第1話

文字数 557文字

あのひと言ったの。
「きみはハズレっくじに大当たりしたんだ。僕ら、なんにもないわけじゃない。けれど、僕と居たらいつだって残念賞しか貰えないんだよ。」
違うんだ。
そうじゃない。 
そうじゃなくする為に、こうしたのに。
あのひと傷つけちゃった。
それでもわたし、あのひとが良いんだ。
あのひとの詩的な文体。
そこにわたしのきれいなとこ、汚れちゃったとこ。
どっちも波打つ。
ゲンジツとは少しずつ違うけど、わたしはそのなかの「わたし」になっていく。
毎日顔合わせたら喧嘩になっちゃう。
わたしの忙しさ。
あのひとの忙しさ。
お互いに押し売る本音。
それは甘えなんだよ。
だから今は少し離れて、どしても会いたくて、会いたくて、会いたくて、会いたくて。
それを忙しさで紛らわせて。
おさとうの海の中、溺れる者の藁。
それがあのひととわたし。
そうなんだ。
あのひと傷付いて、弱ってる。
助けたい。
ずっと無理して、無茶してるから。
心配だよ。
だけど、わたしだってそんなに強くはないんだ。
あのひととの穏やかな未来。
そんな縋る藁がぷつんと切れちゃったら、どうなっちゃうんだろう?
何度でも言うわ。
わからずやさんがわかるまで。
わたしには、あのひとしか居ない、
どんなイケメンだって嫌だ。
あのひとのきれいな心が、いつか純粋に美しい物語を紡ぎ出す。
その主人公はわたし。
誰にも譲らない。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み