6-1

文字数 3,577文字

 東の尾根に柔らかな日が掛かる春暁(しゅんぎょう)、月桂樹の葉が静やかに揺れた。白刃に散る朝の涼気は、ぶつかり混ざりあっては止む。一定の呼吸によって生み出されるそれらは、傍目(はため)に差異などない。けれどほんのわずか、当人にのみわかる力みがあった。無心にならねばという意識が邪念へ転ずる度、切り裂く気流の手応えとなって現れる。いくら刀を振るおうとも虚空を切るばかりだ。根源に差した一条の(かげ)りは澱みとなり、未だ払底(ふってい)できずにいた。
「朝っぱらからご苦労なことだ」
 門扉からの声に、思索は中断された。
 昨晩の戦闘後、山を下るとすっかり遅い時間になっていたため、花岡は飛騨家に泊まった。遠慮する彼を麓丸が泊まらせた。そして一夜明け、庭に出た花岡は修練に励んでいたのだった。
「……日課でね。君こそこんな早くにどこへ?」
「バイトだ。新聞配達のな」
 花岡は思わず訊き返した。
「昨日の今日で行ってきたのか?」
「やすやすと穴を開けるわけにはいかん。地区で担当があるから、急に休んだら大変なんだぞ」
 どっちがご苦労なのだろう。そう思うとふいに、驚くほど柄を握りしめていた自分に気付く。
「任務の話もしなきゃならんし、ついでに朝飯も食ってけ。梅之助の料理は絶品だぞ」
「昨日はそれどころじゃなかったからね。しかし君の弟は本当に大丈夫か。あんな目に遭ったばかりじゃないか」
「心配には及ばん。偉大なる兄の背を見て育ったからな」
 軽口に笑うことなく、花岡は刀を鞘に収めた。
 居間に着くと、やがて皿が運ばれてきた。当たり前のように座る唯良乃の他、今日は師匠も一緒だ。
「すみませんな奥さん、わしまで」
「いいんですよ。いつも麓丸がお世話になっています」
 曜子は笑っているが、麓丸は内心気が気でなかった。昨晩家に帰り、無事を確かめたまでは良かったものの、緊急事態が続いたせいで忘れていたことを思い出してしまった。母のあの爆弾発言である。いくら眠っていた時とはいえ、なかったことになるはずもない。
 こっそりと秘蔵の書棚を覗いてみたが、特に触られた形跡もなく、元通りの並びだった。ならばあれは、かまかけだったのか。だとすればまずい。自らブツの存在を認めたことになる。いや、仮にも高校生の息子を持つ身として、それくらいの予想はつくのではなかろうか。だったら気にすることもないのではないか。いや、するわタコ。するに決まってるわオタンコナス。
 己にツッコミを入れながらやきもきする麓丸をおかずに、唯良乃は箸を進める。花岡は二人を見て首をひねる。言う機会を逸していたが、関係性がよくわからない。婚約者の真偽はともかく、あれほどの術者が常につきまとうというのは、尋常でない気がした。
 食後に梅之助が林檎をむいてくれた。その健気な姿に、麓丸は気を取り直す。
「梅之助、昨日は待たせてしまったな」
「いいよそんなの。おれは元気だよ」
 あくまで明るく振る舞う弟に痛み入る。
「師匠も、危ないところをよく来てくださいました」
「うむ。『僥倖』に行きそびれたのは残念じゃが、いずれ機会も訪れよう」
 師は林檎をしゃくりとやりながら続けた。
「して麓丸よ、巻物はどうなった?」
「見てみましょう」
 皿をよけ、卓の真ん中に巻物を広げると、古めかしい墨字の文が記してあった。

 ニコウハニコウニシテ
 天ナラズ空ヨリ出ズル
  悔悟(かいご)(みち)ヲ渡ルナラ
 奈落ヲ行カバ良カリシヲ

「……暗号ですね」
「そうじゃな。何せ時価三億だったか、となれば容易にはいくまい」
「奈落を行けば良かったのに、とはよほど悔いのある選択をしたのだろうか」と花岡。
「その辺り、書いた本人の心情だけなのか、違う意味が含まれているかも微妙だな。あと天と空の差もよくわからん」
「ニコウとやらも何を指しておるか」
「ニコウ……ううむ」
 腕組みをして唸りはじめた男たちへ、おっとりとしたお声がかかった。お茶を飲んでいた曜子が「はい」と挙手したのだ。
「ニコウっていうのは、二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)のことじゃないかしら」
「二荒山神社、ですか。ああ確かに、最初の二文字はそうも読めますが」
「ううん、昔は本当に『ニコウ』って呼ばれていたの。それが『日光』の語源にもなっているのよ」
「そうなんですか! さすが神社の娘」
「待ってくれ」喜ぶ麓丸を、花岡が制止する。
「二荒の二字なら、この辺りには二つあるぞ。日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)だ。文字で判断するなら後者も捨て置けない」
「それは日光の方に決まって……るわけでもないか。他の部分がまだ読み解けてない以上、どちらも調べる必要があるな」
 すこし考え、麓丸は横を向いた。
「師匠」
「よかろう。二手に分かれるのだな」
「さすがです。では組み分けですが、まずうちの使用人たちは置いていきます。自宅にまで押し入る奴らの非道さは許しがたくも、こうなった以上、家を守る人員は厚くしておきたい。よって我々三人になりますが」
 そこまで言って、麓丸は疑念の眼差しを送った。敵じゃないと判明したのはいいとして、だったらあの宝物庫での一件は本気だったということになる。胴体を真っ二つにされる危機など、金輪際味わってなるものか。機械というだけであれほど不具合が生じるなら、任務に支障をきたす前に(ただ)しておく必要があった。
「おまえ、携帯電話は持ってるのか?」
 離れて行動する場合、通信手段は必携だ。まさか狼煙(のろし)で伝えるわけもなく、忍であれど持たぬ理由はない。
「失敬だな。それくらいはあるさ」
 その回答に麓丸は胸を撫で下ろしたが、花岡が取り出した物を見て、撫で上げずにはいられなかった。
 まず形状に違和感があった。新型か? と騙されかけたほどだ。やけに小型なのである。手元のスマートフォンと比べてみてもひと回り小さい。しかし液晶部分はさらに小さく、文字にして三行しか入らない。昔のテレビ番組か何かであろうか、ほんのかすかな記憶が呼び覚まされた。
「ムーバじゃねーか!」
 叫ぶ自分の方が現実味のない単語だった。
「携帯電話だろう?」
「いや、まあ、そうだが、おれも実物は初めて見た……」
「なんだ、きみも人のことは言えないじゃないか」
「やかましい。とにかくこれは旧型だから使えないんだ」
 真剣な顔で「なるほど。通りで繋がらないわけだ」と言う花岡に戦慄を覚えた。
「では、こっちなら代わりになるか?」
 今度のはすぐにおかしいとわかった。ボタンがやけに少ない上にタッチパネルがあるわけでもない。本体はさらに小さくなり、見るからにアナログだ。確かに電話もできるしメッセージも送れよう。ただ、そういうことじゃなかった。
「ポケベルじゃねーか!」
「これも駄目なのか? まったく現代社会はどうなってるんだ」
「おまえがどうなってる。なぜコギャル文化を継承した。九十年代の何がおまえをそうさせる」
 必死の形相で詰め寄ったが、花岡は怯まない。
「かくなる上は」
「待て。これ以上何を出す気だ。置き去りにして悪かった。現代社会を代表して謝る。おれの負けだ」
「そうか。きみもやはり僕と大差ないんだな」
「くそ、なんたる屈辱……」
 敗北を認めざるを得なかった。しかしこの場合の敗北とはなんだろうか。自分は間違っていない。なぜ勝ち誇られなければならないのか、麓丸は理解に苦しんだ。
「ん、茶番終わった?」
 朝のニュースを見ていた嵐蔵が言った。その言い草も致し方ない。
「おれとこいつが同じ組です。師匠を一人にするのは申し訳ないですが、戦力の偏りも避けられます」
「わしは構わんよ」
「ありがとうございます。では、おれたちが宇都宮二荒山神社に行き、師匠には」
「それはならん」
 師は厳かに断じた。
「日光へはおまえたちが行け」
「なぜですか。おそらく本命は日光です。敵に場所が割れていないとはいえ、またあの男が現れたら」
「仮に部外者であるわしが宝を見つけ、おまえたちに渡したところで、任務達成と言えるのか?」
「それは……」
「なに、案ずるな。あいつだけはわしが止めてやる。わしはとうに前線を退いた老骨だが、それは奴とて同じこと。次の世代の邪魔だけはさせんよ」
「師匠……」
 二手に分かれれば、すぐに助けは来ない。それに昨日はまともに動けなかった。斑鳩だっている。しのげるか、と自問自答しても答えはない。だが麓丸は腹をくくった。
「わかりました」
「うむ。よくぞ言った」
 三人は互いに頷きあった。
「ところで、あの男は何者なんです?」
「……名は真雁。宮の忍と争い続けた忍じゃよ。わしも戦場で刃を交えたこと数知れず。奴の雷遁は凄まじく、氷が砕かれた光景は今でも覚えておる。結局分かり合えないまま、互いに第一線を退いた。そのはずが、また顔を拝むことになろうとはな」
 遠い寂寥(せきりょう)を宿した瞳は、すぐに消えた。
「今ごろになってなぜ動きだしたかはわからんが、奴は強い。心してかかれ」
 師の警告に足る覚悟が必要だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み