第三十三章 『破邪の矢』が、ない!

エピソード文字数 1,870文字

「ええ?……じゃ、ほかの矢は!?」
「……普通ならば、棒状のものであれば、握ればなんでも『破邪の矢』に変わるのですが……」
 暎蓮はあせったように、辺りを見回した。先ほど使った『破邪の矢』は、部屋の隅、かなり遠くだ。……あれを取りに行っている暇はない。
 それ以外に使えそうなものは……。
 必死になって探すが、辺り一面、『合』人形のかけらで床が埋め尽くされ、棒状のものなど見つかりそうにない。
 暎蓮は、『結界術』と残り少ない鋲で、『合』の攻撃をなんとかさばいている彪の背中に向かって、心底悔しそうに、叫んだ。
「……不覚です!いつもこれ一本で片が付いていたので……。代用品が、ありません!」
 さすがに彪が、
「……なんてこった!」
 と、わめいた。
 彪はとにかく、自身の『結界』の『壁』ぎりぎり前まで出ると、
「……不動!不動!不動!」
 と、もう一度『合』に『縛術』をかけてみた。
 しかし、その寸前、『合』は、高笑いしながら、その場で跳躍し、彪の『縛術』をかわすと、天井に向けて膝と手をつき、逆さから彪を見た。その口からは涎が、全身からは腐りかけた体液が飛び散っている。
 『合』は、そこからまた跳んだ。彪の『結界』の上部から、振り上げた杭を突き下ろしてくる。彪は、両手を上に挙げ、『結界術』の壁を作り、それを防ごうとしたが、『合』は床に着地しながら、その勢いを借りて、杭の先で、彪の前の『壁』を切り裂いた。
 ……まずい!
 自分の『聖気』が尽きかけているのを感じた彪は、さすがにあせった。なんとか、もう一度『結界術』を発動しようとするが、『合』の狙いは、今度は、彪ではなく、暎蓮のほうだった。
 『合』は、彪の斜め後ろにいた暎蓮に向かって、口から大きな『邪気』の塊を吹いてきた。しかし、彪が、瞬間的に彼女と『合』の間に割り込み、自らの肉体と、とっさにどうにか張った、『結界術』の壁で、『邪気』の塊を、防いだ。勢いが強かったため、物理的攻撃にもなったその『邪気』のせいで、『結界術』越しでも彪の体は打撃を受けたように、後ろに吹き飛んだが、体に自分で力を加え、反転させて、後ろにいる暎蓮に自分の体がぶつからないようにした。そのまま地面を滑り、転がる。
「……彪様!」
 暎蓮が、自分をかばって地べたに転がった彪を振り向いて、青ざめる。
「…………!」
 彪は、人形のかけらだらけの床に、仰向けに転がって、げほっと咳を漏らした。肉体的な痛みもあったが、それ以上に『邪気』に当てられた気持ち悪さのほうが大きい。片手を胴体に当てて、自分の『聖気』で自身を癒す。
 『合』が、彪にとどめを刺すように、杭を手に近づいてくる。暎蓮は、それを阻もうと、彼らの間に立ち、徒手空拳のまま、なんとか、『結界術』を張ろうとした。
 しかし、そこで、『合』は、狂気に満ちた顔で、にたりと笑った。その視線は、誰が見ても穢れていた。暎蓮は、それを感じ、ぞくりとした。
 ……『斎姫』という、『巫覡』の最高位ではあっても、彼女は、『術使い』のような実戦的な戦いには、まだそれほど慣れてはいなかった。彼女の背筋が、寒くなる。
 彪が、這うようにして、暎蓮に近づき、彼女の手を引き、自分の後ろに下がらせた。
「……彪様!お体が……!」
 暎蓮が、彪に手を引かれたことで、我に返り、苦しげな彼の顔を見て、目に涙を浮かべた。その彼女を安心させるように、彪は笑ってみせた。
「……だ、大丈夫。それより、……『合』に近づいちゃ、だめだ。あいつはおそらく、今度は、……お姫様を手にしたいんだ」
 彪はよろめく体を支えながら立ち上がり、言った。
「……『斎姫』。お前は、私が、もらう」
 耳が汚れそうな『合』の言葉など、聞こうともせず、彪は、もう一度、
「不動!」
と『縛術』をかけた。『合』の視線が彪からそれ、暎蓮に向いていたことで、今度は『合』に完全に『縛術』がかかり、『合』が、動けなくなる。『合』は、わめき声を上げながら、動かない体で、暴れようとした。
「……お姫様、大丈夫?」
 暎蓮は、『合』の言葉に、表情を硬くしていたが、なんとかうなずいた。
「この間に、なにか棒状のものを!」
「は、はい!」
 二人は、辺り一面『邪気』だらけの部屋の中を探ろうとしたが、次の瞬間、『合』が、胸を大きく膨らませ、『邪気』の塊を二人に向けて吹き出してきた。
 まさか、これほどの『邪気』がまだ残っていたなんて。彪は、目を見張った。
 ……標的の『邪気』の大きさを、読み違えたか!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み