D.R・K風味

エピソード文字数 535文字

 コリンが部屋のベットで饅頭を一口かじると急に別世界になった。カーニバル会場だった。とつぜん、しわくちゃの黒いスーツを着た太った男がわめいた。
「らっしゃい、らっしゃい! 運だめしはいかが! 豪華賞品があたるよ! わけないよ!」
「あのーすいません」
「なんだい? ぼうや」
「ここは、どこ?」
「カーニバル会場にきまってるじゃないか!」
「ぼくを元の世界にかえしてよ」
「そんなことより、ぼうや、このハンマーで鐘を叩いて高得点を出せば豪華賞品があたるよ! わけないよ!」
「ほんとう?」
「もちろんだとも」
「このハンマーで?」
「そうだよ、やってごらん!」
 コリンはずっしりと重いハンマーを受けとった。
 ハンマーを振りあげると、彼はよろめいた。
 しわくちゃの黒いスーツを着た太った男はげらげら笑った。
 コリンはハンマーを太った男の脳天に振りおろした。
 太った男は悲鳴をあげて倒れた。
 気がつくと、コリンはベットの上で横になっていた。
 なんだ、あれはただの夢だったのか。
 コリンは、ほっと胸をなでおろした。
「ごはんよぉ!」階下でママが大声を張りあげた。
「はーい」
 コリンは食卓の間に向かった。
 たっぷりと返り血を浴びながら……。
 


 

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み