ヤッちまった・・・

エピソード文字数 539文字

窃盗()っちまった・・・。」

俺は、今更ながらとんでもないことをしたと、動転しまくっていた。
特に大きな野心もなく、大それた夢を見ることもなく、ただただ真面目に生きてきたつもりだった。
もちろん、真夜中に誰もいないようなところで、小さい横断歩道で信号を無視したことはあるし、ゴミのポイ捨てくらいはしたことがある。
立ちションや、路上で酔っ払って嘔吐したことなどもある。
でも、ちょっとした軽犯罪というか、違反レベルだ。
言い訳をするわけではないが、誰もが一度はしたことのあるようなやつだ。

今回の件も、決して悪気があってやったわけじゃない。
いや、正確には罪の意識というか、自覚はあったのだが、ほんの出来心だった。
ただ、まさか、こんなことになるとは思わなかった。
元より、犯罪を犯す人間は、最初からやってやろうと思う人間のほうが少なく、全員とは言わないが、大多数は「犯罪を犯そうとは思わなかった」というのだが。
俺は職業柄、そういう供述をする人間をたくさん見てきたはずだが、まさか自分が身をもって体験することになろうとは思わなかった。

戻れるのならば、昨日に戻りたい!

俺の名前は『伊藤俊輔』。
年齢は41歳で、職業は警察官。

本日、俺は犯罪を犯してしまった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み