3:たこ焼きカフェ!? 穏やかじゃない!

エピソード文字数 1,032文字

ぱんぱかぱーん。

DOKI DOKI クリスチャン部から出張してきた主人公のゆんじゅんだよー。

同じく主人公の二戸花蓮だ。

というかゆんじゅん、そんな口調だったかお前?

なんか艦これでそんな口調のキャラがいたような……。

違うよー。

これはアイカツの姫里マリアちゃんのモノマネだよー。

なんで冒頭からパロネタぶっこんでくるのよ。

本編では公募で落ちないようにパロネタは極力自重してるじゃない。

いいじゃない、公募という枷から解き放たれたんだから、

ここで羽を伸ばそうよ。

というか食レポって話だけど、どこに行くのよ。
かえで寿司ー。
そんな寿司屋はリアルでは無い。
いやでも、検索すればなくもなくもなくもないかもよ。
そうね。なくもなくもなくもないこともなくってよ。
おまえら本編ではそんな語尾に特徴あるキャラじゃねーだろ!

おやおやー?

キレ芸ですかー、新八さん?

こら! ここで銀魂の話題を出すな!

銀魂おばさんとアイカツおじさんが仲悪いの知ってるだろ!

ゴメンゴメン一旦ゴメン。
それキッズにとっては微妙に古いネタだからやめな。

というわけで食レポ行くよー。

ここは大阪の中心地、瓢箪山駅前ですー。

っておい!

画像が90度回転してる!

なんだ?

これは素でボケてるのか?

こいつは困ったー。

なんかスマホで投稿してもPCで投稿しても画像が90度回転してしまうようですー。

これって運営に問い合わせたほうがいいんじゃない?

ま、まあメシは90度回転しててもなんとかなると思うからー、

続行!

きょっうのおっそらはどんな空~?
見ての通り雨だな。
雨! 止めー!

それラブライブネタだろ。

あ、本当に止んだ。

恵み深き主よ、

今日もこうしてみんなと良き日を過ごせることに感謝します。

うん……なんかラヴが相対的にまともなことを言ってるように錯覚するぜ。

商店街を15分ほどテクテク歩いてー。

アーバン銀行を左折するとー。

ありましたー。

その名も たこ焼きカフェ240。

ここはねー。

世にも珍しいたこ焼きスイーツを販売してるカフェなんだよ。

というかまずたこ焼きにカフェをくっつける時点で、穏やかじゃないわね。

ないよお。

そんな発想ないよお!

あるよお。

大阪にはなんでもあるよお!

それの元ネタなんなんだよ……。

(あ、そろそろ次のページいります?

 「DOKI DOKI クリスチャン部」のリンクも貼って宣伝しちゃってください!)

壁ω・`)

とりあえず入ろう。

お、店内はこじんまりしてるけど、

ちょうど4人座れるテーブルがあるわね。

という訳で次のエピソードにつづく。

kokoasan

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

星崎梓


肌荒れしやすく、妄想ばかりしているヘンタイ科の生物。最近パソコンの調子がよろしくない。

マオ


どこにでもいる普通の女子高生。

って、なんだよその疑うような目は!

ミユ


クールで少し口の悪い女子高生。甘いものが好き。髪から甘い匂いがすると思われる。

星崎ゆうな


梓の妹。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色