第一四話 尾張の虎

エピソード文字数 2,413文字

 ◆天文十四年(一五四五年)七月下旬 尾張国 那古野城

 緊張しています。むちゃくちゃに。
 未だに客間暮らしなのは、もうどうでもいいです。
 戦国時代に来てから、一番のプレッシャーを感じています。
 半刻(一時間)ほど前に、『大殿と平手中務(なかつかさ)殿が話があるそうです』と伝えられたので、今は謁見(えっけん)の間です。

 そのうちに会うと思ってたけれど、信パパこと大殿の信秀とは初対面なんだ。しかも、呼び出される用件がまったく見当つかないので、心の準備のしようもない。失態を犯した覚えもないし……。いきなり首チョンパとか、冗談抜きで嫌だぞ。
 尾張の虎こと織田備後守(びんごのかみ)信秀(のぶひで)。姿を見せないうちから、プレッシャーが半端ない。

 これはあれか? 結婚相手の父親に挨拶する的な……。ああ、違うか。
 落ち着け、落ち着くんだ。
 手のひらに『虎』の字を書いて飲み込む? 素数を数える? おれは滝川一益だと言い聞かせる? ああ、不遇な将来が見えてきちゃったぞ。
 大殿の足音が聞こえてきた。

 どしっどしっどしっ! どしっどしっどしっ!

 あはは。信パパの足音は信長ちゃんとテンポが同じじゃないか。さすが親子だな。
 笑いがこぼれたせいか、少し気分が晴れてきた。
 人の気配を正面の上座に感じたので「滝川左近将監(さこんのしょうげん)一益でございます」と平伏する。
「面をあげい」
「はっ!」
 尾張の虎は、何を言い出すんだろう。何とか無事に切り抜けたい。

「織田備後(びんご)だ。ヌシが死神左近であるか。(きつ)の事、礼を言う。種子島が得意らしいな」
 信パパの顔を(うかが)えば、やり手の政治家のよう。エネルギッシュで、想像よりもかなり若いぞ。あと五、六年で死ぬなんて嘘だろう?
 くっ。なんて迫力だよ。平手政秀爺も横に座っていて、ダブルコンボなんだが。

「はっ! 恐れ多きことでございます」
「左近よ、一つ聞こう。吉がヌシに命ずれば、ワシを撃つか?」
 うわ、ナニコレ。どういうクエッションだよ。
 首チョンパもありなのか?
『是非もなしなのじゃ』
 信長ちゃんの顔を思い出す。もしかして死ぬ間際の走馬灯なのか?
 口八丁でなんとか切り抜けたい。
 
「吉様は、人一倍心優しきお方。特に親きょうだいには深い愛情を持っています。ゆえに、大殿を(あや)める仕儀はいたしませぬ」
「ホウ?」
 虎は答えに納得がいってないご様子。論点ずらし作戦は通用しないか。
「……しかし、世の道理により、致し方なき場合は、吉様は、心を痛めつつも(それがし)に命じましょう。さすれば……」
「さすれば?」
 
 虎の眼がギラリと光る。
 本能寺の悪夢で明智光秀に討たれるのが運命ならば、ここでは死ななくて済むということ。そう考えても、大殿の迫力のある視線を感じて生きた心地がしない。
 くっ! 分かった。もうどうにでもなれ!

「さすれば……躊躇(ためらい)なく大殿の心の臓を撃ち抜きます」
 上司の命令ならば、撃つのは当然だ。どうだ?

「死ぬ覚悟ができてるようだなッ!?」
 ドスッ! ドスッ! ドスッ!
 虎が飛びかかってきた。まずい!
 不正解か……おれは死んだな。
 ひと思いにやってくれ。首を垂れる。
 信長ちゃんと一緒に天下を取りたかったな。
 シュッと風切音が! 終わった……。

「ワハハ! 吉のための覚悟か」
 ポンと肩を叩かれる。
 あれ? なぜだか助かったみたいだぞ?
 虎も爺も笑っている……。どういう展開なんだ?
「吉のことを分かっておるようじゃな。これからも吉を守ってくれ。
 ワハハ。大儀であった」

 ひとまず大殿は、おれの返事を気に入ってくれたようだ。
 ただ精神的なショックからか、気力が全く湧かない。
「はっ!」と平伏してヨロヨロと、自室に戻るのがやっとだった。
 尾張の虎との対決は疲れる。
 生命が五年ぐらい一気に縮まった気がするぞ。勘弁してほしい。

 ◇◇◇

 信パパの迫力に大いに打ちのめされたので、客間で仕事をするけれど、まったく(はかど)らなかった。

 どんっどんっどんっ! どんっどんっどんっ!

 お。この足音は!
 信長ちゃんだ。ちょうどいい。きっと、気分転換になるだろう。
「左近、入るぞ!」
「殿、よくぞ、参られた」
 今日の彼女は男装ながら、水色のリボンのような平たい紐で長めの髪を蝶々結び。いってみれば、ポニーテールを仕上げていて、とても似合っている。
 髪型だけみれば、現代日本に普通にいてもおかしくない雰囲気だ。おかしくないどころか、連れて歩きたい可愛さがあるな。

「左近、ワシに教えてほしいのじゃ」
「はっ! 何なりと」
 今日は質問デーかよ。
 信パパと違って、子どもの虎ならばそうそう大怪我はしないはずだ。
 信長ちゃんもいたって穏やかな表情だし。
「左近は何ゆえワシに仕えるのじゃ?」
「殿の考える未来を(それがし)も見たいのです」

「なるほど。左様か。家督を取れなかったら、さこんはワシのこと嫌いになるか?」
 ん? なんだなんだ?
 話がいきなりすっ飛んだぞ。
 家督関連はデリケートな話題。本来であれば避けたいところ。
 女子の信長ちゃんは、通常ならば織田家の家督は継げないのだから。
 そして、彼女は不安げな上目遣いの表情に変わっている。まずいぞ。安心させてあげないとな。

「家督は関係なく、殿は殿ゆえ、決して嫌いになりませぬ」
「で、あるか! うむ。では、ワシは参るぞ」
 一瞬のうちに憂いの表情が消え、ニコニコっと微笑むと信長ちゃんは行ってしまった。
 なんだったんだ? 何か不安になる事でもあったのだろうか。
 信長ちゃんは数え十二歳。まだ小学六年生相当だからな。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み