文字数 1,250文字

 俺の人生は普通だった。

 一人の村人であり、農夫である。

灌漑や草狩り、虫や動物除け、他に栽培と荷物運びなど……ずっと農業に関わる仕事をこなしていた。

農業の仕事以外、あまりやったことがない。

 だから俺は、少し気になっている。

昔からちょっと憧れていた冒険者の仕事は、一体どんな感じだろう?

 どんな風に冒険するのだろう?

 危険に伴う仕事って、一体どんな価値があるのだろう?

 時々自分の村にいらっしゃった冒険者様は、村の人たちに何件の冒険譚を持ち込んだことがある。どれの話も壮観な話で、とっても、とっても面白い話だった。

 だが、よくよく話を聞いていくと、俺は思わず考えてしまう。

その面白い話の反面に、その冒険の裏話には、本当に表面の冒険譚みたいに素晴らしいだけの話だろうか。

本当は、人に聞かせるために、悪い話を除けようと思っていないのかと、考えてしまうんだ――

 「――だから、俺は冒険したかった。気になっているんだ。冒険は一体どんなことなのかをね……」と俺が言った。

 少し沈黙の時間が続いていく。

 パツ、パツ……と、たき火がぼうぼうと燃えている。

俺たち――俺と死霊術師のお嬢さん――は今、たき火の近くに座って、話し合っている……いいえ、もっと正確に言うと、喋っているのは俺だけだ。

彼女は、俺が冒険したい理由が聞きたかったから、説明していた。

 だが……

「……そうですか。」と死霊術師である彼女は何の表情もなく、淡々と相槌だけを打った。

元々黄昏近くの時間帯に話した長話を言い終えて、今となってはすっかり暗闇になった。

この間、彼女が返事してくれた言葉は少ないくらい短かった。

今回の返事は若干聞き慣れた「うん」と「そう」ではなく、今まで一番長かった言葉だが……やはり、まともな返事が欲しかった。

 「そうですかって……お嬢さん。自分で聞いておきながら、この返事は冷たくないですか?」俺は言いながら、自分の身体を見ている。

 骸骨になったこの身体は、不思議と生前の感覚とあまり変わらなかった。

筋肉が一切ないのに、軽くなった感じが全くない。

むしろ……鈍い。

そして、俺が考えている間、彼女は返事した。

 「そう……すみません。話すのが苦手で。」彼女はこう言っているが、淡々とした口調はあまり変わらない。むしろ、どこか上の空という感じだった。ぼんやりとしていて、まるで俺の話に興味がない様子。

俺は内心でため息をついて、顔を俯いた。

はぁ……なんで俺は死霊術師なんかに……俺は地面を見つめて、思う。

いや、たしか「未練」って言ったか……と俺がこう考えている時、ちょっと彼女の方が気になって見てみると、自分がすでに見られていることに気付いた。

彼女は何も言わず、ただその虚ろな目で俺を見詰めてくる。

その目で見られると……なぜか自分の考えがまるで見透かされたと感じた。

少し不安を感じた俺は、何が言おうとする時、彼女は先に発言欲を断ち切った。

「……夜番は頼みました。」と、彼女はそう伝えて、俺の返事も聞かず就寝しに行った。

 俺は、夜番を務めた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み