命チョコなんて一度も贈ったことがなかったけれど、この年のバレンタインデーは違った。

 その前年の十月、わたしには好きな人ができた。桐島(きりしま)(みつぐ)。八歳年上の、大財閥〈篠沢グループ〉会長であるわたしの秘書だ。

 一ヶ月前に末期ガンで亡くなった父は、十月の誕生パーティーの夜に倒れた。その場にたまたま居合わせた彼は、わたしのことをずっと気遣ってくれて、帰りには自分の車で家まで送り届けてくれた。
 わたしはそんな優しい彼に惹かれ、別れ際に彼と連絡先を交換した。

 父が亡くなってすぐ、わたしは父の遺言もあって会長だった父の後継者となり、高校生活と会長職との「二足のワラジ」生活を送ることになったわたしの秘書に就任したのが彼だった。

 彼は惜しみなく献身的にわたしを支えてくれて、(はち)(おう)()の学校から(まる)(うち)にあるオフィスへ、オフィスから自由(じゆう)(おか)の自宅への送迎もしてくれていた。そんなのは多分、秘書の仕事じゃないのに……。彼は文句を言うどころか、嬉々としてやってくれていたのだ。

 そして彼は、実はスイーツ男子だった。当然、チョコレートも大好きなはず。会社内でも「彼氏にしたい男性社員ランキング」の一位らしく、バレンタインには女性社員たちからチョコをドッサリもらうのだろう。

 そんな彼が本命であるわたしは、初めてのバレンタインデーを前に悩んでいた。彼に贈る本命チョコは、どんなものがいいのかと。

「……やっぱり手作りかなぁ。毎年そうしてるし。でも今年は忙しいし、あんまり時間かけられないのよね……」

 学校のお昼休み、スマホで手作りチョコのレシピを検索しながら、ひとり唸った。ヒットしたレシピはドッサリあったけれど、手間暇かかるものが多かったのだ。

 かといって、高級ブランドのチョコレートを贈ると、彼が()(しゅく)してしまいそうだ。わたしも、お金に物を言わせて高いものを贈ることをよしとしていない。好きな人に贈るものだから、お金をかけるより愛情の込もったものがいい。
 それに、「手作りチョコをあげる」とすでに約束してしまっていたし……。
 
 時間をかけずに、真心を込めて美味しいチョコレートを手作りする方法はないものか? ――わたしはますます悩んだ。

「――絢乃、さっきから何唸ってんの?」

 長身のショートボブの女の子が、ちょっとハスキーな声でわたしに声をかけてきた。
 彼女がわたしの初等部時代からの親友・里歩。バレーボール部のキャプテンをしていたので、声が少しハスキーなのだ。

「ああ、里歩。――あのね、バレンタインのチョコのことで、ちょっと」

「バレンタイン? そういや、もうすぐだね。……んで?」

「わたし、好きな人できたでしょ? で、初めて本命の人にあげるチョコって、どんなのがいいかなぁって悩んでたの」

 彼女には、わたしが彼に恋をしているということはすでに話してあった。というか、彼女の方が先に気づいたというべきか。
 
「なるほどねえ。でも、レシピ検索してるってことは、『買う』っていう選択肢はアンタの中にはないワケね。じゃあさ、具体的にどんなの作りたいとか、そういうイメージってないの?」

「……ない、ことはないけど」

「ん? どんなの?」

「こないだね、会社で食べさせてもらったガトーショコラがすごく美味しくて。こんなの作って彼に食べてもらえたらなぁって思ったんだけど、初めてのバレンタインで手作りのガトーショコラって……ちょっと重いかしら?」

 この当時、わたしと彼はまだ付き合い始める前だった。恋人でもない女性から、バレンタインに手作りケーキをもらったら、男性側はどう思うのだろうか……と考えてみたり。

「ちょっと重い……かなぁ。あたしが桐島さんだったら、ちょっと引くかも。クッキーもちょっとね。いくらスイーツ男子でもさぁ」

「……だよねぇ。となると、無難に普通のチョコの方がいいか」

「しかも、アンタ最近忙しいから時間ないじゃん。『時短で作れる美味しい手作りチョコ』で検索し直してみたら?」

「うん、そうするわ。ありがとね、里歩」

「あたしの彼氏は甘いの苦手なんだって。だから余計に大変なんだよねー。チョコはビターじゃないとダメだし、他のプレゼント考えなきゃいけないし」

 里歩にも彼氏がいて、わたしも面識があった。スポーツマンタイプで、確かに甘いもの好きには見えなかった気がする。

「ビターって……、ハイカカオとか?」

「うん、まぁ。でも、あれってけっこう値が張るじゃん? 一般的なチョコに比べたら。バレンタイン前って、女の子はみんな苦労するよね」

「そうね……。桐島さんがスイーツ好きで助かったけど」

 ちょうどお昼休み終了のチャイムが鳴ったので、レシピ検索は退社後、家に帰ってからに持ち越すことにした。


****

 ――いつもより遅く帰宅し、夕食を終えた後、わたしは自分の部屋のパソコンで手作りチョコのレシピ検索を再開した。

 スマホだと画面が小さくて画像が分かりにくいけれど、パソコンの大画面なら画像も鮮明で、チョコの表面に施された装飾も分かりやすい。
 見映え重視で作るわけではないにしても、できることならキレイな見映えのものを作って彼に食べてもらいたかった。

「時短で簡単にできて、美味しいチョコ……と。――わぁ、こんなにあるの……?」

 里歩のアドバイスどおりに条件を絞って検索しても、投稿されたレシピはかなりの数あった。わたしは頭を抱えて呻いた。

「ママの意見も聞きたいけど、パパは甘いもの苦手だったしなぁ……」

 いや、父でなくても、結婚前にお付き合いしていた人や、想いを寄せていた人はいたはず。彼らがみんな甘いものがダメだったとは限らない。

「……でも、できれば自分の力だけで決めたいな。ママからうっかり、彼の耳に入っちゃうこともあるかもしれないし。それじゃサプライズにならないもん」

 母はわたしの初恋に、極めて協力的だった。よかれと思って余計なことをされて、ややこしいことになっても困る。

 わたしはパソコンのディスプレイに表示された、数々のチョコレートのレシピをスクロールしていった。形はやっぱりハート形が多い。大きさは一口大から、大きなハート形のプレート状のものまで幅広く表示されていた。

「やっぱりベタだけど、形はハートにするかな。大きさは……、小さめの方が食べやすそうね。じゃあ……この辺りを参考にして、と」

 参考として選んだレシピを、わたしはカラーでプリントアウトしてみた。
 三層構造になっているチョコのようで、芯は柔らかいガナッシュ、それをビターチョコでコーティングし、表面はミルクチョコでもう一度コーティングされているらしい。その上から、さらにジグザグの装飾用のビターチョコがかけられていた。

 こんなに手の込んだチョコが時短でできることが、わたしには驚きだったけれど。見映えもいいし、何より美味しそうだし、わたしはこのレシピのチョコに一目惚れしてしまった。
「自分で作ってみたい!」と、強く思ったのだ。

「よしっ! コレでいこう!」

 まずは、明日から練習だ。……わたしは決めた。
 幸い、翌日は土曜日で学校はお休みだった。材料を買いに行って、できることなら里歩にも家に来てもらって、ママや史子さんにも手伝ってもらって……。 

 ――こうして、わたしの初バレンタイン手作りチョコ作戦は決行されることとなったのだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み