006.拘束

エピソード文字数 303文字

イリカ

陸上部の女子部室で、女子部員が次々拘束????

タツキ

その話は本当かい?

フウカ

私が陸上部女子部室に行く。

タツキは、遠隔操作してる超能力者を探して!

イリカ

ふ、2人が超能力者って本当だったの?

フウカ

他言無用願うわ。

タツキ

校内ではすでに気配を消しているだろうし、、、って
超能力者の教師

お前には負けん。お前が昔のように力の解放をすれば別だが(笑)

タツキ

昔のオレなら自分の暴走する力に負けていただろうがな、、、守る人が出来た今、手加減だって出来んだよ。

フウカ

しゃーない。タツキの力を一時開放!!!!

《腕のリングが光る》

超能力者の教師

フウカでなければ、ま、楽勝かなぁ〜

フウカ

じゃ、男同士、ガチバトルをしてください。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色