第1話

エピソード文字数 2,757文字

「アルファ!」
「ん?どうしたの?シルキス」
「んー、ただ呼んだだけ、えへへへ」
村が一望できる丘。
白い花の絨毯に二人の男女が並んで座る。
空は一面の青。
風が吹くたびに、シルキスと呼ばれた少女の、銀色の髪が流れる。
それを見て、中性的な少年アルファは、髪と同じ黒色の瞳を細めた。
アルファとシルキスは、ここ、リユート村で生まれ育った、幼馴染という関係だ。
王国内の端にある、エゴレスト山とカキクケ湖に囲まれた、辺鄙な村。
だが、自然の恵み豊な、平和でのどかな村だ。
この世界は、魔物で溢れている。
にもかかわらず、それらからの被害がなく豊かなのは、リユート村に女神の祝福があるからだと言われている。
豊穣神サナエル。
命と豊穣を司る神。
村の人々は敬虔に、この女神を崇めていた。
アルファは他の村人よりこの女神を敬っている。
毎日、時間さえあれば祈るほどである。
それも、病気で死んだ両親が、あの世で安寧で幸せである様にと願うからだ。
「アルファ、いよいよ明日だね」
「うん、どうしよう、緊張してきた」
「私もよ、一体どんな命職になるのかしら」
シルキスの言葉に、アルファは複雑な顔をして頷いた。
命職、それはこの世界における、人の魂の形。戦闘や魔法系はもちろんのこと、生産系学者系などいろいろある。それはいわゆるジョブだ。
人は皆、この命職を定める儀式を、13歳の夏に行う。
そして、そこで定められた命職への道へと、歩き出す。
命職を得た者は、その命職にあった能力を授かるのだ。
リユート村での儀式は、明日。
故に、2人は楽しみでありながら不安を抱え込んでいるのだ。
「アルファは何がいい?」
「僕は…やっぱ農業系かな、この村で生きていきたいし」
「そっか、私は…えへへっ、」
「な、なんだよ」
シルキスの目が細くなり、アルファを見つめる。
幼馴染が浮かべる色っぽい顔に、アルファはドキリとした。
「私はね、アルファと一緒にいれるなら、何でもいいかな」
「シルキス…、うん、僕もだよ、シルキスと一緒にいたい」
「えへへ、じゃあ、約束!」
「うん、約束!」
2人は互いに微笑み、それぞれの小指を絡めた。
「私とアルファは、将来結婚して、幸せになる!」
「僕とシルキ…え、ええええ!?け、結婚!?
「何よ、一緒にいるって事は、結婚するって事よ?」
「それはそうだけど…まだ早いよ!僕たち子供…!」
アルファは慌てるが、途端に寂しそうな顔になった幼馴染を見て、言葉を止めた。
結婚はまだできない。
でも、約束はできる。
「…じゃあ、これ、持っててよ」
「なぁに?…わぁ、綺麗!」
アルファが取り出したのは、赤いリボンだ。
どの道、この場所でシルキスへとプレゼントする予定であった。
「薪を売ったお金で買ったんだ、これが約束の証!」
「アルファ、私、大事にする!結婚するまで、身に付けておくね!」
シルキスは早速、銀色の髪にリボンを絡める。
それを見てアルファは、ドキドキしながら綺麗だよと洩らした。
村を眺めながら将来を誓った2人の約束は、今も、アルファの心の中に鮮明に残っている。
それは、村からシルキスがいなくなって久しい、今でも…。

アルファの一日は、鍛錬から始まる。
朝、陽が出る前に起床し、村の周りを走り、剣の稽古をする。
そして、汗が陽で輝く頃に鍛錬を切り上げ、水を浴びるのだ。
水を弾く、若々しい体。
中性的だったアルファは顔こそ綺麗なままではあるが、その体は逞しく育っていた。
12歳の頃に両親を亡くし、天涯孤独となったアルファ。
だが村人達の協力もあり、また、シルキスとの約束を希望に、力強く生きてきた。
(…やっぱ、来ていないか)
汗が滲む体そのままで帰宅したアルファは、ポストを覗き込み、ため息をついた。
一週間に2回は来ていた、シルキスからの手紙。
それが最近、全く来なくなったのだ。
アルファは、赤い布が巻かれた剣の鞘を立てかける。
赤い布…、あの時、シルキスに贈ったリボンの片割れだ。
(…まぁ、忙しいんだろうな、何せ勇者一行のお仲間、剣姫、だからな)
アルファは、2人が離れる事となった3年前のあの日…命職の儀の日を思い浮かべる。
村の中央に立つ、創造神タミエルを奉った教会。
この村では女神サナエルを奉っているが、その辺は緩い村であった。
その小さい教会で行われた、命職の儀。
「俺は…やった!狩人だ!父さんの手伝いが出来る!」
「私は薬師!これでおばあちゃんを救える!」
「ぁぁぁ、僕は武道家だよ!戦いたくないよ!」
「私は魔法使いが良かったのにぃ、商人だよぉ」
教会内に響く、悲喜交々の声。
自分の定められた命職を喜ぶ子もいれば、落胆する子もいる。
だが、結果がどうでアレ、命職を進まなければならない。
それが、この世界における常識、いや、運命なのだ。
「次、シルキスだね」
「うん、ドキドキしてきた」
神官が、シルキスを呼ぶ。
シルキスは、言われるがままに、赤い水晶に手を載せた。
次の瞬間。
「な、け…剣姫、じゃと!?
「け、剣姫!?あの、伝説の!?
「シルキスちゃんがかい?嘘じゃろ!」
「魔王が蘇ったと聞いてたが、まさか…」
「とにかく、お、王都に報告を!」
神官の声に、大人達が沸いた。
「アルファ!」
「シルキス!」
シルキスがアルファへ駆け寄ろうとしたが、神官がそれを留める。
それからはあっという間だった。
シルキスは教会の中で過ごす事になり、会う事が出来なくなった。
アルファがいくらお願いしても、シルキスの両親しか面会ができなかった。
そして数日後、王都からの迎えが来た。
この世界には、魔物の他に魔族がいる。
最近、その魔族を治める魔王が復活したのだ。
これに対し、王国は勇者を選定し、魔王討伐へ向ける事にした。
魔王現る時、勇者も現る。
聖女、剣姫、賢者、弓聖もまた、勇者のために現る。
王国に伝わる、伝承。
それを元に、王国は各地からその命職の者を集めていた。
剣姫の命職を得たシルキスは、「世界の為」と勇者のパーティーに組み込まれる事となった。
また、アルファの命職は「worlds ONE(剣神)」で抑止力でもありアルファ以外誰も読めず、特に話題になる事は無かった。
「シルキス!僕、待ってるから!」
「アルファ!私、絶対帰ってくる!約束、忘れないでね!」
「うん!シルキスに相応しくなるよう、強くなる!」
「私も!手紙書くから!アルファ!また!」
王都へ向かう馬車に、人が群がる。
そこから伸びた幼馴染の手に、アルファは必死で返す。
走って、走って、躓いて、走って…。
青い空の下、馬車が見えなくなるまで、幼馴染の名を呼んだそんな思い出。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み