03 宿屋とエルフの少年

文字数 1,240文字

 ルルが山を下りると、そこには小さな村があった。

 彼の身なりを見た村人たちは、剣を持っている者が珍しかったので、いろいろとたずねてきた。

「僕は辺境出身の勇者なんです」

 ルルはちゃっかり、そう答えた。

 村長が現れて、彼をもてなしたいと話した。

 小さい村だが、酒場を兼ねた宿屋があるらしい。

「偶然と言いますか、エルフ族の戦士の方もいらっしゃっているのです。弓矢の名手で、アーチャーの称号を持っているんだとか。お年頃はそう、ちょうど勇者さまと同じくらいですよ」

「ふうん、そうなんですね……」

 彼はペロリと、くちびるをなめた。

   *

「僕の名前はラクス。ルルは人間の勇者なんだね」

 ルルは目を奪われた。

 少年の肌は雪のように白く、耳が長く立っていて、淡い青色の髪はきれいに後ろへまとめてある。

 なるほど、これがエルフという種族なんだな。

 彼はそう思った。

 耳たぶの赤いピアス、それよりもさらに、緑色の瞳が輝いている。

 フルネックにノースリーブのシャツ、白いズボンに皮のブーツ、なによりもそれらを引き立てる、引き締まったスタイル。

 ルルはたちどころに、ラクスのとりこになった。

 長椅子のとなりに座って、一緒にテーブルの食事をとりながら、二人は話しはじめた。

「ルル、僕はエルフの族長から、魔王を倒すためにつかわされたんだ」

「魔王?」

「ああ、ここからはるか北に、魔物たちが巣窟にする山脈地帯がある。そこはあらゆる魔族の王である、すなわち魔王が根城にしているんだ。やつはこの世界を征服しようと、動き出したらしい。僕はちょうど、旅の仲間を集めたいと思っていたところなんだ。ルル、どうか僕に、力を貸してくれないだろうか?」

 このようにエルフの少年は申し立てをした。

 ルルは少し考えたフリをして、

「いいよ、ラクス。悪い魔王をやっつけよう。もっともっと、仲間を集めてね」

そう答えた。

「ああ、よかった、ルル。君のような、善徳のある人間に出会えて」

 ラクスは顔をほころばせたが、ルルはと言えば、

「ただし――」

くちびるをとがらせた。

「ラクスが僕の言うことを、なんでも聞いてくれるのなら、ね?」

 黒いまなざしが光った。

「あ……」

 ラクスの瞳が濁っていく。

 たちまちのうちに、彼の頭の中は、ルルでいっぱいになった。

「ラクス、ひとまず今日は、この宿で休ませてもらおう。さあ、部屋に行こうか?」

 ルルがささやいた。

「……うん、そうだね、ルル……」

 ラクスはぼやけた頭で答えた。

「ふふっ、そうこなくっちゃ。エルフってさあ、長生きなんだよね? ラクスは僕と同じくらいの年に見えるけど、本当はけっこうな年齢なの?」

「……ああ、ルル……これでも、400歳なんだ……エルフの中では、まだまだ子どもだけどね……」

 ルルの問いかけにラクスは動かされるように口を開いた。

「ふうん、そうなんだね。じゃあ、僕よりずっと、年上だ。いいね、なんだか」

「……そう、だね、ルル……はは、ははは……」

 こうして二人は、宿の一室の中へと消えていった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み