再会

文字数 1,537文字

 ガーデンテラスにはよく手入れされた薔薇の花が、競い合うように咲き誇っている。
 深みのある真紅の色に、やさしさを帯びたピンク色。純真の象徴である白の他にも、庭園に色づく花々はどれも美しく、このなかから一輪だけを選ぶのはむずかしそうだ。 
 まだ早い春の風が彼女の青髪を(さら)っていく。彼は、その一瞬のときに息をすることも忘れていた。
 そう。彼が思い描いていた少女の姿はどこにも見えずに、そこにたたずんでいたのは成人した一人の女性だった。
 マイアの王女であり、彼にとっては幼なじみの姫君だ。白の王宮はそこそこに広くとも、彼女に許されたせかいはそう多くはない。この庭園は幼なじみのお気に入りの場所でもあった。だからこそ、見紛(みまご)うはずがないのだ。
 彼の思考はすこし過去をたどってゆく。幼かった少女は、記憶にあるよりもずっと背が伸びていた。小柄で華奢(きゃしゃ)なのは変わらずに、白のドレスを仕立てた職人は満足そうな笑みをしただろう。彼女は白がよく似合う。装飾品は形見の指環だけで、幼なじみには余計な飾りなども必要なければ、そういったものを彼女は好まなかった。
 ちいさい頃から知っている。いつも自分のうしろについてきては、一緒に遊んでいた愛らしい少女。そこにいるのはおなじ人のはずだ。それなのに――。
 彼は時を奪われていた。たしかに、魅せられていた。彼女に。
 一段と強くなった北風に彼女の青髪が舞った。あの高い空よりも、どこまでも深い海よりも、もっと純粋でやさしい色だった。髪色は彼とほとんどおなじなのに、彼女の持つ色はどうしてこうも美しいのだろう。
 そこでようやく彼女はこちらに気がついた。ふっくらとしたやわらかそうな唇が、微笑みを描く。
「ひさしぶりね、ブレイヴ」
 彼女の瞳に宿った感情がよりやさしくなった。
 とろりと、心を溶かすような微笑みは甘くもあり、清らかだった。深みを持つ青の色がこちらを見つめている。目が、逸らせなくなる。
「ねえ、どうしたの?」
 それほどに見ていたのだろうか。幼なじみはもう一度、彼を呼ぶ。声の音そのものは変わっていなくとも、しかし実に心地よい声色は、記憶に残っているよりもずいぶんと落ち着いていた。心臓の動きが速くなれば、それだけ身体が熱くなる。この高鳴りをなんと表現すればいいのか、彼にはわからない。
「レオナ……」
 どうにか言葉を発してみたものの、つぶやきは風の音に消えてしまった。彼女は口元に指を添える。一つひとつの所作(しょさ)もたおやかであり、くすくすと笑うその表情にも嫌みはまったく見えなかった。
「三年ぶりね」
 彼女は言う。
 三年という年月は少女を大人へと変えるのには充分だった。だからそこに、懐かしさとほんのすこしの寂しさが含まれていても、ふしぎではない。実際、彼女はそうした笑みをする。忘れていたわけではなかったけれど、それでも幼なじみを見つめるブレイヴの目は、過去を描いていた。
 それは、よく晴れた日のことだった。抜けるような青さには雲ひとつ見当たらずに、息を吸うそのたびに新鮮な空気に満たされる。どこまでもおだやかに、どこまでもやさしく、しずかな、そんな時間だった。
 これから国の命運を分けた軍事会議がはじまる。
 それはすべてのはじまりであり、それは二人の運命のはじまりでもあった。
 聖王国の姫君と王家に仕える聖騎士。
 平和な場所にいるべき者と、鉄と血と生と死が入り混じる場所に身を置く者と。しかし、動き出した大きな流れは、二人をおなじところへと導こうとする。
 望もうとも、抗おうとも。ただ、ひとつしかない道を歩みつづけるということを、このときの二人はまだ何も知らなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ブレイヴ・ロイ・アストレア


主人公。アストレアの公子。聖騎士。21歳。

レオナ・エル・マイア


ヒロイン。イレスダートの王女。ブレイヴの幼なじみ。19歳。

ディアス・ブラッド・ランツェス


ランツェスの公子。ブレイヴの幼なじみ。22歳。

アナクレオン・ギル・マイア


イレスダートの王。レオナの異母兄。29歳。


ジーク


アストレアの騎士。ブレイヴの側近。

ヘルムート


ムスタールの公爵。

ノエル


アストレアの弓騎士。

クライド


ユングナハルの剣士。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み