2・初恋の人

文字数 1,171文字

「興味ありますの?」
 大林彩希(おおはやしさき)は、イラストコーナーで背景画像の資料を見ている和宏(かずひろ)の手元を見つめて。
 二人は大学からほど近い駅前の本屋にいた。

「いや」
 和宏は描けもしないくせに、背景集が好きであった。
 建物の写真集もつい買ってしまうほどに。
 それに引き換え、大林はイラストが得意。羨ましい限りだ。
 イラストは常々難しいものだと思ってる。描いたは良いが、配色に困ることも多い。

「それより、買うものは見つかったのか?」
と問うと、
「一緒に見つけてくださっても、よろしかったのに」
と、不満を漏らす彼女。
 和宏は肩を竦めると、
「それは、気が利かなくて」
と返す。
「そうですわね。気が利かないと、モテませんわよ?」
 
──── モテてどうするんだ。

 和宏は眉を寄せ困った顔をしつつ、手に持っていた本を棚に戻す。
 すでに十冊以上、購入したものが家にある。これ以上購入したところで、使う当てもない。
 不意に音に反応して和宏は天井のスピーカーを見上げた。
 隣に立っている大林が口元を抑え、クスリと笑う。

「うん?」
「好きな曲には、直ぐに反応するのが面白くて」
 和宏の聴覚は一般的だとは思う。大きな音は苦手だが。そんな風に自分が見えているのかと、自分自身を振り返る。
 しかし自分のことは意外と、自分ではわからないものだ。

 昔から色んな事に気づいて、さりげなく傍に居てくれる大林。
 和宏は彼女に仄かな想いを抱いていたが、それが恋かどうかわからなかったし、この想いが叶わないことも分かっていた。

──── 楽だから好きというのは、自分に都合がいいだけなんだ。

 彼女の願いを叶えたからと言って、望んでいることが分かるわけじゃない。
 彼女はいつでも自分を観察して、欲しいものを与えてくれるというのに。

 同じ年齢だと、女性の方が精神年齢が高いという。自分は、彼女にして貰うばかりで何もしてあげられていないと感じていた。
 人の心や想いを察するのは、努力だけではどうにもならない。性格や観察力、経験なども必要になって来るだろう。
 元より人づきあいの苦手な自分には、経験が足りなさすぎると感じている。その壁は、厚く高い。
 とても今の自分では乗り越えることなど、できはしまい。

「ごめんなさい。お待たせしてしまって」
 いつの間にかレジに向かった大林が、会計を済ませ戻って来る。
「荷物、持つよ」
「ありがとう。お任せしますわ」
 品の良い心地よい声。
 和宏は荷物を受け取ると、
「夕飯どうする?」
と彼女に問いかけた。

 大林は自分よりも背の高い和宏を見上げると、微笑んで。
「お奨めしたいお店がありますの。よろしくて?」
と小首をかしげる。
 どんなに望んでも、永遠に時間を止めることは出来ないんだと思いながら、
「ああ」
と短く返すと和宏は、先に歩き出す彼女の後を追うのだった。
 自分の勘違いに気づかないまま。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み