靖国神社

文字数 1,954文字

「ねえ新ちゃん、どうしても一人で行くの?」
 秀美は頬を膨らませて新一を睨めつけた。
「ごめんね。だって秀美ちゃん仕事でしょ? 僕はほらニートだから」
 そうは言ったものの新一は一人で靖国神社に行くつもりだった。相良君に報告したい事は山ほどある。自己満足だとは分かっているが、けじめである。
「そうだ、秀美ちゃん。次のお休みの日、お母さんに会える?」
「えっ? なんで?」
「あっそうか……俺、あの日、秀美ちゃんから聞いてるんだよ。矢野川さんの事。矢野川さんに会いたいから、お母さんを一緒に説得してくれって秀美ちゃんに頼まれてるよ」
「あっ。そう言えば、あの時そんな事言ってたね。不思議……という事は、わたしの知らないわたしを知っているって事? 新ちゃん、わたしなんか変な事言ってなかった?」
「さあ?」
 新一はとぼけて見せた。
「もう。新ちゃんったら!」
 松子さん宅にお邪魔した後から二人の仲は急速に進展した。と言ってもまだプラトニックである。別に急ぐ必要はない。新一は23歳にして初めて本気の恋をした。ゆっくりでいい。事を急ぐと、ろくな事はない。秀美ちゃんに対する想いは大切にしたい。

 鳥居をくぐり拝殿で参拝した。
 靖国神社に来たのは初めてである。無宗教である新一は一応ネットで参拝方式を調べて来た。こうゆうものは、かたちが重要だ。
 参拝客はまばらだったが、後が詰まると申し訳ないので、新一は手短に参拝を済ませた。
 政府要人の靖国神社参拝については、外国との軋轢をはじめ色々な問題がある。戦争犯罪人を正当化するのか。云々……だが、少なくとも新一にそんな思いは微塵もない。
 当時の兵士達も洗脳されていた。と言われてしまえばそれまでかもしれない。だがあの時代、兵士達は国、家族、恋人の為に戦い、そして散っていった。そう思うと手を合わせずにはいられない。
 境内なら何処でもいいだろう。新一は拝殿の近くで懐中時計を見つめながら、相良少尉にこれまでのあらましを報告し、感謝を伝えた。
 相良君。76年前の今日、君は海に消えた。僕はもうすぐ君との事を忘れてしまうだろう。でも、この時計に刻まれた【志】の文字は消えない。時代も生き方も違うけど、僕もこの、志を引き継がせてもらうよ。
 そして、そこからもう一度拝殿に向かって一礼した。
 新一は溢れてきた涙を拭き、懐中時計をハイビスカス柄のタオルに包んでリュックにしまった。このタオルは秀美ちゃんに貰ったものだ。時計同様、新一の宝物である。
 視線を感じ、ふと前を見ると、新一の目の前に身なりの良い年配の男性が立っていた。
「失礼ですが柳原新一さんですか?」
「えっ? あ、はい」
 反射的に返事はしたものの、新一はその男性に見覚えは無かった。白髪で、歳は70歳くらいだろうか。
「ああ、やはり。やはりそうでしたか」
 その男性は感無量といった感じで新一の手をとり、一方的に握手をした。
「あの、どなたでしょうか?」
 唐突すぎて訳が分からない。
「申し遅れました。上田修と申します。私の父は上田隆明。太平洋戦争中は海軍に所属し、回天部隊の隊員でした」
「上田? あの上田少尉の?」
 上田少尉。あの上田少尉の子供なのか?
「はい。やはりご存じでしたか。当時父は相良秀則という大学の同期生と親しくしていたようで、相良氏から貴方宛ての手紙を預かっていました」
「えっ、手紙?」
 手紙? 相良君が僕に手紙を? マジか。嬉しい。メチャメチャ嬉しい。でも、どうやって……そもそも上田少尉には何も話す事が出来なかったのに。
「はい。お話すると長くなります」
 上田さんの口調は穏やかだったが、今にも泣きだしそうなほど高揚している様が見て取れる。だが、泣きだしたいほど嬉しいのは新一だった。
「構いません。お話頂けますか? でもその前に、どうして僕が柳原新一だとわかったのですか? 初対面だと思いますが」
 自宅ならまだしも、ここは東京だ。
「ここでお会いしたのは偶然です。本当は明日お宅にお伺いするつもりでした。今日は上京のついでに参拝していこうと思ったのです。父も一時ですが軍人でしたし、相良少尉の命日ですから。そしたら貴方を見かけたのです」
「僕を知っていたのですか?」
「いえ。でもこの猛暑の中、その若さで懐中時計を手にして靖国神社で参拝……もしやと思い声を掛けさせて頂きました」
 修は額に噴き出した汗をぬぐいながら説明した。
「そうでしたか。上田さん、ここじゃ暑いし、もしお時間ありましたら、どこか涼しいところでお話しませんか?」
 確か九段下の駅近くに喫茶店があった気がする。一刻も早く詳細を聞いて手紙を読みたかったが、こんなところで長々と立ち話をしていたら、上田さんが熱中症になってしまうかもしれない。
 修は喜んで新一の提案に賛同した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み