第十三章 『合』の能力とは

エピソード文字数 1,535文字

「『合』様のお力の一つには、亡くなられた奥様からの恨みの『念』を自分に取り込む形の、『怨念』の内包もあったようですが。……どうやら、このお二人、お互いに、『仙士』の方に、お相手を『呪詛』する力をいただいていたようですね。……同じ『仙士』様にかどうかはわかりませんが」
「……『仙士』は、街にはたくさんいるし、普通なら、同じ人だとは考えられないけどね」
 まだ呆然とつぶやいている彪の言葉に、暎蓮は、うなずきつつ、つづけた。
「ええ。……『術』がほどけにくかったのは、羅羅様の『呪詛』のものは、あらかじめ、『三十年間』という『時限式』の技を施されていたからかもしれませんが、『合』様のお持ちだった、ご自分の持つ『邪念』を隠すものと、奥様の遺体の『気配』を隠すほうのものは、この三十年間の間、数度にわたって、同じ効果のある『術』を、『仙士』様から施されていたからかもしれませんね」
 そう言っている間にも、羅羅と『合』の戦いはつづいていた。羅羅の長い髪が、『入らずの布陣』内を跋扈し、『合』が、持っていた短刀に『邪気』を集め、その髪を切り裂き、その刃で羅羅を襲う。
「『合』様は、『仙士』様からの力のおかげで、すでに、常の人間としての能力を越えた『妖物』に近くなっていますし、羅羅様は、魂だけとはいえ、これだけの『怨念』の持ち主。……これは。やはり、お互いの力でしばらく削り合っていただかないと、滅するのも浄化するのも、難しそうですね」
 そう言っていた暎蓮の足元に、『合』が口から吹いた流れ弾の『邪気』の塊が飛んでくる。彪は、あわててそれを、片手に『聖気』を集めて、防いだ。彼女の体を、下がらせる。
 その時、羅羅が、信じられないことをやろうとした。
『お前の妻の体を、呼び起こしてやる!』
 羅羅は叫ぶと、窓から部屋の外に飛び出し、土中に埋められた妻の遺体の場所に向かって行き、『合』を振り返って、にやりと笑った。
 彼女が、自らの『怨念』を、埋められた遺体に込めて、妻をよみがえらせようと、霊体である両手を地面にかざす。
 彪が、はっとした。叫ぶ。
「だめだ、羅羅さん!……離れて!」
 しかし、彪の叫びは遅かった。次の瞬間、羅羅の霊体は、いきなり、土の表面で『邪気』でできた網のようなものに捕えられた。……これも、なにかの『術』の力が働いているのだ。
「『合』、貴様……!……これも、『仙士』の『術』かい!」
「お前の魂を捕え、『地獄界』に落とすためさ」
 『合』はそう言って、高笑いした。
 羅羅が、土中に引きずり込まれつつ、髪を振り乱しながら、『合』をにらみつける。
「今度は、私の番だ。これから、お前の魂を妻の遺体に入れて、よみがえらせる。そして、この短刀でおまえを妻ごともう一度殺し、今度こそ、『地獄界』に落としてやる。……そこの『巫覡』たちも。事情を知られたからには、邪魔だ。ついでに殺す」
「そんなこったろうと、思ったよ!」
 彪が、眉間にしわを寄せて、毒づいた。
 暎蓮も、
「やはり、そのおつもりでしたか」
 と、言う。
 そう言っている間に、羅羅の霊体は『術』に絡み取られ、どんどん、遺体の埋まっている土中に引きずり込まれていく。
「まずい、魂なしで、遺体をよみがえらせれば、魔物になってよみがえる可能性が高いけれど、奥さんの遺体に羅羅さんの魂を入れてよみがえらせて、その体をあの短刀で刺したりしたら、それこそ『符』の力で、羅羅さんの魂は滅されてしまう!」
 彪が、立ちすくんだ。
「『合』さんは、それを狙っていたんだ!」
 『入らずの布陣』内で、地鳴りがし始めた。
「……遺体が、よみがえる……!」
 彪と暎蓮は、寄り添ったまま、土中を見つめた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック