第8話 ターコイズブルー(十一月二十三日火曜まで)

文字数 1,936文字

 翌日仕事を終えたみちこはすぐに帰ることはせず、駅のそばにある本屋に入る。店内を歩き回るが、書棚を見てはいない。
 紗奈と二人きりで話したいことがある。今回ばかりは、ちゃんと。昨晩は、ライブの興奮と、その考えとでほとんど眠れなかった。
 なおも、ぐずぐずとうろつく。
 そうだ、ケーキを買おう。あの風見鶏の店に行って、近くまで来たから寄った、って言えばいい。
 やっと心を決めて到着するともう閉店間際で、そろそろ二十時になろうとしていた。
 あれ。
 心臓が早鐘のように打ち始める。その二人組はケーキを選ぶのに夢中で、ドアの外にみちこがいることに気付いていない。ゆっくりと店から離れ、電柱の陰に身を隠し、出てきた男女のあとをつけるように歩く。足音が聞こえませんように。ヒールじゃなくて、ぺたんこの靴で良かった。
 男の方が周りを見回すようなそぶりを見せると、二人は手を繋いだままアパートの敷地へ入っていく。
 やっぱり、そうだったんだ。
 課長は何が好きなんだろう、イチゴののったやつ、それともチョコレートのやつ。
 ちょっと離れているけど、撮れるかな。
 みちこは満足げにスマホの画面を見直すと、きびすを返した。店にはもう閉店の札がかかっていた。
 
 シュウ・オンは改装を終え、再オープンする運びとなった。
 さかみち亭からはもう一回やってもいいよと言われたが、みちこは今まで見せたことのない果断さでもって、これを断った。
「えー、やらないの」
 紗奈は不満そうだったけれど、新しい曲を書きたいからといってかわしたのである。
「正式には十二月のはじめにオープンするけど、その前の週にプレのミニライブをしたい。十一月二十六日、みっちゃんトリで出てくれる」
 金曜日。それを自分にと言ってくれた脩一に応えたい。それには、ふさわしい新曲を作るのが一番だ。
 それに、さなみちで演りたくない。あの晩、部屋に乗り込み損ねてしまったけれど、紗奈とちゃんと話をしてみるまでは、できない。
 黙々と仕事をこなし、帰宅すれば曲を練り上げて練習を重ねた。
 犬のからだのやわらかさ。
 脩一の背中のあたたかさ。
 見えないけれど、そこにあるはずの星。
 核となり自分の世界を作っていくもの。みちこが揺らがずに前に進んでいくために必要なもの。寄り添って、広がって、膨れあがる想い。
 シュウちゃん、いい曲ができたよ。
  
 勤労感謝の日、火曜。金曜日のライブを目前に、穏やかな休日になるはずだったのだが。
 もう、このままにはしておけない。
 みちこは夜道を紗奈のアパートへと向かう。確かめてやる、全部。
 昼間の光景が頭を離れない。美容院の帰りに、シュウ・オンを覗いてみようと、ふらりと寄ったのだった。
 扉が開いている。
 踏み入れようとした足が止まった。
「どうして。どうして私じゃダメなの」
「一人しか選べないよ、わかってるだろう」
「そんなの嫌」
「紗奈ちゃん」
「バカ、脩一さんのバカ、大嫌い」
 慌ててその場を離れて雑踏に紛れ込んだ。涙があふれて、どうしようもなかった。この街を、脩一と出会った街を歩いてただ歩いて、電車にも乗らずに歩き通してマンションまで帰ってきた。
 けれども、今までならそのまま泣きながら夜を過ごしていたのに、身体の中でパーンとはじける音がしたのだった。
 アパートの前に着くと深呼吸する。共有玄関はロックされているが、ちょうどいい具合に中から人が出てくる。何食わぬ顔で入り込む。
 ずんずんと紗奈の部屋まで進む。扉の横にあるインターホンを押す、しばらく待って、もう一度。
 出ないつもりなの。
 ノブに手をかけると、思いがけず玄関の扉が開いた。
「紗奈ちゃん」
 返事が無い。しずまりかえっているが、奥の方から灯りがもれている。
「ねえ、いるんでしょ」
 たまりかねて中へ入り、短い廊下の突き当たりにある扉を開けた。
 八畳ほどの部屋。桜色のカーテン、ベッドの脇には見慣れたギター。
 小さな白いコーヒーテーブル、
 その天板に突っ伏した紗奈、

 投げ出された細くて白い腕、

 赤、赤、赤、
 動かなくなった白を覆い尽くす赤。

 みちこの荒い息が部屋の中に響く。大ぶりのカッターナイフが転がっていて、紗奈が自分でやったらしい、ということはわかった。
 救急車を、呼ばないと。
 手が震えて、スマホを取り落としてしまう。拾い上げようとして、壁際に目がいく。
 白い棚板の上にある、これは。
 ターコイズブルーの、これは。
 脩一さんと二人で話した、あのときの、あの。
 紗奈、あんた。
 息はまだ荒いが、恐怖とは別のものに変化していた。
 あんたなんか。
 あんたなんか、罰を受けるがいい。
 スマホをしまい、その場を後にした。祝日の夜は静かで、住宅街に人通りはなかった。

<続く>
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み