マイホーム

文字数 357文字

安アパートに住むその夫婦は

休日になると
新聞のチラシ広告に載った
新築の家をめぐるのだった

電車に揺られ
駅から案内図にそって
ゆっくり、ゆっくりと道を辿り
家の前につくと

ふたりよりそい
子ども部屋はあそこで
ぼくの書斎は……
あそこに大きなベッドを置いて
ああじゃない、こうじゃないと

楽しそうに日暮れまで
ふたりはそうやっていつも
一週間分の夢を語り合うのだった
二人の間を過ぎ去っていった
一週間分の

あせとなみだ、いかりやぐちを
もう一度抱きしめ
抱きしめては尽きること無い
ふたりの夢の中に
やさしくそれらを忘れゆくように
互いに許し合ってゆくように

そして住むことのないその場所を
ひとときの夢の空間を
暮れなずむ街を

もうすれちがうことのない
人々のざわめきの中を

またしずかに
とぼとぼと帰っていくのだった
いつものあの安アパートへ

わたしたちのマイホームへ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み