2 回想・タンプル塔を出て1

文字数 3,778文字

 9年前。
 一家でたった一人生き残ったマリー・テレーズは、従兄であるフランツ帝に引き取られて、ウィーンにやってきた。

 17歳だった。

 タンプル塔に3年も閉じ込められ、その間に、父も母も、仲の良かった叔母も、無残に処刑された。小さな弟は、衰弱して死んだと伝えられている。最後の2年近くの間、彼女はたった一人で幽閉されていた。
 長いこと陽の光を浴びない肌は、ことさらに白く、印象的な水色の目は、澄んでいた。
 過酷な体験が、高慢だった少女を、美しく磨き上げていた。


 7歳年下のこの従姉妹を娶ったらどうだと、カールは、兄のフランツ帝に勧められた。
 初めは、戸惑いしかなかった。彼女がウィーンに到着するやいなや、皇帝が、ある書類にサインさせようとしたという話を聞いたからだ。
 その書類は、ブルゴーニュやアルザス、ロレーヌなど、要所に対するマリー・テレーズの世襲を表明していた。皇帝の弟であるカールが、彼女と結婚するということは、フランスにおける領土の大半を、オーストリアが手に入れるということに他ならない。

 ……余人は戦をすべし。幸いなるかなオーストリア、汝はまぐわうべし。
 ハプスブルク家の、いつものやり方だ。戦わずに、婚姻によって、版図を広げるのだ。
 だがそれは、皇帝の娘、大公女の役割ではなかったか。

 マリー・テレーズは、書類にサインすることを拒んだ。領土はフランスのものであり、自分のものではないというのが、その理由だ。

 この時、カールの心に、初めて、小さな引っかかりができた。
 状況に流されず、恩人である皇帝の言うことにさえ逆らった彼女に、好感のような気持が芽生えた。

 ウィーン到着当初、両親と叔母、弟の死を悼み、彼女は、喪服を着用していた。季節は春に向かい、明るい日差しの中で、黒い服は、殊さらに悲痛に見えた。
 ある時を堺に、彼女はそれを、紺青色の服に変えた。ブルボン家の旗の色である。
 自分は、ハプスブルク家の人間ではなく、ブルボン家の人間であることを、強く主張したのだ。

 ……ものすごく、しっかりしている。
 カールは思った。
 その強さは、家族を失い、自身も思春期を奪われた悲惨な体験からきているのだ。
 カールの心に、尊敬と称賛が湧いた。


 「おやめなさい、フランスの内親王は」
 水を差したのは、ウィーンの秘密警察の情報員だった。
 彼は、カールの部下の、友人でもあった。スパイは、真剣な顔をしてカールに告げた。
「あの女、殿下のことを、愛想はいいけど、顔がアレだ、なんて言ってますぜ」

 秘密警察は、常に、マリー・テレーズの身の回りを監視していた。手紙は、来るものも出されるものも、ことごとく、彼らのデスクを通過する。

 「アレ?」
「つまりその、醜いと」

 一瞬、言葉に詰まった後、カールは、弾けたように笑いだした。

 ハプスブルク家の大公(プリンス)で、勇敢な将校である彼は、常に、女性たちの熱い視線の的だった。容姿に自惚れがあるわけではないが、カールは、自分に自信を持っていた。
 戦い、国を守る自信だ。

 だから、誰に何を言われても平気だった。
 それを、「顔が醜い」とは……。

 カールの爆笑に気を悪くしたのか、情報員は、無言で、友人であるカールの部下を顧みた。
 部下は頷いた。
「テレーズ様のお書きになった手紙です」
 彼は、くるくる巻いた紙を手渡した。広げてみると、白紙だった。
「何も書いてないじゃないか」
長かった幽閉生活で、従姉妹は、頭がおかしくなってしまったのかと、カールは心配になった。

 「こいつが、曲者なのです」
 部下は言うと、広げた紙を、蝋燭の火にかざした。わずかな熱に炙られ、薄茶色のシミが浮き出てきた。しみは、みるみるうちに形を整え、優美な手跡となった。

 「レモンの汁で書かれています」
部下は言った。
「こうやって、彼女は、ブルボンの連中と連絡を取り合っているのです。オーストリアの庇護を受けながら!」

 手紙には、まだフランツ帝から、母の財産を渡されていない、と記されていた。

「アントワネット様の残されたものは、我らが皇帝が厳重に管理なさって、テレーズ様には、いずれお渡しするとおっしゃっているのに。莫大な財産を、17歳の小娘に渡すなんて、そんな危ないことができるわけがない!」

 部下は憤慨していた。
 だがカールは、人生に絶望していないマリー・テレーズの姿勢に感銘を受けた。そして、不幸なこの従姉妹に、幸せになってほしい、と思った。
 能うるなら、自分の手で……。



17











 カールとマリー・テレーズの結婚話は、一向にまとまらなかった。

 オーストリアの検閲官は、マリー・テレーズ宛の手紙を、何通か手に入れた。それらには、皇帝の弟と結婚してはいけない、と警告を発していた。
 逃亡中のフランス王、ルイ18世は、ブルボン家の結束を訴えていた。彼には子どもがいなかったので、彼の姪・マリー・テレーズは、同じく甥・アングレーム公と結婚するべきだ、というのだ。
 ダメ押しのように、これは、彼女の母親、マリー・アントワネットの生前の希望でもあった、と書き添えられていた。


 カールは、焦らなかった。


 カールの兄、フランツ帝は、彼女への無用な入れ知恵を排除する為に、フランスからついてきた側近たちを、追い出した。
 マリー・テレーズは、ドイツ語が得意ではなかった。子供の頃に習ったきり、殆ど忘れかけている。
 言葉の不自由な彼女を、カールは気遣った。ドイツ語しか話さない侍従やメイドに彼女の要望を伝えたり、妹のアマーリエやマリア・クレメンティーナとの仲を取り持ったりもした。

 少しだけ、迷惑そうな顔をして、彼女はカールの親切を受け容れた。
 だが、彼と二人きりになることは、極力、避けているようだった。









 そうしているうちに、総裁政府下のフランスが勢力を盛り返した。アルプスを越えイタリアと、ライン河を渡河したドイツの両方面から、オーストリアに戦いを挑んできた。
 カールは、ドイツ方面に出陣することになった。
 戦いに出かける前に、自分の気持を明らかにしようと、彼は、思った。

 彼は、兄の皇帝、兄嫁、妹たちに、自分の気持を伝えた。だが、肝心のマリー・テレーズには、何も打ち明けなかった。
 彼女には、行動を通じて思いを伝えようと、決意していた。











 ドイツ方面でのカール大公の働きは目覚ましかった。帝国軍は、素晴らしい勝利を納めた。
 たかがオーストリアのプリンスと侮っていたフランスの将校らは、手痛い敗北を舐める羽目に陥った。

 だが、危機は、イタリアから迫っていた。若い将軍ボナパルトがイタリアを制圧し、すぐにもウィーンに迫る勢いだった。












 翌年早々、カールは、イタリア戦線へ赴いた。負けが重なるイタリアへ、援軍に回されたのだ。
 ……今回は、ドイツ方面のようにうまく事は運ばないかも知れない。
 微かな予感が、黒い澱のように、心に淀んでいた。


 不吉な予感は的中した。
 オーストリア軍はフランス軍に敗退し、カールは、不利な条約を飲んだ。
 帝国は豊かなロンバルディアを失った上に、北の低地地方(ベルギー、オランダ南部)、ライン河左岸を手放すことを確認させられた。









 ウィーンに戻ったカールは、マリー・テレーズが、パーティや舞踏会に出席し、フランツ帝の妹や妻との社交的な活動に勤しんでいると聞いて、意外に思った。

 舞踏会で見かけた、青いドレス姿の彼女は、神々しいばかりに美しかった。
 彼女だって若い娘なのだから、同じ年頃の女の子と遊んだり、舞踏会で踊ったりするのは、なんら、不思議なことではない。
 ただ、……ただ、なんとなく、歌い踊るその姿は、彼女の本来ではないように、カールには思えた。


 「ああ、そりゃ、『見せかけの盲従』ってやつですよ」
例の秘密情報員が訳知り顔に、教えてくれた。
ルイ18世(叔父さん)がそう言って、褒めてましたぜ」

 あいかわらず、逃亡中のルイ18世からは、従兄弟のアングレーム公と結婚するようにという手紙が届いているという。
 マリー・テレーズの父、ルイ16世は、処刑される前に、財産の一部を、こっそりアメリカ合衆国の公使に託していた。善良なこの元公使から受け取った資金を、彼女はそっくり、フランス亡命貴族に送付していた。

 ……やっぱり、彼女は彼女だ!
 苦虫を噛み潰したような兄の皇帝からその話を聞いた時、カールは思わず、笑いだしてしまった。


 「笑っていないで、さっさと結婚を申し込んだらどうだ?」
不機嫌を崩さず、兄帝は言った。
「お前だって、彼女のことが好きだと言ったじゃないか」

どうやら、舞踏会や社交は、彼女をウィーンに留め、弟と彼女を近づけようという兄の策略らしかった。

「ええ、彼女に夢中です。でも、兄上」
急に真顔になって、カールは言った。
「私は未だ、フランスを、撃退してはおりません」

「何を言うのだ」
驚いた顔を、兄帝はした。
「ドイツでのお前の活躍は……」

「わが軍は、フランスに全面勝利をしてはおりません。それどころか、北の低地地方やイタリアを失った。むしろ、敗北です」
きっぱりとカールは言った。

「カール」
深い溜め息を、兄はついた。
「この戦いは長くなる。そんなに長い間、待たせるつもりか? 女の気持も、少しは、考えてやれ」

「……」
まだ若いカールには、答える言葉もなかった。







ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

カール大公

1771.9.5 - 1847.4.30

(カール大公の恋)


ライヒシュタット公の母方の大叔父。1796年の革命戦争では、ジュールダン麾下サンブル=エ=ムーズ軍、モロー麾下ライン・モーゼル軍と戦い、両軍を分断させ、勝利を収める。1809年のナポレオン軍との戦い(対オーストリア戦)の後は軍務を退き、軍事論の著述に専念する。

レオポルディーネ

 1797.1.22 ‐ 1826.12.11

(もう一人の売られた花嫁)


ライヒシュタット公の母方の叔母。皇帝フランツの娘。ポルトガル王太子ペドロと結婚する。ナポレオンの侵攻を受け、ポルトガル王室は当時、植民地のブラジルへ避難していた。ペドロとの結婚の為、レオポルディーネも、ブラジルへ渡る。

ヨーハン大公

1782.1.20 - 1859.5.11

(アルプスに咲いた花)


ライヒシュタット公の大叔父。皇帝フランツ、カール大公の弟。兄のカールに憧れ、軍人となる。

アダム・ナイペルク

1775.4.8 - 1829.2.22

(片目の将軍)


オーストリアの軍人。フランス革命戦争で赴いたオランダで片目を失う怪我を負うも、捕虜交換の形で帰国した。

ドン・カルロス

1787.初演

(「ドン・カルロス」異聞)


シラー(シルレル)の『ドン・カルロス』は、ライヒシュタット公の愛読書だった。

チャットノベルもございます

「ドン・カルロス」異聞

マリア・テレサ

 1816.7.31 - 1867.8.8

(叶えられなかった約束)


カール大公の長女。

マリー・ルイーゼ

1791.12.12 - 1847.12.17

(2つの貴賤婚)


ライヒシュタット公の母。ナポレオンの二人目の妻、かつてのフランス皇妃。ウィーン会議でパルマに領土を貰い、5歳になる直前の息子を置いて旅立っていった。以後、全部で8回しか帰ってこなかった(最後の1回は、彼が公的に死の宣告をされた後)。

エドゥアルド・グルク

1801.11.17– 1841.3.31

(画家からの手紙)


ウィーンの宮廷画家。メッテルニヒに見いだされ、採用された。グルクの死から約170年後、彼が描いた絵が、モル男爵の屋敷で発見された。モル男爵は、かつてライヒシュタット公の補佐官で、その死の床に最後まで付き添った。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み