(二・二)ゼットンフォーラム1

文字数 2,757文字

 とまあこうして、一人前かどうかは定かでないなれど、割りとあっさりけれど着実に布教に目覚める青年、婦女子が出現し増えてゆくのである。勿論中には反発したり批判したり、怠けて脱落してゆく連中もいるのは確か。それは織り込み済み。だから次々と布教して新たな若者を連れて来る。その中の一割でも残れば教団としては御の字。教祖や幹部連中は目を細め、優秀な人材が育って来ているではないかなどとご満悦。チームで目標作ってやり甲斐を持たせるなんていえば聞こえはいいけど、要するに教団としてのノルマを押し付けているだけ。なぜ宗教なのにノルマが必要なのかと問えば、それはなノルマでなくて、神様としては既にもうそれだけの数の人を救うつもりでおられるんや、だから後は我々がしっかり布教して、連れてこなならんいうことです、と説く。何でもかんでも都合の悪いことは、神様が決められた事、神様がそう言うてはる、などと言っておけば信者は反論出来ないのである。
 こうして洗脳否育った熱心な布教青年、布教婦女は、どうやらきみには使命があるようやな、とか、きみ神様に愛されとるやん羨ましい、神様はな期待してる人間程人一倍苦労さして修行さすねん、などと煽て、生涯教団と布教活動から抜けられないよう更に鍛え上げる。このままやったら、世界、人類、我らの子孫が危ない。ユートピア到来の前に九十九パーセントの人類が最後の審判によって滅亡してしまうからや。そやから早うひとりでもようけ救わなならんねん、もう時間がないねんな。きみたちゼットンフォーラムの布教尖兵は、その大使命を神様から頂いた人類最後の希望の星なんや。はあ、大使命、最後の希望、ですか……。そや、なんか不満あるんか。いえ、余りにも畏れ多くて……。何言うてんねん、遠慮することないやん。ええか、今あんたらがさぼっとったら、救われるべき人が救われへん。でもな、あんたたちがちゃんとやったら、確実に救える人がおんねん。その人たちはな、今も渋谷の街をうろつきながら、あなたから声掛けられんのを今か今かと首長くして待っとんねん。
 さあ、渋谷の雑踏がきみたちを待ち焦がれてるで。ほれ、さっさと行ってこんかい、ゼットンフォーラムが誇れる若武者どもよーーっ。はーい、分かりました。我らゼットンフォーラムの布教尖兵は、人類救済という大悲願達成の為、神様から頂いた大使命をば全うしまーす。良し、よう言うた。一体誰がこの腐敗堕落し切った世界をば救うんや。それは我々ゼットンフォーラムをおいて他に有り得なーい。いいか、あなたが世界を救うんです。くどくど言わすな、以上、終わり。じゃーん。
 アイアイサー、ハイル佐谷、佐谷マンセー。とこうなればしめたもの。わたくしはこの命を、ゼットンフォーラムと救世主佐谷様に捧げ切りまーーす。
 では次に、対一般人への布教というか勧誘方法である。ゼットンフォーラムも全国展開してはいるものの、信者の割合からいって大都市、首都圏、関西、名古屋を中心とした教団である。地方に於いては戸別訪問も行っているが、それは微々たるもの。矢張り大都市での街頭、駅前での布教活動がメインとならざるを得ない。そうなると布教に参加、従事する信者は、若者が中心となる。何せおじちゃん、おばちゃんでは、都会の人込みの流れの速さにとてもじゃないけど、付いてゆけない。今日も人が集まる都会の何処かで元気溌剌、人類救済の使命を果たすべく、ゼットンフォーラムの若者たちがこつこつと布教に励んでいる筈である。
 チームを組んで布教にあたっているが、和気藹々、励まし合い、泣いたり笑ったりの青春ごっこをする為だけでは勿論ない。布教を協力し助け合い、成果を上げる為である。誰かチームメイトのひとりが、見事脈ありの一般人、俗に言う未信者、をゲットし、さあチャペルに案内するぞとなった段で素直に誘われてくれれば良いが、そうでない、渋ったり、また今度などと調子良く逃れようとしたその時である。何処に潜んでいたのか、待ってましたとばかりぞろぞろと現れ、いつのまにか気付いたら、ひとりの未信者を大勢の同志が取り囲んでいるという寸法。そして男には女勿論美女が、女には男そりゃイケメンが口説き役の中心となり、さあ集団で寄って集っての説得開始。有無を言わさぬ体験談、教団と教祖を賛美する誘い文句のオンパレードが放射線の如く浴びせられ、しかもそれが延々と続くから、相手としちゃ堪ったもんじゃない。ついつい根負け、はいはい分かりました、じゃ少しだけなら行きますよ、となるのである。しかしチャペルに案内されたらされたで、少しだけ、で済む筈がなく、入信するまで集団で説得されるのは目に見えているのである。
 ターゲットとなり易い未信者のタイプであるが、矢張り真面目で孤独、それから気が弱そうなやつ、如何にも悩んでいそうなやつ。布教で声を掛けるのも単独行動の人間ばかり、間違っても複数で歩く人間に声を掛けることはない。特に地方から出て来たひとり暮らしの若者は狙い目。これなら入信後、家族に反対されるなどのトラブルも少ない。季節的にも春が良く、進学、就職で出て来たばかりでまだ都会に慣れないうぶな若者と見るや、がんがん誘い、引っ張ってゆくのである。世間慣れしていない若者は往々にして純朴で正義感も強く、困った人を見ると放っておけず、ボランティアや社会奉仕的なものへの関心、好奇心も旺盛であるから、そこいら辺を上手くくすぐり、手繰り寄せるのがコツである。
 とまあ、こんな具合で華々しくも迷惑に、大都会の雑踏に紛れつつ、バルタン協会に追い付き追い越せと精力的なる布教活動を展開して来た我らがゼットンフォーラム。規模こそまだまだバルタン協会の足元にも及ばないが、強引な勧誘や入信後のトラブルで度々世間をお騒がせ、決して有難くはないけれど知名度の点に於いては既にバルタン協会を凌駕しているといっても過言ではないのである。
 しかし折角入信したもののトラブルや教義、教団、教祖への失望から退会する者も後を絶たない。最後の審判ってのはな、基本は世界規模で起こるもんだが、時として個人レベルでも起こんだぞ、いいか。言いたかないけど、おめえさんのことを思って教えてやんだから、良く聞けよ。あのな、こんな有難いゼットンフォーラムを辞めるなんざ、天に唾するようなもんなんやからな、所謂人間の屑ってやつよ。そやから退会なんぞしたら即刻どかーんと最後の審判が落ちんだぞ、雷みてえなもんだ、なあ。おーこわ、いいのかそれで、おら知ーらね、自己責任な。なぞと必死で脅すも効果なし。既にゼットンフォーラム・被害者救済友の会なども結成されており、流石の佐谷も残念ながら退会を翻意させるだけの威光はないらしい。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み