【Program1】5

エピソード文字数 3,106文字

(ジン)、どうしてこの男に加担したんだ?」
 (ジン)は偉そうな男に問い詰められている。その周りには数人の監守がいる。恐らく、中央にいるこの偉そうな男が、開発所の所長なのだろう。
 スラリと伸びた背。(ジン)よりも十センチほど背の高い男は、べったりと髪に油をつけ、前髪をひとまとめにし左斜めに流している。年齢は三十代に見えるのに、年齢に似つかわしくない潔癖さが漂う。白い手袋をシュッと両手にしっかりとつけ、しわひとつもない軍服を身にまとう。

 (ジン)は、来葵(ライギ)と来た道を戻り、裏口を開けた。──そのときに、所長が目の前にいた。現行犯を見られたも同然。言い逃れはできない。
 来葵(ライギ)と一緒にいた(ジン)を所長が責め立てていた。来葵(ライギ)は庇おうと前に出た。
 だが──それが所長の気に触れたのか。ゴミを見るかのような目で所長は一瞥する。ふと、顎が浮いた。次の瞬間、来葵(ライギ)は汚物のように監守に抓まれ、死骸の山へと投げられる。

 背中の衝撃に、来葵(ライギ)は虫ケラのような微かな声を上げた。
『あの焼印係は処罰されるだろうな』
 ──来葵(ライギ)の脳裏に(ジン)の声が再生されたのか、来葵(ライギ)の目は見開かれる。次は、己の番だと。

「ほら。お前、人を切ってみたいと……以前に言っていただろう?」
 所長は(ジン)に長剣を渡す。──この状況では、(ジン)は受け取るしかない。(ジン)が無表情で受け取ると、所長は満足そうに(ジン)の頭を愛おしくなでる。

 (ジン)はじっと長剣を見つめる。以前の言葉を後悔しているのか。いや、そうではないのか。
 所長はさも楽しそうな笑みを浮かべている。横では、監守たちが息を飲んでいる。まるで所長に怯えているかのように。
「さぁ、遊んでおいで」
 (ジン)の耳元で所長が艶やかに囁き、首元に口づけをする。所長の唇が離れると、(ジン)はゆっくりと来葵(ライギ)に向かって歩いて行く。

来葵(ライギ)、私はね……君に会うために開発所(ココ)にもぐりこんだ。どんな手段を使ってでも、例え虫唾が走るような男に身を委ねることになろうとも」
 所長や監守たちには聞こえないのか。(ジン)のちいさなちいさな呟きは、来葵(ライギ)の鼓膜を強く強く振動させる。
「大神の命に従い、君に再会できたときは感動したよ。君は知らないだろうけれど、私は……ずっと……」
 (ジン)の解釈しがたい独白は続く──かと思われた。
「けれど、君の役目はもう終わった」
 冷たい笑みを(ジン)は浮かべる。──もう、舞台から降りていいと。いや、そうするべきだと。
(ジン)……」
 来葵(ライギ)は動揺する。(ジン)来葵(ライギ)を『ヒト』として見てはいない。その瞳に映っていたものは、すでに『物』。急激に(ジン)は笑みを消す。

「馴れ馴れしくヒトの名前、呼んでんじゃねぇよ」

 人が変わったかのような(ジン)は、来葵(ライギ)に長剣をすっと向ける。ぽかんと開いた口に剣先を入れると、躊躇いなく床まで突き刺す。
 来葵(ライギ)は声にならない苦痛を上げた。
 (ジン)は長剣を抜くと、踵を変えす。背後でのた打ち回る来葵(ライギ)を無関心に。

「ねぇ、あれ……うるさいから黙らせて」
 ひとりの監守に血のべったりとついた長剣を渡し、(ジン)は淡々と言う。──それは、来葵(ライギ)の命の終わりを言い渡した瞬間。
「どうだった、(ジン)。楽しんだか?」
 所長は両手を広げて(ジン)を迎え入れる。(ジン)は──足を弾ませて所長に飛び込むと、甘えたような声を出す。
「ん~……思っていたよりも、つまらなかった……かも?」
 そうかそうかと、所長は(ジン)をなでる。抱きしめて匂いを嗅ぎ、至福の表情を浮かべる。そうして満足したのか、所長は(ジン)から腕をほどき監守たちを引き連れて開発所内部へと歩いて行く。

 足音が聞こえなくなり、(ジン)は体中を払う。ふと、目についたのか、赤い水たまりの先に視線を泳がせる。
「ねぇ? 来葵(ライギ)。『処罰を受ける覚悟』があったから、ここに戻ってきたのでしょう?」
 (ジン)は冷たく笑っていた。
『君と同罪で構わない』と言っていた、数時間前。あの(ジン)は、嘘の感情とは思えない言葉だったにも関わらず。──直後、来葵(ライギ)の体はだらりとし、瞳は人形のようになった。
 (ジン)の目の前でおびただしい血液があふれている。来葵(ライギ)は肉の塊に化した。

(ジン)?」
 ふと聞こえた声に、(ジン)の体に緊張が走る。咄嗟に(ジン)は、おもしろおかしいと言うように笑ってみせた。
「あ~あ、また、生臭いのが増えただけか」
「楽しそうだな」
 所長は満足そうに笑っていた。(ジン)はそれを見て同じように笑う。
「そりゃあ、もう」


 (ジン)は、なににそんなに楽しそうに笑ったのか。──所長と開発所の最後だ。忌々しい終わりをはやく待ち望んでいた。
 彼は、傍観者。その命を受けた彼は、自ら手を下すことはない。天命に従うのみ。意志とは違う。彼は、来葵(ライギ)は、琉菜磬(ルナセ)は──忒畝(トクセ)は眠りから覚めるように、意識を遮られるように場面は消灯する。



『傍観者は、悪を最後まで見届けよ。それが使命だ』
 ──誰の声だろう。知っている気がする。けれど、忒畝(トクセ)は知らない声。

 ──そうだ。(ジン)は傍観者だと自ら言っていた。彼が最後の使命として担っていたのは、根源となった開発所を最後まで傍観することだったのか。


 しかし、直後の映像で忒畝(トクセ)は真実を見る。
 開発所とともに命を落とすはずだった彼の最期を。


 二十代に見えていた(ジン)は、一気に所長と同年代になっていた。所長は、更に年を重ねている。彼らの目の前には、十歳になったばかりの少女。彼女は実験台に乗っている。
 人間離れした姿を見て、所長は歓喜の声をあげた。──直後、その少女に心臓を一突きされ、絶命した。(ジン)は信じられないと言わんばかりに目を見開く。倒れていく所長から目を放し、少女に目を向けたが──見えたのは、己の血しぶきだ。

 少女はコードNo.91802。ここで生まれ、育った少女だった。



 忒畝(トクセ)は息苦しさに目を覚ます。目の前には、李色の瞳が心配そうに見ていた。
(トク)……」
 黎馨(レイカ)の声は塞がれて消えていく。
 救いを求めるかのように伸びた忒畝(トクセ)の腕は、黎馨(レイカ)を包む。けれど、それは数秒間だけで。だらりと力は抜け落ち、唇は離れていく。
 慌てたのは黎馨(レイカ)だ。
 忒畝(トクセ)が起きたと思い、手を離したにも関わらず──忒畝(トクセ)は再び過去の記憶へと落ちて行ってしまった。
 ただ、それだけではなく。現状は、ベッドからも落ちてしまいそうで。

 黎馨(レイカ)は必死に忒畝(トクセ)を支え、ベッドになんとか戻す。ふう──と、黎馨(レイカ)が脱力したのは束の間。今度は強く忒畝(トクセ)に引き寄せられて、黎馨(レイカ)もベッドに横たえてしまった。

 危険を承知で忒畝(トクセ)は過去を見ると了承してくれたと黎馨(レイカ)は痛感する。そっと両手を包みこみ、黎馨(レイカ)は願う。


 ──忒畝(トクセ)様、こちらです。

 忒畝(トクセ)に呼びかけ、意識を探す。懸命に、懸命に。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

沙稀《イサキ》


鴻嫗《トキウ》城の姫の護衛剣士。21歳。男性。

出身については口にしない。

恭良《ユキヅキ》


鴻嫗《トキウ》城の姫。19歳。女性。

貴族は男女問わず髪を肩より下に保つという規定があるが、なぜかその規定のギリギリにしかしない最高位の姫。

凪裟《ナギサ》


鴻嫗《トキウ》城の宮城研究術士。23歳。女性。

幼いころに城が墜ち、遠い親族にあたる鴻嫗《トキウ》城に身を寄せた。



捷羅《ショウラ》


羅暁《ラトキ》城の嫡男。24歳。男性。

色のつく噂が絶えない。凪裟《ナギサ》に猛アピール中。

羅凍《ラトウ》


羅暁《ラトキ》城の次男、剣士。24歳。男性。

美男子と有名な父によく似ている。捷羅《ショウラ》とは双子。一途に想う人がいる。

忒畝《トクセ》


克主《ナリス》研究所47代目君主。20歳。男性。

アップルティーを好み、変わらない日常を愛し、研究に日夜没頭するのが趣味。

悠穂《ユオ》


克主《ナリス》研究所47代目君主の助手。18歳。女性。

忒畝《トクセ》の妹。アップルパイが好きでたまに焼く。行方不明の母に会いたいと思っている。

馨民《カミン》


克主《ナリス》研究所47代目君主の助手。20歳。女性。

幼いころからずっと忒畝《トクセ》とともに過ごしてきた。忒畝《トクセ》が好き。

充忠《ミナル》


克主《ナリス》研究所47代目君主代理。21歳。男性。

忒畝《トクセ》と馨民《カミン》の親友。誰とでもすぐに仲良くなるような性格だが、実は苦労人。

瑠既《リュウキ》


宿屋、綺《アヤ》の居候。25歳。男性。

14歳のときに綺《アヤ》の主、叔《ヨシ》に拾われた。倭穏《ワシズ》とは付き合って数年という仲。

倭穏《ワシズ》


宿屋、綺《アヤ》の踊り子。19歳。女性。

綺《アヤ》の看板娘。あまり物事を深く考えずに、言いたいことを言ってしまう性格。

誄《ルイ》


鐙鷃《トウアン》城のひとり娘。24歳。女性。

恭良《ユキヅキ》の兄の婚約者。行方不明の婚約者の帰城を願っている。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み