112

エピソード文字数 696文字

 紗紅と2人で育てた奇妙丸は元服を迎えた。その凛々しい姿に、母としての喜びに満ち溢れる。

 信長の子供を生むことは出来なかったけれど、自分が歴史を変えなかったことにホッとしている。

 傅役として奇妙丸を育てた紗紅も、きっと同じ気持ちに違いない。

 名乗り合えなくても、これからは姉妹で静かに暮らせる。紗紅を以前のように私の護衛にしてもらえるように、信長に頼んでみよう。

 そうすれば……
 紗紅は戦いで命を落とすことはない。

 そう思っていた矢先……
 紗紅は自ら志願して織田軍に戻った。

 ――どうして……。

 ――なぜ……。

 私が美濃だと名乗らなかったから……?

「於濃の方様、ご安心下さい。俺も江北攻めに出陣致します。信忠殿の初陣にお共することを、殿が認めてくれたのです。必ずや勝利を納めて帰還致します」

 紗紅が……
 また合戦に……。

(行ってはなりませぬ)

 死と隣り合わせの戦地に、紗紅を送り出すなんて私には出来ない。

「この俺が、殿と信忠殿をお守り致します。於濃の方様は明智光秀殿に、どうか思い留まるようにと申し伝え下さい」

 光秀に思い留まるように?

 その時、ハッとしたんだ。
 この先に、何が待ち構えているのかを……。

 ――紗紅は……
 もしかしたら、本能寺の変のことを言っているの?

 紗紅は私を見つめ笑みを浮かべ、スーッと視線を逸らし背を向けた。

 ――紗紅は未来を変えようとしている。

 歴史を変えようとしている。

 何もせず、ただ時が経ち、自分の命が尽きることだけを考えていた私は、紗紅の後ろ姿が逞しい武将に思えた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み