4 ❀ 数秘術

エピソード文字数 734文字

ジョンは「幼い頃、ストーカーに悩まされていた」と咲良に語った。

幼いながらに、自分の身を守るすべを模索していて…。


数秘術を使い、そのストーカーの行動を予測しようとしたり…

数秘術って?

アルファベットをふりあて単語を数値化し意味を解釈するものです。


十六世紀には、不安定な世界情勢から未来を予測しようと、占星術師数学者たちの多くが数秘術を用いたそうです。

占星術師や、数学者が…。へぇ、知らなかったわ

僕だって魔法使いのはしくれだと、やってみましたが外れました。


未来は…たまに夢で見たり、ふとした時に分かることはありますけど、本当に知りたいことは視えない。

未来が分かっていたら、ジョンがつらい思いをせずにすんだのに・・・・・・

咲良さんは優しいですね。

暗い話で咲良さんのお耳をよごしてしまい、すみません

ううん、気にすることないよ。


ジョンほど怖い思いはしていないけど。

私は男の子にトラウマがあったの

そう…なのですか?
まぁ…イジメられっ子だったのだ、うん
男性が女性をいじめるなんて…

だから「お父さんたちのように強くなれば、自分の身を守れる」と思った。それで剣道に励んだの

僕も同じです。自分の身を守るためでした
私たち、似た者同士だね
咲良はじっとジョンを見つめる。

男の子は苦手だったけれど、ジョンは優しくてほっとするわ。


話を聞いてくれてありがとう

ジョンはミルクのカップを持つ指をそわそわさせた。

(今日の咲良さんは、より綺麗に見える。凛として、なんて美しいんだろう)

ジョンの鼓動が早まる。


胸を締め付けるような感情もこみ上げた。

(なぜか懐かしい…。彼女と初めて出会った気がしないのは、どうして?)
彼が彼である前から、共に語らう日を待ち望んでいたのは、この人ではないだろうか。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

帯刀 咲良  (たてわき・さら)


 高校2年生、剣術道場の娘。

ジョン・リンデン


イギリス人

インターポールの捜査官。

天羽 理々(あもう・りり)


高校2年生、咲良の親友

合気道部

ラルフ・ローゼンクランツ


ドイツ人

インターポールの捜査官。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色