英雄ヴィレント

文字数 8,689文字

 体力を消耗しすぎない程度の速さで、私は地を駆ける。
 ネモから受けた訓練のおかげで、少々のことでは疲れない。
 しばらく進んだところで、案内の兵士が立ち止まった。
 つられて私達も、一斉に足を止める。

「あの場所です。あの丘の向こうに、奴らが潜伏していました」

 彼が指差すその先は、今は静かなものだった。

「既に移動している可能性もあります。私が様子を見てきます」

 私達は頷いて、その場に待機する。
 ここに兄がいるのだろうか?
 彼は姿勢を低くして、小走りで丘へと昇って行った。
 それは、危険な役目のはずだった。
 私はその背中を、じっと見守る。
 何かあればすぐに動き出せるように、そして浮遊石の盾もいつでも展開できるよう準備する。
 丘の頂上が近づくにつれて、相手に見つからぬよう彼はさらに姿勢を下げていく。
 まだ、丘の周りは静かだ。私達にも緊張が走った。
 彼がまさにてっぺんに差し掛かろうとした瞬間、

「!?」

 丘の向こうから飛び出した何かが、彼の脳天を叩き割った。
 遠目からでもわかるほどに血が噴き出し、彼は転がるようにして崩れ落ちた。
 数ヶ月前の私なら、悲鳴を上げていた光景だった。
 そして、血を流して倒れ伏した兵士の向こうから、敵部隊がぞろぞろと姿を現したのだ。
 あれは!
 人数は私達と同じくらい。100人に届かないような部隊だった。
 彼らは雄叫びを上げて、一気に丘を駆け下り始めた。
 その先頭を駆ける金髪の剣士。
 見つけた。
 数ヶ月ぶりに見る姿だったが、見間違うはずものない。
 それが兄、ヴィレント・クローティスの姿だった。

「敵襲だーっ! 全員、迎え撃てっ!」

 味方の声が響く。

「ネモ、援護をお願い」

 私も前に出た。

「任せろ!」

 ネモの声を背中に聞き届け、盾を広げて走る。
 駆けながら2本の赤い剣を呼び出し、展開した盾に赤い光を灯した。
 遂に、この時が来た。
 私の目指す相手はただ1人。
 駆け下りてくる兄が、私の存在に気付いた様子はない。
 遠目だというのもあるだろうが、兄の知っている私は、ひ弱で、臆病で、泣き虫で、何もできない、戦場に出て剣を振るえるような女ではないからだろう。
 だが、兄を恐れて何もできない私は、もういない。
 さっそく思い知らせてやろう。
 私は一直線に、兄の元へと走った。
 お互い、間合いに入る直前まで、一度も足を止めることはなかった。
 まっすぐぶつかり、全力で剣を振りかぶる。
 剣と剣がぶつかり合った。

「!!」

 兄は剣を頭上からまっすぐ振り下ろし、私はそれを剣を×の字にして両手で受け止めた。
 凄まじい剛剣。凄まじい打ち込み。
 腕が壊れてしまうかと思った。
 だが、なんとか耐え抜く。
 お互いのただならぬ技量を感じ取り、私達は一旦距離を取った。
 息を吐く。
 兄は鉄の剣を構え、鋭い目をして立っていた。
 かつて夢で見た姿と、まるで同じように。
 私はその目をまっすぐ見た。

「兄さん、久しぶり」

 そんな言葉が自然に飛び出したことに、私自身が驚いた。
 久しぶりなのは本当だ。
 兄と会うことが、そしてそれ以上に、言葉を交わすことが。
 声を聞いて、ようやく兄も相手が私だと気づいたようだった。

「チェント、なぜお前がここにいる? ここで何をしている?」

 私を見た兄の表情には、僅かに動揺が見て取れた。
 だが、鋭い眼光は崩さない。
 剣を下ろして構えを解くようなこともしない。
 剣を突きつけ昔と同じように、いや、昔以上の険しい表情で私を睨んでいた。

「見てわからないの? 私、魔王軍にいるの。兄さんの敵になったの」

 自分の顔が笑っているのがわかった。
 兄の驚いた顔を見るのは、初めてかもしれない。
 少し気分が晴れる。
 だが、この程度のことで、私の受けた苦痛が返せたわけがなかった。
 今度は私から仕掛ける。
 2本の赤い剣を左右交互に振るい、攻撃を仕掛けた。
 兄は一撃目の横斬りを剣で受け流し、次の突きを首すれすれでかわす。
 直後に電光石火の勢いで、カウンターの一撃が返ってきた。
 私では完全に反応できないそれを、赤い盾が防ぐ。兄に微かな動揺が見えた。
 完璧に捉えたと思った攻撃を予想外のものに防がれて、そこには隙が生じる。
 今だっ!
 私は踏み込んで、両手を一閃させる。
 しかし、兄はギリギリのタイミングで、後ろに跳んでそれをかわした。
 再び私達は、距離を取って睨みあった。
 既に周囲では、味方敵の部隊同士の交戦が始まっていた。
 だが、私達の間には、誰も踏み込むことはできない。
 兄が私に向かって口を開いた。

「お前が、俺を憎む理屈はわかる」

 兄からそんな言葉が飛び出し、私は少し驚いた。
 この期に及んで、この人は何を言っているのだろう?
 今更どう言い訳したところで、私の過去に味わった痛みは、苦しみは、消えないのだ。

「それでも向かってくるなら、容赦なく殺すぞ」

 私の目を睨みながら兄が続けたのは、そんな言葉だった。
 謝罪の言葉など、ありはしなかった。
 私も元から、そんな言葉は期待してはいなかったが。
 そもそも、兄はさっき"理屈はわかる"と言ったのだ。
 "気持ちはわかる"とは決して言っていない。
 私が味わった地獄など所詮、この人にはどうでもいいことなのだろう。
 いや、それでいい。
 だからこそ、私は何の罪悪感もなく、あなたに剣を向けられる。
 剣を構えなおす。
 次は2人同時に、私と兄は地を蹴った。刃と刃が再びぶつかり合う。
 何合も何合も、私達は剣をぶつけ合い、火花を散らした。
 兄の剣は何度か、赤い剣をすり抜けて私の体を捉えそうになったが、その度にネモの制御する赤い盾が、的確にそれを阻んだ。
 私の赤い剣も、何度か兄を捉えそうになるが、惜しいところで回避される。
 ……凄い!
 私は興奮していた。
 予想を遥かに上回る、兄の強さに。
 あの兵団長ローラントなど、問題にならない強さ。
 これだけ打ち込んでも、掠りもしない反応速度。
 魔の谷での戦いの時は、私は何十人もの相手を同時にしながら、殆ど反撃をもらわずに立ち回ることができた。
 だが、これは1対1の戦いなのに、あの時以上の恐ろしさがあった。3枚の盾がなかったら私はとっくに死んでいる。
 これがベスフルで"英雄ヴィレント"と呼ばれた、兄の強さなのだろう。
 互角の条件で戦っていれば、多分、私に勝ち目はない。
 だが、それでもいい。私の目的は、兄の強さを超えることなどではないからだ。
 そして、決してまったく届かない強さではない。剣を交えながら、私はそう感じていた。
 今は、ネモと2人でこの人を倒す。
 ただそれだけを考えて、ひたすら全力で剣を振るった。
 兄の何度目かの反撃。
 私の剣と剣の間を縫うようにして、強烈なカウンターの突きが私に襲い掛かった。

「ひっ!?」

 あまりの勢いとスピードに、思わず声が漏れる。それは正確に、私の首元を狙って繰り出されていた。
 本来は防げるはずのないタイミング。しかし、赤い盾はそれにさえも瞬時に反応し、真っ向から突きを受け止める。
 恐怖に体が一瞬凍り付く、それほど恐ろしい突きだった。
 ふう……
 命拾いした。胸を撫でおろす。だが──

「避けろ、チェント!!」

 ネモの上げた声に反応し、反射的に体をそらす。
 次の瞬間、兄の右手で繰り出された剣は盾を真っ二つに割り、私の元いた場所に突き出されていた。
 私の魔力で鉄のような堅さまで強化されたはずの盾をバラバラに。
 割られた盾は地面を転がり、光を失ってただの木の盾に戻った。

「まず1つ目」

 あくまで落ち着いた声で、兄が呟く。
 私は後ろに大きく跳び、仕切りなおすために距離を取った。
 盾を見ると、中央の浮遊石が粉々に砕かれている。
 私は悟った。
 本来は攻撃を受け流して相手の力を反らすはずのこの盾の守りを、兄は盾の中心を的確に何度も突くことで、受け流しを封じて盾そのものを破壊まで導いたのだ。
 しかも、その間の私の攻撃を全てかわしながら。
 その技量には感服するしかない。
 これが、英雄ヴィレントの実力。

「チェント! 大丈夫か!?」

 心配そうなネモの声が響いた。
 こんな形で盾が破られることなど、彼にとっても予想外だったのだろう。
 その声には焦りが見える。

「大丈夫、まだ負けてないよ」

 兄からは視線を外さないまま、私は答えた。落ち着いた声で。
 私が焦れば、彼がいつも落ち着かせてくれる。彼が焦った時は、私が落ち着かなければ。
 私達は2人で戦っているのだから。

「まだ盾は2つ残ってる。だから大丈夫」

 強がりを言っているつもりはない。
 私も兄も、僅かではあるが軽く息が上がっていた。
 お互いまだまだ戦える。だが、兄も決して消耗していないわけではないのだ。
 きっと勝算はある。剣を構えなおす。
 兄に休む暇を与えてはいけない。
 もう一度前に跳び、私は大きく踏み込んだ。兄も剣を構えなおす。
 再度、接近戦が始まる。
 今、狙うべき場所は1つ。
 私は前に出ながら、左手の赤い剣を振り上げる。
 そして兄の胸元を狙って、思い切り振り下ろした。
 だが兄はこちらの予想通り、自身の剣であっさりそれを受け止める。これは想定内。
 今だっ!
 私は右手の赤い剣を、左手の剣に十字に合わせるように叩きつけた。
 激しい火花が散る。歯を食いしばって私の全力を込めた。
 それが持ちこたえたのは、そう長い時間ではなかった。

「!?」

 派手な異音を立てて、遂に兄の剣が折れる。
 私の2本の剣は、兄の剣の守りを突き抜け、その体に襲い掛かった。
 だが兄はそれを本当に、本当にギリギリのところで体を反らして避け、後ろに下がった。
 あのタイミングでまた逃した。どこまでも驚異的な反応。
 しかし、形勢は完全に逆転した。
 兄の剣の切っ先は、ちょうど刃の長さ半分程度のところで、砕け飛んでいた。
 やった!
 狙い通り。あれだけ何度も、私の赤い剣と刃をぶつけあっていたのだ。以前から槍の柄程度なら、一振りで斬り飛ばしてきた私の魔力剣と。
 むしろ兄の剣は、ここまでよく持ちこたえたと言うべきなのだろう。それなりの業物だったのかもしれない。
 大きく息を吐く。思わず笑みがこぼれた。
 勝てる! 私、兄さんに勝てる!
 長い間、私を苦しめてきたこの人に、遂に一矢報いるのだ。
 一方、兄は大きく焦りを見せることなく、構えたまま折れた切っ先を見つめていた。
 武器を壊されても落ち着いている。一瞬、退却するかもと考えたが、今のところそういう様子はなかった。
 どのみち退却を許すわけにはいかない。
 こちらは貴重な盾を一枚失ってしまったし、武器を整え直されて再戦ともなれば、次の結果はわからないからだ。
 私はじりじりと、ゆっくり間合いを詰めていった。
 油断はしない。隙を見せたら、一撃で決める。
 兄は先程から同じ姿勢で、折れた剣を構えたままピクリとも動かない。
 味方もまだ戦っている。まだ、どちらが優勢ともいえない状況に見えた。
 ここで兄を討てれば、士気は一気に傾くはずだった。
 あと数歩踏み込めば、剣が届く。その間合いまで近づいた瞬間、私は仕掛けた。
 目一杯姿勢を低くして迫る。

「はっ!」

 そして2本の剣で、今まで以上の激しい攻勢に出た。
 相手のリーチは半減している。間合いの外からの攻撃なら、そう簡単に反撃を許さない。
 兄は必死に、赤い刃をかわしていた。
 防御に剣を使っていない。これ以上下手に受けて、剣が全く使い物にならなくなるのを避けているのかもしれない。
 ならば猶更、私は大胆に攻められる。
 兄はどんどん後ろに下がる。私は前に出る。それはもはや、一方的な展開に思えた。
 兄は皮鎧しか身に着けていない。私の剣がまともに直撃すれば、一度で勝負がつくはずだった。
 そして次の私の攻撃をかわした拍子に、兄が僅かによろけた。隙が生まれる。見逃さずに、思い切り踏み込む。
 剣を横に一閃。だが、その一撃もまだ避ける。
 なんというしぶとさ。しかし、後ろに上半身だけを大きく反らして避けたその動作で、遂に兄は体勢を崩し、膝をついた。
 次の一撃は避けられない。外さない。
 私は剣を振り上げながら、全力で間合いを詰める。
 その瞬間は、まるで時が止まっているかのように見えた。
 今、剣を振り下ろせば、全てが終わる。私の苦しみが。長年続いた地獄に終止符が打たれる。
 躊躇う理由はない。ここでやる。ここで……兄を殺す。
 さようなら、兄さん。
 私は右手の剣を……振り下ろした!
 その刃は兄の胸元をえぐり、飛び散る鮮血と共に兄の生涯に終わりを告げる。
 ……そのはずだった。
 赤い刃が兄に突き刺さる直前、兄の眼光が今までを遥かに凌ぐ鋭さを放つのを、私は見た。
 ひっ……!?
 気付くと、赤い刃は空を斬っていた。
 次の瞬間、私の眼前に迫っていたのは兄の剣の先端だった。
 もうそのスピードは、私の目で捉えられる速度を超えていた。
 あの体勢から、どうやって一瞬で立て直したのかはわからない。
 右で逆手に持ち替えられた兄の剣は、私の目玉に突き刺さろうとしていた。
 避けられない。
 だが、突き刺さるまさに直前で、赤い盾が進路を阻む。
 その突きを防いだ盾は、やはり今度もそれを受け流すことはできなかった。
 兄はこの無理な体勢から繰り出した反撃でも、盾の中心を的確に突き、受け流すことを許さない。
 盾自体は砕かれることは辛うじて耐え、しかし、その一撃は押し込まれた盾ごと私の頬を直撃した。

「!?」

 なんとか、刃は盾を貫通していない。だが、私は顔面をハンマーで殴られたように、大きく吹き飛ばされた。
 両手の剣が消滅し、私の体は地面を転がる。
 景色が回る。

「うう……っ」

 早く立ち上がらなければいけない。兄が来る。殺されてしまう。
 必死に体を起こそうとする。
 しかし、頭がくらくらして焦点が定まらなかった。
 揺れる視界の中、兄がこちらに寄ってくるのがわかった。
 まずい。このままでは。
 わかっていても、これはすぐには立て直せない。
 突き出される兄の剣。絶対に避けられない。
 死にたくない。死ぬ覚悟など、できていない。
 だって私は、ネモと……この先を。
 次にぼやけたままの視界に入ったのは、こちらに剣を突き出した兄と、その間に割って入った背中だった。
 ぼうっと、その背中を見上げる。
 そこにいたのは当然、

「ネモ!?」

 私は裏返った声で悲鳴を上げた。最悪の事態を目の当たりにして。
 しかし、

「チェント、すぐに撤退するぞ!」

 直後に、はっきりとした声で言葉が返ってきた。
 兄の剣は、ネモを貫いてはいなかった。
 彼は左手に構えた盾で、辛うじて攻撃を受け止めていたのだ。
 胸を撫で下ろす。心臓に悪い。
 少し視界がハッキリしてきた。悠長にはしていられない。
 兄は、突然割って入ってきたネモにも、容赦なく攻撃を浴びせていた。

「ぐっ……くそっ!」

 激しく繰り出され続ける突きの連撃。ネモはどうにか急所は避けているが、盾の隙間を狙った攻撃が腕や肩のあちこちに掠り、小さく呻き声が漏れていた。
 これでは、ネモが撤退できない。私は頭を振って、どうにか視界をはっきりさせた。
 その時、兄に向かって突進してくる2つの影があった。
 味方の兵士だった。こちらの様子を見かねて、援護に来てくれたのだ。

『うおおおおーっ!』

 だが、雄叫びを上げて斬りかかってくる2人を、兄はそれぞれ剣の一振りずつで、あっさりと沈黙させる。
 剣のリーチの差など、まったく問題にならない。流れるような動作で敵の攻撃を掻い潜り、喉元を一振りで斬り裂く。
 2人は喉から血を噴き出して倒れ、動かなくなった。
 あっという間に、元の姿勢に向き直る。まるで消耗を感じさせない動き。唖然とするしかなかった。
 ネモは、隙を突く暇すら与えてもらえない。
 私はなんとか気持ちを奮い立たせ、立ち上がった。
 周囲を見渡すと、残った2枚の盾は地面に転がっていた。
 片方はさっきの一撃で浮遊石が粉々に砕かれ、使い物にならなくなっていた。残りは1枚だが、ネモが応戦している状態では制御ができない。
 兄の剣が、ネモの膝を浅く斬り裂く。ネモは苦悶の声を上げ、僅かによろけた。
 まずい!
 もう迷ってなどいられない。私は消えていた魔力剣を再び両手に灯し、前に出た。
 私が振るった攻撃はあっさりと空を斬るが、兄を一歩下がらせ、ネモから少し引き離すことはできた。

「チェント、何をしている!? 逃げるんだ。こいつは本当にまずい!」

 ネモの叫び。わかっている。
 以前の戦いなど比べ物にならない。この状況は、一歩間違えば2人とも命を落とす。
 でも、ネモを見捨てる選択肢は私には当然ない。私は踏み込んで、2連撃を繰り出した。
 何の動揺もなく、それらを避けられる。反撃の振り下ろしが左肩を掠った。恐ろしく速い。
 盾の使えない状態で、こんな反撃をまともに受ければ即死だ。冷汗が頬を伝う。
 さらに続く、兄の連続突き。
 必死に避ける。こちらの剣で受けようとしても、その隙間を易々と突き抜けてくる。
 遂に右手首を斬り裂かれる。痛みに耐えかねて、握っていた魔力剣を維持できなくなる。

「……っ!?」

 もし兄の剣に本来の長さがあれば、腕を切り落とされていただろう。
 出血だけで、右腕は付いている。だが、これはまずい。

「チェントっ!!」

 ネモが見かねて、援護に走った。
 構えていた盾を後ろに引いて、兄を牽制すべく右手の剣を突き出す。
 兄の背中を狙った一撃。完全にその視界には入っていないはずの攻撃だった。だが……

「ネモ、駄目っ!!」

 私が叫んだ時には、既に兄は振り向きざまに剣を一閃させていた。
 私は見ていた。見てしまった。
 兄の剣が、彼の心臓を抉るのを。
 それは決して、掠り傷などではない。
 背中まで達しそうなほどの深い傷が、胸元に刻まれていた。
 私は、裏返った声で彼の名を叫んだ。
 おびただしい量の血液が噴き出す。
 戦いの最中であることも忘れ、走り寄って彼を抱きとめた。
 溢れ出てくる血が、私の胸元をも汚した。それは止まることなく、次々と噴き出してくる。

「逃げ……ろ、チェ……ント……」

 虚ろな目で、ネモが必死に言葉を絞り出していた。
 嫌だ。
 言葉を続けようとして、彼は血を吐いた。
 嫌だ。

「す……まない、俺…は……」

 ずしりと彼の体が重くなった。彼は膝を折り、私の腕から滑り落ちる。

「ネモ! ネモっ!!」

 必死に呼びかける。
 彼の瞳は、開いたまま虚空を見つめていた。
 私は呼びかけ続けた。

「ネモ……逃げないと。一緒に……早く逃げないと、ねえ……」

 ネモは返事をしてくれない。
 嫌だ。
 返事をして、ネモ……お願い。
 放心状態の私は、後ろから胸ぐらを掴まれていた。
 首筋に、折れた剣を押し当てられる。

「おい!」

 兄が私を冷たい眼で睨んでいた。
 私のことなど何も気にかけていない、そういう眼だった。
 今の私に、逆らう気力など残っていない。

「2度と俺の前に姿を見せるな。わかったな」

 それだけ言うと、兄は私を放置したまま進軍して行った。
 周囲は、私達が劣勢になったあたりで部隊の士気が乱れ始めたようで、こちらの部隊は半壊状態だった。
 なおも敵の進軍を阻止しようとした勇敢な兵士は、兄にあっさり斬られた。
 敵部隊が去ると、後には殺されなかった僅かな味方兵士が残った。

「ネモ……帰ろう」

 抱き寄せて呼びかけても、彼からの返事は返ってこない。
 どうして?
 なぜ、兄は私を殺さないのか。ネモを、私の一番大切なものを奪っておいて。
 ネモがいなくなるなら、私はあそこで一緒に死んでも構わなかったのに。
 なんで? どうして?
 私を苦しめるだけ苦しめて、でも決して殺しはしない。
 兄は昔と何も変わっていない。
 私にとって兄は、付きまとう呪いのようなものなのか。
 そしてその呪いに、ネモは巻き込まれた。
 私が……私のせいで……。

「ネモ、帰ろう。私が支えてあげるから……」

 彼からの返事はない。
 だが、彼をこんなところに置き去りにはできない。
 肩を支えて引き起こそうとする。だが、上手く力が入らない。
 よろよろと立ち上がると、見かねた味方兵士が、手を貸してくれた。
 彼らの手を借りて、どうにか私は歩き出した。



 そこから、どうやって砦まで戻ったのか、あまりよく覚えていない。
 砦の訓練室、今は遺体安置所となっていたその場所に、ネモが横たわっている。
 大勢の兵士が寝かされ、ネモはその中の1つに過ぎない。
 まるで現実感がなかった。
 今回の私達の出陣は、自分から言い出したことを思い出す。
 兄との戦いも、私が承諾した。ネモは反対していた。
 私のせいなの……?
 私のせいでネモが……?

「……ごめんなさい。ごめんなさい、ネモ」

 私は寝ている彼に縋って、泣きながら何度も謝った。
 彼は答えてくれない。
 ネモは、眠っているように静かだった。
 何も言ってはくれなかった。
 私のミスだ。私の責任だ。
 だから、どれだけ攻められたって、怒られたって構わない。
 どんな罰だって受ける。
 だから……

「嫌だよぉ……1人にしないでよ! ……ネモ、お願い……」

 どれだけ泣きじゃくっても、ネモが何かを答えることはなかった。
 その夜、私はずっと泣き叫んでいた。
 もし時が戻せるなら、この時ほどそう思ったことはない。
 彼はもう帰ってこないのだ。
 この日、私はまた居場所を失った。
 ネモと出会って、僅か数ヶ月のことだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み