08 ゼオの悲劇と服従の夜

文字数 1,164文字

 寝室で眠っていたゼオは、気配を感じて目を覚ました。

「おまえら……」

 そこには彼の部下たちが、うつろな目つきで立っている。

「どうした? 何かあった――」

 彼らはやにわにゼオへと襲いかかった。

「こらっ、おまえら! 何する気――」

 オオカミ族たちはたちどころに主人を取り押さえると、身につけている衣服をすべてはぎ取った。

「うぐっ……」

 それから先は、実に無残な展開だった。

 オオカミ族の王は、みずからの手下たちから、一方的にオモチャにされた。

 そう、彼らの精神はすでに、ルルの手によって蝕まれ、掌握されていたのだ。

 30名はくだらないオオカミ族たちは、延々と主人で遊び、ボロクズのように変えてしまった。

「あ、う……」

 ゼオがほとんど動かなくなると、今度は縄を使って縛り上げ、全員で地下牢へと連行した。

   *

「あぐ……」

 オオカミ族たちは主人を牢獄の中へと放り投げた。

「やあ、ゼオ、元気?」

 ルルはおどけながらあいさつをした。

「おま、なに、を……」

 ゼオはおぼろげなまなざしで、魚のようにパクパクと口を動かした。

「これが僕の力さ。君の大切な部下たちは、もう僕の言うことしかきかないんだよ? つまり君は、もう王さまなんかじゃないってことさ。そう、僕の奴隷だね。ふふっ、屈辱? 自分の手下から遊び道具にされちゃって。くすっ、無様だね?」

 ルルの言葉に、すべてを悟ったゼオは絶望した。

 そして、もうどうでもいいと思った。

「……ころ、せ……」

 涙ながらにそう漏らした。

 ルルはニコリとほほえんだ。

「殺したりなんかしないよ。ゼオ、君も僕の友達にならないかい? 一緒に魔王を倒す旅へでかけよう。オオカミの王だなんてもったいない。君はもっともっと、高みを目指すべきだ。そこにはなんでもある、なんでもね。いまよりもっと、楽しいことだって、ね?」

 彼の黒い瞳が深みを増した。

「あ……」

 その輝きはゼオを魅了した。

 精神をわしづかみにし、骨までしゃぶりつくし、二度と戻ってこれない深淵へと叩き込んだ。

「う、うう……」

 彼はとろけた。

 頭の中がルルでいっぱいになって、心の底から服従したいと願った。

 顔が恍惚にゆがんでくる。

 支配される悦楽、それにどっぷりとつかり、酔いしれた。

「あ、う、ルル……」

 ゼオはついに屈服した。

 その様子はルルにとって、とても満足するものに映った。

「ふふっ、いい子だね、ゼオ?」

 ルルはゼオの頭をなでた。

「ああ、ルル、ルル……」

 掌握されたオオカミの王は、歓喜の涙を流している。

「これで君も、僕の友達だよ?」

 ルルのかけてくれるやさしい言葉に、ゼオは陶酔した。

 その甘い息づかいが、彼を眠りの中へ誘った。

「くすっ、かわいいね、ゼオ?」

 こうして新しい旅の仲間が加わった。

 オオカミの王だった少年は、深い夜の中へと落ちていった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み