【西方怪談5】 ✿ カリコボウズの正体は?

文字数 1,287文字

村に「1つ目小僧」が現れたと、噂になっている頃。


家臣・黒木は旅の途中で、京都にいた。

三十三間堂のそばに、立派な御殿が建っていましたね
団子屋で、店主と世間話をする。

あれは京の大仏さんや。

もう二度も崩れてな。

秀頼様が、また建て直したんどす

豊臣秀頼殿。

なぜそこまでして……。

太閤さんの遺志を継いでおるのどす

鞍馬由岐神社や、京のいろんな寺社を、秀頼様が再建なさってな。


京の大仏再建も、世の平安を願ってとのことじゃ

んにゃ、大仏の再建は、徳川殿が薦めたという噂じゃ。

寺社の再建大仏の建立で、豊臣家火の車と聞きますねぇ
団子屋にいた、薬売りの男町娘が話に加わってきた。
やはり、徳川殿は豊臣家を…
徳川殿は……機会をうかがっているのじゃろう

また京が焼けるのは、嫌どす。

戦は、もう御免や。

 ✿    ✿  



初夏の昼下がりのこと。


忠平は忍術の授業のため、隣の「山鶴村」へ向かった。


今日は「蝉籠村」の村長も一緒だ。山鶴村へ用事があるという。

よぉ、鶴の長。久し振りやなぁ

おお、蝉の長。

しばらく見らんうちに、白髪が増えたの。

うちん村になんの用じゃ?

叔母の具合が悪くてな。

先生もこっち村に行くて聞いたから、

おまえの雪山もながめておこうかと

雪山といった白髪頭を見つめる。
あのぉ。お二人とも、ケンカは……。

おお、先生。いつもすまんねぇ。

ささ、上がって上がって

それじゃ、お邪魔するかねぇ
おまえは、はよ婆さんとこば、行け

なに、茶を?

山道を歩いて喉が乾いとったんじゃ。

いやぁ悪いのぅ

図々しいやっちゃ。

おまえには出がらしじゃ

口ゲンカはするが、気心の知れた仲のようだ。

そうそう。

最近村で、セコん話が広まっとってなぁ。

1つ目小僧を見たという話もある。

1つ目小僧は知らんが、うちの村でもセコの噂が立っとるよ。


子ども達が川で遊びよったら、

4人やったはずなのに、5人になっとった。


でも川から上がったら4人になっとったそうや

ガッパじゃのう。

そういえば先生も、

かりこぼうずの声を聞いたって話や

ど、どこから、それを?

うちの孫が話しよったよ~。

先生がセコに「ほいほい」て返事したら、

家がガッタンガッタン揺れたって

ありゃぁ、先生、返事したとね?


セコに声かけられたら、

じーっとして、黙っとらんといかんとよ

あの、セコとは?

カリコボウズではないのですか?

ガッパに、1つ目坊主も……。

多すぎて分かりませぬ

セコも、ガッパも、カリコボウズも同じやが
同じ?

春の彼岸から秋の彼岸まで

水の中に住む時は「ガッパ


秋の彼岸から春の彼岸にかけて

山に住む時は「カリコボウズ」「セコ」と言う。

そうだったのですか。

呼び名が違うだけで、同じ神様なのですね

でも、さっき「1つ目小僧」と言うたか?


そん話ははじめて聞いた

わしもじゃ。

セコやとは思うんやけどねぇ。

(もしも、カリコボウズにかこつけた者の仕業だったら……)
噂の妖怪は「人かもしれない」という疑念が忠平の胸をよぎった。

参考資料

夜話 かりこぼう:米良風土記1中武雅周 著/鉱脈社2017年5月

この昔話は、西米良村の民話「じっくり谷の目一つごろ」「先生もう一人いたよ」を基にしています。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色