第1話 デキモノ

文字数 1,628文字

青年には体のあちこちに小さなデキモノがあった。

そのデキモノは直径五ミリくらいで高さは三ミリくらい。特に痛かったり、かゆかったりするわけではないのだが、ある変わった能力があった。

それは「人の夢を潰す」という能力。

青年は最初、何の気なしにデキモノの一つを潰した。潰した瞬間、どこからか小さな悲鳴が聞こえた気がしたが、彼は空耳だと思った。

翌日、青年はバイト先の同僚が郷里に帰った事を知る。苦しんでいる人達を助けたくて、医者になるべく大学を目指していたのだが、ついにその夢を諦めたとの事だった。

そう言えばデキモノを潰した時に聞こえた悲鳴は、そいつの声ではなかったか。

青年は、その夜ふたたびデキモノを潰した。今度も小さな悲鳴。その二日後、住んでいるアパートの大家と出会った折、彼女は嬉しそうにこう言った。

「娘が歌手になる夢を諦めて、家に戻って来てくれたんですよ」

青年はデキモノの能力を確信し、そのコツも会得していった。

最初デキモノを潰した時、青年は医師志望だった同僚の事を考えていた。青年はその同僚と一緒に作業をしていたのだが、思いがけず大きなミスをしてしまった。そして、たまたま青年だけが上司の叱責を受けたのだ。

「何でオレだけが」

やり場の無い怒りを覚えた青年は、同僚の顔を思い浮かべながら、ふと目に入った腕のデキモノを悔し紛れに潰したのだった。

次にデキモノを潰した時は、青年は大家の娘の事を考えていた。青年はその娘の事を直接は知らなかったが、以前に写真を見せられていたので、どういう顔かは知っていた。

大家の娘は歌が大変がうまく、貧困に苦しむ国々をまわり、人々に歌で希望を与える事を夢見て奔走していた。しかし一人娘を思う大家の心痛は、はたで見ていても気の毒になるくらい酷かった。

「叶える事なんか出来そうにない夢を追って、人の良い大家さんをこれほどまでに苦しめるなんて……」

大家に大変世話になっていた青年は、またもや怒りの矛先をデキモノに向け、それを潰したのだった。

デキモノを潰す時に、夢を潰したい者の顔を思い浮かべる。その後、デキモノを潰せば、思い浮かべた人物の夢も潰れる。青年はそれを確かめるべくテストを繰り返した。デキモノは一つ潰すたびに、すぐに体の他の場所に出来ていった。

青年は色々な人の夢を潰していった。最初は普段青年が嫌な奴だと感じる者の夢だけを潰していたのだが、段々、無差別に他人の夢を潰すようになっていく。

爪に火を灯すように貯めたお金で、念願のマイホームを買おうとしていた隣人の夢。やっとの思いで新製品を世に出そうとした、近所にある町工場の経営者の夢。果ては、弱者を救うための法案を成立させる為に、人生をかけて活動していた政治家の夢……。

青年はそんな善良な夢さえも、次々と潰していった。

「オレは神だ。全ての人間の夢はオレがコントロールできるんだ」

青年は人の夢を潰す事に没頭するようになる。デキモノを潰した時、どこからともなく聞こえてくる小さな悲鳴。それを聞く事が、彼にとって至福の悦びとなっていた。

だが青年は、一つ大きな勘違いをしていた。

彼は、自分が一番最初に夢を潰したのは、医師志望の同僚だと思っていたのだが、それは違う。

青年が医師志望の同僚の夢を潰した少し前の事……。

「母ちゃん、大丈夫だよ。オレ頑張ってるからさ。今度の司法試験には必ず受かるよ。うん、わかってるさ、うん、うん」

弁護士を目指し、バイトをしながら勉強している青年は、その夜 田舎の母親と電話で話をしていた。

「そうだよ。オレは絶対に弁護士になって、苦しんでいる人達を助けて希望を与える事なんだ。それがオレの”夢”なんだ。そうなった時の晴れやかな自分の顔が、今から目に浮かんでいるよ」

そう言いながら青年は無意識に腕のデキモノを触っていたが、つい話に力が入り、デキモノを潰してしまった。

青年自身の小さな悲鳴がどこからか聞こえてきたが、電話に夢中の彼が その声に気づく事はまるで無かった……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み