全て覚えています

エピソード文字数 1,586文字

「し、失礼します。」

 入室を許可された私は、学長室に足を踏み入れました。

 手で指し示されたソファーに、少し緊張しながら進みます。

 腰を降ろした私に、学長は 微かに口元を緩めました。

「在校中の お母様に、そっくりですね」

「え?! 母の事、覚えてらっしゃるんですか?」

「はい。」

 学長の手が、ティーサーバーを持ち上げます。

「どれだけ時が経とうが…」

 テーブルに並べられた2つのカップに、順に注がれる紅茶。

「─ 我が校の可愛い生徒達の顔は、全て覚えていますよ」

 軽く感動する私に、一方が差し出されます。

「どうぞ 召し上がれ」

「あ、ありがとうございます…」

 カップに伸ばそうとしていた、私の手が止まりました。

(お母さんが この高校の生徒だったのって…30年前の事だよね?)

 学長の年齢は、確か20代後半の筈。

 私の頭は混乱しました。

(もしかしてフェイク情報で、学長は50歳を超えてる? でも、そうは見えないし…)

 不自然な格好で動きを止めた私を、学長が訝しみます。

「…どうか しましたか?」

「な、何でもありません。。。」

----------

「代々我が校に、<いいふめみ>の二つ名を持つ生徒が存在する事は、ご存知ですね?」

 受験前や入学時の学校説明会で、散々聞かされた話に、私は頷きました。

「はい。」

「その名を名乗るべき生徒として、あなたが選ばれました」

「…は?」

 私の頭に、今の<いいふめみ>である、平成一の成績優秀者と噂の先輩の姿が浮かびます。

「あ、あの二つ名って…我が校一の優等生を 意味するんですよね?」

「3世代前の子は、我が校始まって以来の 劣等生でした」

「え?」

「<いいふめみ>自体は、特に意味を持っていません」

 手にしていた紅茶のカップを、学長はテーブルに戻しました。

「重要なのは…その二つ名を持つ生徒が、我が校に存在する事なのです」

 ゆっくりと、腰を浮かせる学長。

「まさか…断ったりは、しませんよね?」

 テーブルの反対側から、私に向かって身体を乗り出して来ました。

「もし<いいふめみ>を名乗る生徒が存在しなくなったが最後、我が校は消えて無くなるでしょう…」

 迫られた私は、背中と腕を、ソファーの背にピッタリと貼り付けた姿勢で固まります。

「ひ?!

「学校がなくなると…あなたも お母様も、悲しむ事になりませんか?」

「な、何で…私が……」

「先日行われた儀式で、選ばれたからです」

「ぎ、儀式!?

「お供えに特別な柿が必要なので、代々初秋に行われます」

 学長は1枚の紙を取り出しました。

「学校から要請された場合は、私は喜んで<いいふめみ>を名乗ります」

 読み上げられた文書に、私はギクリとします。

 それが、この学校に入学する際、全ての生徒が同意の署名をさせられた書類だったからです。

「この契約書に、サインしましたよね?」

「は、は…い」

「─ これには、こうも書いてあります。『もし断った場合には、速やかに退学します』 と」

 乗り出していた学長の身体が、ゆっくりとソファーに戻ります。

「ただ あなたは…学内で<いいふめみ>と呼ばれる事だけを、承知してくれれば良いのです」

「…」

「今後も あなたが、普通の学校生活を送れる事は、私が保証します」

「……」

「お母様は…卒業まで あなたが、<いいふめみ>奨学金がもらえる立場になった事に、お喜びでしたよ?」

 すっかり外堀を埋めてから、優しく学長は尋ねました。

「同意して頂けますね?」

「は…い…」

「ありがとうございます」

 うなだれる私に、学長が微笑みます。

「世は全て事もなし ですよ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み