褐色の肌の王子と騎士《ナイト》 Ⅴ

文字数 2,412文字

「これはあくまで、わたしの考えに過ぎません。聞くか聞かないかはあなたにお任せします。――ただ、あなたを苦しめることになるかもしれませんが……」

「何でしょう? 仰って下さい」

 ためらうリディアに、覚悟を決めたらしいカルロスが懇願する。

「……わたしは、あなたが国王として即位し、サルディーノ様には政治から手を引いて頂いた方がお国のためにもいいと思っています」

「は……?」

 カルロスは困惑していた。それは、伯父を(かば)いたいからなのか、伯父を恐れているからなのか。

「昼間伺ったお話によれば、あなたは形だけの王で、伯父上であるサルディーノ様が実権を握っているとか。それは、王国として非常に(あや)うい状態です。彼はいずれ、甥であるあなたをも抹殺(まっさつ)し、自ら支配者として君臨することでしょう。それは事実上、王族の権威が失墜(しっつい)することを意味します」

 王妃の親族であるサルディーノには本来、王になる資格――つまり権力を振るう資格はないのだ。

「それで……、私はどうすれば……?」

 思った以上にショックを受けている様子のカルロスは、うろたえながら皇女に問う。

「先ほども申し上げた通り、あなたが国王に即位なさることが第一です。形だけの王ではなく、本当の意味での国王に。そのうえで、国王としてサルディーノ様をお(さば)き下さい」

 スラバットの法において、王族を裁くことができるのは国王だけだ。――ここに来る少し前に、リディアは父からそう聞かされた。

 カルロスは正統な王位継承者である。彼が国王として即位すれば、同じ王族であるサルディーノを排斥することも、裁くことも可能となるはずだ。

「あなたは充分、その資格をお持ちのはずですわ」

「……本当に、私にその資格があるとお思いですか?」

 カルロスが、声を(ふる)わせながらリディアに訊ねた。

「えっ? それは、どういう……」

 彼に問われた意味が分からず、今度はリディアが戸惑う番だった。

「私は、あなたほど強くありません。伯父を恐れているから、両親亡き後は伯父の言いなりになるしかなかった。こんな弱い私に、国王になる資格があるのでしょうか?」

 リディアは先ほどまでの険しい表情を少し(やわ)らげ、カルロスにこんな話をする。

「わたしだって、最初から強かったわけではありませんわ。生まれついての皇位継承者ではありますけれど、昔は弱かったのです。わたしが強くなれたのは、この国や国民や、大切な人を守りたいという強い想いがあったからですわ」

「強い、想い……」

 リディアは大きく頷く。そして、こう続けた。

「誰だって、守りたいものさえあれば、人は強くなれるんです。あなたにだってあるはずですわ」

 スラバットという国を、そこに暮らす民達を、「守りたい」という強い意志(おもい)が――。

「――私に、できるでしょうか?」

「ええ、カルロス様なら……きっと」

 愛する母国を守るために、民を苦しめ権力を(むさぼ)る宰相――自らの伯父を排除すること。そのために、国王になること。

「分かりました。帰国したら早速、重臣達に宣言します。『そなたらが仕えるべき王は、伯父ではなくこの私だ』と」

「ええ。ぜひ、そうなさって下さいませ」

 カルロスが即位を決意してくれたことで、リディアは安堵した。

「リディア様、我が国の厄介事(やっかいごと)にお心を砕いて下さり、感謝致します。これからも両国(りょうこく)(かん)で、友好な関係を(きず)いていきましょう」

「ええ、もちろんですわ。カルロス様、明日は港町を楽しんでいらして下さいね」

 四阿を後にするカルロスに、リディアは(おだ)やかに笑いかけた。

「――明日は、伯父上様もご一緒にいらっしゃるのですか?」

 ふと不安が頭の中を(かす)め、彼女はカルロスに訊ねた。

「いえ、伯父は迎賓館に残るそうです。『もう若くないから、旅に出るのは疲れる』と申しまして」

「そうですか……。では、おやすみなさいませ」


****


 ――カルロスを見送った後、リディアとデニスは四阿の長椅子に腰を下ろした。

 すると、カルロスがいる間は一切(いっさい)口を挟まなかったデニスが、二人っきりになった途端に不機嫌になる。

「おい、リディア。昼間からずっと、あの王子に見蕩れてたろ!」

「あら、バレてたの?」

 そりゃあ、あれだけ露骨(ろこつ)に見入っていたのだから、バレていて当然である。

「ゴメンなさいね。あの方の瞳があまりにもキレイで、あなたによく似ていたものだからつい……」

 浮気心なんて欠片(カケラ)もなかったのだと、リディアは釈明した。そんな彼女を、デニスは「まあいいか」と簡単に許してしまう。

「――なあ、リディア。もしもオレと出会ってなかったら、お前はあの王子との縁談を受け入れてたのかな?」

 リディアは首を横に振った。

「きっと、あなたに出会うのをずっと待っていたと思うわ。わたしは、あなたが運命の人だと信じているもの」

 デニスはドギマギしつつ、リディアを見つめる。

「だって、父親三人が身分を越えた友人同士で、その三人の子供達も幼なじみ同士で、しかもそのうちの二人が恋に落ちるなんて。もう運命だとしか思えないでしょう?」

「リディア……」

 確かに、「偶然」の一言で片付けてしまうには、偶然が重なりすぎている。もうここまでくると、神が(めぐ)り合わせたとしか言いようがないかもしれない。

「わたしはもう、あなたと離れられないの。あなたしか愛せない」

 ――そしてまた、二人はいつものように口づけを交わした。それは日ごとに甘く、濃厚になっていく気がする。

 抱擁の後、リディアは中庭の東側に建つ迎賓館二階の窓を見上げた。カルロスが滞在している部屋だ。

 灯りは消えている。もう休んでいるのだろうか?

 今日という日は、彼の生涯において忘れがたい日になるだろう。信頼していた伯父の本性(ほんしょう)を知った日。そして、その伯父を自らの手で追放するために、王になることを決意した日なのだから。

 ――それにしても。

「長い一日だったわ……」

 リディアはぐったりと疲れたように、恋人であるデニスの肩にもたれかかった――。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

リディア・エルヴァート 18歳


エルヴァート王朝レーセル帝国の第一皇女。父である皇帝・イヴァン・エルヴァートの一人娘であるため、皇位継承第一位の「皇太子」である。

5歳の頃に母親の皇后マリアンと、母の胎内にいた弟を亡くした悲しい過去を持つ。

エルヴァート一族(皇族)の証である蜂蜜色の長い髪と、美しい紺碧色の瞳が特徴。その美貌に似合わず剣の腕前は確かで、頭脳も明晰。次期皇帝としての器は十分で、国民からの信頼も厚い。

帝国兵であるデニス、ジョンの二人とは5歳の時からの幼なじみ。デニスはリディアの剣の師匠であり、彼女の想い人でもある。

デニス・ローレア 18歳


レーセル帝国の兵士で、リディアを護る近衛兵。父親で同じく帝国兵のガルシアはレーセル人だが、母親が隣国・スラバット王国の出身のため、混血(ハーフ)。

褐色の肌と赤の短髪、茶色の瞳が特徴で、リディアからは「異国風(エキゾチック)な風貌」と言われる。

長身でガッシリした体格で、剣の腕も一流。12歳の時にリディアから懇願され、彼女に剣術や体術を教えた。

ただ、「風流」とは程遠く、無作法である。リディアに恋心を抱いているが、幼なじみでもあるため彼女に敬意を払わずふてぶてしい態度を取っている。

ジョン・バイラル 18歳


レーセル帝国の兵士で、「帝国一の大剣使い」と名高い屈強な戦士。両親ともにレーセル人で、代々エルヴァート家に使える軍人の家柄の生まれ。ちなみに父ステファンも帝国兵で、イヴァン皇帝、デニスの父ガルシアとは友人同士である。

流れるような金髪(ブロンド)と切れ長のブルーの瞳、デニス以上に大柄な体格が特徴。その鍛え抜かれた筋力で、自分の身長以上の長さ・重量がある大剣を使いこなす。

デニスと同じくリディアの幼なじみで、彼もまた皇女に恋心を抱いているが、デニスとは違ってリディアにキチンと敬意を払い、一歩下がって彼女を見守っている。

城の皇女付きメイドに、ジョンの幼なじみのエマ・セランがいる。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み