文字数 1,472文字

 荷運び。いわゆる、雑用係である存在。大遠征はもちろん、パーティーで長旅をすれば、必ず一人や二人が付きもの。

 影の助っ人、目立たないパーティーの支柱、雑用係はとても重要な役割と言ってもいいほどの存在だと……いうことらしい。

 「はぁ……はぁ……」俺はそんなとても重要な役割と同じ重量の荷物を背中に背負って、山を登っている。

 「はぁ……はぁー」そして、俺は次の傾斜面を登って、やっと平坦な地面にたどり着いた。

 俺は跪いた態勢でぜぇぜぇと息をしながら、休憩している。とろこに、視線の先に黒い靴が発見した。その靴を履いている主人は見るまでもなく、俺はすでにわかっている。それでも俺は視界を上に映し、その人の全貌を自分の視野に収める。

 俺がたどり着いた先に、すでに蒼白で無表情な彼女が前に立っていて、虚ろな視線で俺のことを見つめてくる。そう、死霊術師である彼女は透き通るような声で俺に話しかけてくる。

「お疲れ様……昼ですが、よく頑張りました。」

「はぁ……それだけ?」まだ息を切らしていながら、彼女に言葉を問いかける。その返事はとても冷たいものだった。

「それだけ......それとも、休憩しましょうか?」

「そうさせていただきたい。」

「わかりました。」彼女がそう返事すると、静かに俺の隣に座っていた。

 俺もちゃんと景色を楽しむつもりで、身の方向を転換した。

 周辺を見た感じ、山腰の峠の景色だ。稀少な葉がついている何本の木が立てられている以外、ほぼ何もない。逆に下を見れば、全然木に阻まれていない視界の先に広大な草原が広がる。緑色が点在し、広大な画布に描かれているような景色、明確に壮観と言える。

 俺はこの壮観な景色を見て、記憶が勝手に思い浮かぶ。

 冒険が始まる以来、もう半年が経った。

 俺たちの旅は――あるいは彼女が称している“冒険”は、ずっとこんな感じだった。

 山を登り、川を越える。草原も越えて、盆地にも潜る。時々小屋に滞在し、フードを被って町に留まる。

 正直に言って冒険らしい逸話は、一つもない。

 はっきり言って、冒険というより、旅行だろうなと自分でも思う。

 でも、変に無理に魔物と戦わせるよりよほどいい。

 旅の途中、彼女は時々見かけた魔物についての生態の知識を教えてくれる。

 ……いや、むしろ彼女の見聞のほうが面白い。このことは彼女に伏せているが、実は俺はこっそり楽しみにしている。

 今日は何の魔物の知識について教えてくれるだろうかって。俺は山麓まで直視できるほど滑らかな斜面を見てこう思った。

 斜面は下に続いて、草原のほうに伸ばす。それで広がっていく。

「こう見れば、自分は大して登ってないと感じちゃうな……」

 「……でも、いい景色でしょう。」

 「……ああ。」

 原始的な風景。風が吹くとともに、何の悩みも消えそうだ。

 そして、俺たちの間、しばらく沈黙が続く。

 先に話しかけてくるのが彼女だった。

 「では、そろそろ行きましょう。」彼女が身を翻しているのを感じて、俺も思わず頭を彼女の方向に向いた。

 「……早いな。」

 「ええ。それは早めに移動したほうがいいですから。」

 「え?どういうこと?」俺は荷物を背負って、彼女の近くに近づいた。

 「この周りの木、少しずつ近づいてくるのを感じてませんか?」

 「え……あ!」言われてから、確かに距離が縮められた気が……

 「もしかして、これは――」俺が“魔物”という言葉を告げる必要もなく、彼女が「行きましょう」という一言だけ、全てを物語った。

 そして、とても気付きにくいだが、彼女は小さく、小さく微笑んでいる気がした。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み