昼御飯

エピソード文字数 356文字

着替え終わると、スタッフルームに戻る。

さつきさんが、部屋にある簡易キッチンでうどんを作ってくれている。
前に実習に来たときもそうだったが、いつも昼御飯はさつきさんが全員分を作ってくれる。
まかないつきの職場なのです。

「あんた、食えないものあんだっけ?」

くわえタバコで器用にしゃべるなぁと思いつつ、
「しいたけ以外は大丈夫です。」と返答する。
本当はたくさん好き嫌いがあるんだけど、苦手なだけで、
食べれはするんだよね。
作ってもらう身としては、わがままは言えない。

しばらくし、うどんが三人前並ぶと同時に院長が戻ってきた。
「お、ちょうどできたか。今やっと午前の診察片したから、飯にしよう。」

さつきさんは時間を計算してこういうことができる人なのだ。
わたしにはできないから、素直に尊敬しちゃう。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み