前世譚3 ✿ 幸福を祈る修道士

エピソード文字数 1,866文字



 夏の盛り、あの日の記憶に想いをはせる。
 あれは、人生で最良の時だった。
 僕は川辺へと彼女を散歩に誘った。穏やかな風の吹く場所だ。



 幼い頃からこの場所を訪れては、一人で本を読んだり魔法の練習をした。

天国に来たみたい

 彼女が呟いた時、森の方から親友の鳩がやってきて、僕の元へ舞い降りた。
 友は僕から彼女の肩に飛び移った。彼女はそっと頭を撫でる。

あなたを好いたようですよ
「そう? 仲良くなれて嬉しいわ

 友は彼女のそばを離れない。
 飛び去ったかと思えば舞い戻ってきて、彼女に花を贈ったりした。
 僕よりも洒落たことをする…。

「なんだか好かれたようです。お花のお礼は鳩語でなくてもよろしくて?」

 彼女の肩で鳩がクルクルと鳴いた。
 僕のもとにおいでと言うが聞いてくれない。

「…ダメですよ僕の好きな人をとらないでください

 すると友は近くの樹へと飛んでしまった。
 それを見送って真っ赤な顔の彼女へ向いた。

「魔法使いさんは私をお好き…なのですか?」

「実は、もうずっと前から

 六歳の時はじめて本屋に来た時から僕は惹かれていた。
 足台にのぼって書棚の埃を掃う姿が危なっかしくて
 「大丈夫?」
 と声をかけたのが出会いだった。
 それからは自然と彼女のことを目で追っていた。
 気恥ずかしかったが、ありのまま彼女に打ち明けた。

「私も同じです。お店に来られる度、私の好きな本を勧めてもいいかしらと考えていました。近頃は秘密の庭にあなたが現れて、お話しできるのが嬉しかった」

「僕もですよ。これからは君の好きな物語を、もっと教えてください

 ずっと知りたかったことでした。


    ❀  ✿  ❀


 君と語らった本の名も、教えたかった魔法も憶えている。
 今僕は、本当に魔法使いのような真っ黒な服を着て君を想う。

「こいつか? 怪しい呪術を学んでいて、火あぶりになりかけたという…」

「親が神父の前に引き出して告白したそうだ。術を使おうとしたので拘束したらしいぞ」

 近くから修道士の陰口が聞こえた。
 隠れ家に集めていた書物や小道具が見つかってしまい、僕はここへ送られた。
 見つかった物の中には、異端と取られる他国の宗教に関するものも含まれていた。ただ純粋に、知識欲にかられて集め、見聞を広めていただけだというのに。

 ここの修道司祭は度々僕を呼んでは問いかけをする。
 また、箱庭を歩いていると頭上から突然水がかけられることもあった。
 修道士たち曰く「悪魔祓いだ」そうだ。

 魔法の力は次第に衰えていった。
 神の言葉を唱えるほどに力が喰われていく。
 僕は神に対して幻滅していたのだ。

 牢獄のような箱庭で、日の光のように希望を与えてくれたのが彼女の存在だ。

 ――会いにいきたい。迎えにいきたかった。

 教会で問責され、男たちに押さえこまれた時、真っ先に浮かんだのは彼女だ。
 そんな僕の気持ちを汲んでくれたのは心配してはるばるやってきた親友の鳩だった。

 友に語らう術だけは今も使うことができた。
 故郷の彼女に宛てた手紙を鳩に託したが、友曰く「どこか遠くへ行ってしまった」という。
 遠くとは、神の国ではないというのでほっとした。

 ――もしかして、別の誰かと…。

 縁あって幸せに暮らしているのだろうか。
 …そうだとしても仕様がない。
 けれど彼女の行方が知りたかった。

君に託すよ。見つけたら、必ず教えて欲しい

 僕の願いを受けて、友は空へと旅立つ。
 唯唯、彼女の幸せを祈った。
 友を笑顔で送り出したのに僕は泣いていて、濡れた目を頭巾で隠す。



 誰にも、こんな情けない僕を見られたくない。

 他の男に愛される彼女幸せを、僕は本心から祈れないんだ。

 世界で一番、君を愛しているのは・・・。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

帯刀 咲良(たてわき・さら)


高校2年生の、剣道少女。
ドールオタク(俗にいう、シルバニアン)

ジョン・リンデン


インターポールの捜査官。
所属は、IWCI(INTERPOL Wizard Complex for Innovation)


天羽 理々(あもう・りり)


高校2年生の、合気道少女。
アニオタ。

ラルフ・ローゼンクランツ


インターポールの捜査官。
IWCIのリーダー

マリー・ローゼンクランツ


ラルフのイトコ。

絵画修復士になるためにイタリアの大学で学んでいたが、行方不明になる。

マルコ・ローリエ


インターポールの捜査官。ジョンの同僚。

イタリア人。お菓子が大好き。

レイ・マグノリア


インターポールの捜査官。ジョンの同僚。

フランス人。透視能力者。

鞍馬 勝(くらま・まさる)


警視庁特殊科の捜査官。

日本の魔法使い。忍者。

ブレイク・アンショー


赤の国際手配書が出された犯罪者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み