18

エピソード文字数 669文字

「黒紅連合の総長は、そうでなくちゃね」

 あたしは3人とゲーセンに向かった。学校をサボった罪悪感なんてない。ただ仲間と一緒にいたいだけ。

 口煩い姉や臆病な母。ガミガミ怒鳴るだけのセンコー。ウザい大人達から逃れ、早く自由になりたい。

「紗紅、信也とうまくいってんの?」

「まぁね」

「いいなぁ。信也さ、昔、龍刃連合にいたらしいよ。知ってた?」

「うん、信也から聞いた」

「相当派手に暴れてたみたい。周囲から赤鬼って呼ばれていたらしいよ。今から想像つかないくらい、かなりの暴君だったみたいだね」

 赤鬼?暴君?
 まるで、織田信長みたい。

「手がつけれなかった信也が、運命の女と出逢って変わったんだって。あっ……こんな話しヤボだったね」

 喜与は申し訳なさそうに、ペロッと舌を出した。

「それって、(さく)って人でしょう」

「なーんだ。紗紅知ってたの?」

「信也から聞いたの。喜与、よく知ってるね」

「あたしのカレ、龍刃連合だから。信也の武勇伝とか、元恋人の事件とか、色々聞いてるんだ。信也は人望あったしリーダーシップもあった。恋人が死んで族を引退したけど、その時、後輩は皆男泣きして引き留めたらしいよ。けど信也の決心は変わらなかった。
今は真面目に働いているんでしょう?」

「うん」

 あたしの知らない信也を、喜与の彼氏は知っている。荒れていた信也を鎮めたのは、『咲』という名の恋人。その恋人の死は、龍刃連合にとってもそれほどまでに衝撃的な事件だった。

 どう足掻いても、あたしは元恋人には勝てない。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み