トリメタ編(1)

エピソード文字数 2,353文字

トリメタ……

「知ってるでしょ?」

ナギはまだ16歳。世の中のことはまだよくわからない。それでも、リンが言う通り、トリメタのことは知っていた。

トリメタ。
それは、昨年カラミティストームに襲われて大規模な被害を受けた国。被害はそれだけにとどまらず、国のエネルギーを作り出すコア・ステーションが竜巻にやられたために有害なコアインシストが発生し、汚染によって壊滅してしまった。それ以来、誰も、トリメタに行かなくなった。

リンはこれから、その国に行くという。ナギの知らない何かを知るために。

そう言えば、グラディを保護した人達は、まるでトリメタのコアインシスト汚染を想起させるような、白いガード服を着ていた。
ウルブスも、トリメタと同じく、コアインシストに汚染されてしまったのだろうか。グラディの変調は、そのせいだったのだろうか。

トリメタに、一体何があるというのだろう?

「日が暮れないうちに出発するわよ。乗って」

乗ってと言われて驚いた。いつの間にか、目の前にレトロな感じの黒い車が停まっている。運転席に座っているのは、ピンセルだ。
リンと行動を共にするピンセル。彼は喋らない。沈黙のドライバー。

「乗らないならいいわよ。紐で縛って引っ張ってってあげる。着いた頃にはボロボロね」

リンがまた悪魔のように笑って脅すので、ナギは慌てて飛び込んだ。

「ピン、行き先はトリメタ。南部に行って。北部にはすぐには入れないと思うから」

「……」

エンジンの音もなく、静かに揺れて車が走り出す。ナギは身を縮めて、不安に染まる瞳に窓の外の景色を映した。

不思議だった。森の中を車は進んで行く。だが森に車道などない。それでも車はスムーズに直進する。ナギが後ろを見ると、そこは車など通れない木々の林立だ。木が車を避けてる?

「ぶつからないわよ。空間の隙間を走ってるから」

リンがナギの疑問に答えた。でもそれでナギが納得できるはずがない。空間の隙間? ナギは不思議な車に乗り込んでしまったことを、今さらながら不安に思った。

ナギ達を乗せた車は、森を抜けて川の上や小さな町さえ抜けて行った。車は右にも左にも曲がらず、まっすぐ走って行く。車の前方に障害物はないが、通り過ぎた後にはやはり道などなかった。

リンは窓の外を見ている。一体この少女は何者なんだろう? まるでわからない。いや、わかっていることが何もない。

ナギの肩の上には、メルカートおじさんの形見になってしまったインコが、顔を自分の羽に埋めて眠っている。ナギは考えようとするのをやめた。本当は今すぐ泣き出したかった。魂さえ吐き出してしまうほど、泣きわめきたかった。


太陽は地平線に隠れてしまったらしく、空はすっかり夕暮れのカーテンに覆われている。見たことのない景色ばかり、窓の外を流れていく。
一番星が明るく見える頃、車はトリメタの入り口に着いた。


岩人形のような門番が、錠前をジャラジャラ言わせながら近づいて来る。

「旅のお方ですか? パスポートをお願いします」

「そんなものないわ」

「それでは、今から入国審査を行いますので、手続きをお願いします」

「めんどくさいわね。急いでるんだけど」

「すぐ終わります。だいたい三時間程度で」

「三時間がすぐ? バッカじゃないの!?」

「あ、あの、パスポート、あります!」

リンがさらに門番に罵声を浴びせそうなので、ナギは慌ててパスポートを門番に差し出した。ランスからもらったフリーパスポートだ。門番はすぐに温和な表情になり、

「ようこそ、旅人さん。どうぞお入りください」

門番の声に応えて大きな門が開いた。


入国してすぐに、ナギ達は門番に勧められたホテルに入った。二名と言ったリンに、ピンセルはどうするのかとナギは尋ねたが、ピンはいつも別行動よとリンはそっけなく答えた。

「二名様で、2000ペスになります」

リンが何か言おうとする前に、ナギが私が出しますと言って支払いを済ませた。

「この国をあちこち見てみたいの。ガイドさんをしてくれそうな人はいないかしら?」

リンが尋ねる。フロントマンは、はてと首を傾げたが、

「それでしたら、私の娘に案内させましょう」

ロビーのソファーに腰掛けて新聞を読んでいた紳士が、そう言って近づいて来た。

「私はこのホテルのオーナーをしております。ようこそ我が国へ。あのカラミティストーム以来、観光のお客様はすっかり減ってしまって、私どものような商売は虫の息になっていたところです。わざわざ訪ねてくださるなんて、本当にありがたいことです」

オーナーは満面ニコニコして握手を求めて来たが、リンは腕組みを解かない。ナギが仕方なくされるがままに握手をした。

「明朝、娘のメアリィをこのロビーで待たせておきましょう。今日はどうぞ、ごゆっくりお休みください」

オーナーは笑顔を絶やさずそう言って、ソファーに戻って行った。


部屋は掃除が行き届いていて、暖かい色調の風景画が飾られていた。靴を脱いで白いベッドに横たわると、足が痺れるように痛んだ。

頭の中を覗けば、そこには恐怖と不安しかない。生きていることさえ奇跡に思える。何が起こり、何が起ころうとしているのだろう。今はあのリンという少女に運命を預けるしかないのだろうか。


「よーこそ、よーこそ」

ナギの人差し指にちょこんととまったインコ。今はこのインコだけが、ナギを癒してくれる。

「お前に名前をつけてあげなきゃね」

「よーこそ、よーこそ」

インコは首を振って同じ言葉を繰り返す。

ナギは、やっと、少しだけ笑うことができた。


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ナギ ……本篇主人公。16歳。失踪した兄を探すため、冒険の旅に出る。

パセム……ナギの兄。ナギを守るためにゾンビと戦い、行方不明になる。

アビス……ナギの親友。元気よく、いつもナギを励ます。パセムを慕っている。

フロス……ナギの親友。明るく好奇心旺盛で、人なつこい。

ムジカ……ナギの親友。おっとりした少女だが、天才的ピアニストでもある。

グラディ……ナギの幼なじみで、連邦一の剣士。一子相伝の雷剣の使い手。

ランス……グラディの親友で、連邦一の槍使い。口下手でどもるところがある。

エジェット……グラディの祖父で剣の師匠。

リン……黒いゴスロリの黒魔法師少女。右頰にコウモリのタトゥがある。

ピンセル……リンと一緒におり、空間の隙間を走る車を操る。喋らない。

リョータ……メルカートおじさんの家で出会った七色インコ。

ノートン……真実を伝えるベリテートのジャーナリスト。

悪魔……???

ルナ……ハティナモンで出会った不思議な女の子。回復魔法が使える。

ティマ……連邦とは海を隔てたモルニ国出身の女の子。ネピオルネスのスコラに通う。真面目でしっかり者。

アミィ……ティマの親友で、同じくモルニ国出身。活発で明るい性格だが、スコラはさぼりがちになっている。

レン……リンの姉で、数少ない白魔法師。様々な回復系魔法を使う。誰よりも優しいが、変わり者な一面もある。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック