6 ✿ 俺が本物だ!

文字数 947文字

さあ、かかってこい!

加凛男嫌い


屋根の上から、殿下にとびかかってきた。

く、来るな――!!

女嫌いは、

殿下の背にしがみついて離れない。

お、おお、俺を

にするんじゃねえ!

だって、だって、だって!

死ぬぅ――っ、死ぬぅ――!!

叶は目をぎゅっと瞑り、手裏剣を乱れ打った。
味方手裏剣飛ばすな――!!

萌栄の味方だって!?

ちがう! それは偽物よ!

本物だ!

俺?
し、しまったぁ!
覚悟!
加凛が、葵に攻撃しようとした、その時。
た、たた、大将に近づくな――!!
叶が、葵の前に立ち、手裏剣を放ったのだ。
叶!?

大将、今のうちに逃げるんだ!

ぼ、僕が相手になるぞ。

さあ、来い!!

それじゃぁ、お望み通り。

まずは、アンタから!

やっぱり来るな――!!

どっちだ、女々しい!

ごめんなさい、

ごめんなさい、

ごめんなさい!!

叶は、大泣きしながら、手裏剣を飛ばし続ける。

こわい、こわい、女の子怖い!


お、女の子なんて嫌いだ――!!

叶は、スモークボールに着火した。


途端、お城の庭が煙に包まれる。

(大将逃げられたかな? 僕も、そぉ~っと
忍び足で、どこへ?
ひぎゃぁあ!?
叶の腕は、加凛にがっしりとつかまれる。

弱虫、泣き虫、

飛んでけ――!!

加凛は怪力で、夜空へ放り飛ばした。
ぎゃあ!!

飛ばされたの悲鳴が遠ざかっていく。


彼は、フィールドの外の木にひっかかった。

さ。次に飛ばされたいのは?

あれぇ?

煙がはれた中庭に、人影はなかった。

逃がしたか。

でも、お城の窓が、開いてる?

もういい~かい?

もういいよ~♪

加凛は、窓からお城へ入る。


パタンと窓が閉まった。


その様子を、木の中から見る者たちがいた。

お城の中に逃げたのは、まさか……

萌栄たちと、葵だ

萌栄たち、可哀想に

なまんだぶ、なまんだぶ

やめてください。縁起でもない!

建物の中の、隠遊だからなぁ……。

隠れられる場所は限られるし。

しかも加凛

どこに隠れようと

あの怪力で、

ドアごと破られそうや

大げさな、大将は優しい子や

加凛ちゃんは、

女の子には優しいよ!

わあ!?
突然木の根元から声をかけられ、殿下たちは息を呑む。

殿下たち、見ぃーつけた!

もも

ちゃん、やったね!

それじゃ、ちゃちゃと、やっつけちゃおう!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色