「冬の夕暮れに」梁根衣澄

エピソード文字数 660文字

「おやおや、もう雪が積もっているのに」

 ある冬の日の夕暮れ時に、大きな袋を背負った男は道端で泣く少女と出会った。

「お嬢さん、こんな所にお一人で……一体どうしたんですか?」

「わからない。弟とはぐれてしまって、気がついたらここにいたの」

「なるほど……それは大変だ。寒くはないかい?」

「平気よ。わたし、雪ん子……雪女の子どもだから」

「へぇ、そうなんです――えぇ!?」

 少女の発言に驚いて、男は素っ頓狂な声を上げた。

「この森の奥にわたしたちの家があるんだけど、お外で遊んでいるうちに、知らないところまで来ちゃったみたいで……お、弟が……いなくなっ……」

「あぁ、泣かないでください、お嬢さん。ボクが一緒に探してあげるから」

 男は、ポケットの中からチョコレートを二つ取り出し、少女の手に握らせた。

「一つは君の分、もう一つは弟くんの分。見つかったら食べるといいよ」

 少女はチョコレートを受け取ると、パアっと笑顔になり、男を見上げて「ありがとう!」と言った。その少女の頭を、男は優しく撫でる。

「わぁ、雪女は頭も冷たいんですね」

「え、おじさん、わたしに触っても凍らないの?」

「おじ……。えぇ、『おにいさん』も、少し特別ですからね」

 少女は、興味津々で男を見つめた。長い前髪でどんな顔をしているかは分からない。でもきっと、とても優しい顔をしているのだろう……そう思った。

「さぁ、雪が降り始める前に、弟くんを探しに行きましょう」

「うん!」

 男は、少女の冷たい手を引いて、森の奥へと消えていった。

 袋の中身が蠢いたことを、少女は知らないまま――

CHIHIRO_F

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色