あなたが一番愛しているのは私

そして、二人は。

エピソードの総文字数=1,712文字

で? 飛行機で往復? よくオカネあったわね!
まーな。
キャッシングとかもしたし。
(ないんじゃねーか、オカネ。まーな、じゃねーよ。)
(あー、もう。ムードないなー)
結局、ミチルが私の家にやって来たのはついさっき。
夜の11時半を過ぎた頃。

只今、私の家のバスルームで、二人は生まれたままの姿になっております。
(ラブラブなシチュエーションのはずなのに、台無し)
何が台無しって、バスルームに置かれたミチルの防水時計。
さっきからミチルは時計の針ばかりチラチラ気にしてる。
(ちょっと、ちょっと、他に見るものないんですか!)
ぶんむくれながらも、念入りにミチルの体を洗う私。
いやらしい所を撫でて来る手をピシャリピシャリと叩いて追い払いながら……。
痛っ! 痛いよ、ジュン!
おさわりは許さん! お清めが先じゃ!
(……まだ)
(まだね)
ミチルはタイムリミットが気になって、気が気ではないみたい。
私のエッチな場所ばかりにしつこく手を伸ばしてくる。
(ホントもー怒るよ?)
(だいたいね。なんなのよ、お告げって)
(ホント、アンタがセフレで良かったわ)
(もしこれが彼氏だったらと思うと……ゾッとする)
するよね?
(彼氏つくるときは慎重に……なんて、もし、このせいで私がずっと独身なんてことになったらどーしてくれるんだ)
(一生彼氏なしとか、どーしてくれるのか)
(セフレなんてやっとりますが、一応、彼氏欲しくないわけじゃないんだぞ!)
ねえ、ミチル……
なに? ジュン?
本気で信じてるの? 世界の終りが来るなんて……
もういいじゃねーか、お前はお前、俺は俺でさ。
(あっ、そう。そーいう言い方する?)
あれからLINEでさんざん私にギャンギャン言われたのでウンザリのようね。
(ふーん。いいでしょう、ミチルはミチル、私は私ね)
(そっちがそういう考えなら私も好きにさせてもらうわ)
ふう……洗うのはこれぐらいでいいか。
じゃあ、ジュン……
ほれほれ! 先に湯舟につかりなさいよ!
冷めちゃうでしょ!
……。
はい、場所開けて。
私も一緒に入るんだから!
……。
はいはい。いいよ、触っても。
(……って、密着するしかないんだけどね)
(ガードを解いてあげる……)
(背中をミチルに預けて甘えちゃえ)
……。
(……あ、胸)
(……いつもより、少し強め……きっとまだ、時間のこと気にしてるんだ。でも、ああっ……その強さが)
(すぐに声が出ちゃいそうになるのは、久しぶりだからだよね)
(ああ、まだお湯に入ったばかりなのに。もう、のぼせちゃいそう)
ね……ミチル。
……うん?
世界、終わらせてもいいかな?
ええっ……!?
(可笑しい。本気で信じてるんだな、この慌てっぷり)
あっ……
(やだ……強引にキスなんて……んっ)
ん……はあっ……ん、ん……
(さすがに、巧い。一回でもうトロトロに……されちゃう……)
(私のこと……中から溶かすようなキス)
んんっ……もっと。
(もっと、して欲しい)
(でも、もう一回、次、唇が重なったら、きっと、もう止められなくなっちゃう)
ダメ……。
(流されないぞ。ハッキリさせとかなきゃ……)
(感じまくっちゃっているけど!)
ねえ、ミチル……
私と世界、どっちが大事?
え、そりゃあ……
私、だなんて言わないでよね。今日会って来た99人の女の子たちと同じなんでしょ。
そ、そんなことないよ!
(うん、まあ、そう言うしかないわな。プレイボーイ様は心得ていらっしゃる)
(だが、この佳純ちゃんをなめんなよ!)
じゃあ、世界を終わらせてよ。
(私は100人目のセフレ。私がセフレじゃなくなったら……世界は滅ぶ)
……ダメ?
(答えて、プレイボーイさん。私と世界、どっちが大事?)
それ……どういう意味?
(言わせんなよ、恥ずかしい)
彼女にしてって言ってるのよ。
0時1分。
ミチルは世界を終わらせた。

100人は99人になったから。
ジュン……
これからは……佳純って、呼ぶのよ。
(或いは、世界より愛している女とね。うはは!)
そして、2人はひとつになった。
(99人は0にしてもらいましょうか)
第一部『あなたが一番愛しているのは私』 Fin
※テキスト版は以下のサイトで読めます。

無料で読める大人のケータイ官能小説
短編集『イマージュ』あなたが一番愛しているのは私

TOP