2 ✿ カラクリ屋敷 作戦会議

文字数 1,037文字

小川城の下見を追え、萌栄たちは作戦会議を開くことにした。


会議場は、根城の籠目屋敷だ。

さて、下見に行った小川城だけど…

萌栄は、テーブルに地図を広げた。

前回は森の中だったけど、今回は建物が多いわね。


建物を利用すれば、幅広い作戦が立てられると思う

建物の中、建物の死角、屋根、橋、お城の塀、いろんな作戦が立てられる。


こちらが敵の罠にはまるリスクも大きいけどな。

合戦は「真夜中」だから、暗闇を利用して近づかれるかもしれないね。

暗いと相手の姿が見えないしな。


味方になりすまされる危険も高い

暗号で、味方か敵か見分けないといけないのよね。


今回の合戦は夜だから、怖い言葉を使うのはどうかしら?


前回の合戦みたいに、怖がらせる目的もかねて敵前で叫んでもいいし。

敵に聞かれても、暗号とは思わない怖い単語か。


前回の合戦みたいに、怖がらせる目的もかねて敵前で叫んでもいいな。

そういえば、前回の暗号が噂になっていたよ。


カレー、ソバ、スッパ〟は、一体なにを意味していたんだろうって

萌栄ちゃんが霊能者だって、うわさもひろまっちょった

萌栄は「オーラの色」だの「背後霊が見える」だのと叫び、敵の不意をついたからだ。

あのあと〝視てくれ〟って何人も頼まれたわ

今回も、いろいろ視えるかもな、萌栄ちゃん?

むむ、早くも感じたわ。


外から、ただならぬ妖気を・・・

萌栄は立ち上がり、縁側の障子をスパンッと開けた。

バレバレだっつーの!

お殿様にかわって、お仕置きよ!

なんで分かったんや!?
てっしゅーう!!
やっぱり、ほ、ほんとに視えるんや!

行ったか。でも・・・まだ気配を感じるんだけどなぁ

また来るかもしれないわね…。そうだわ!
ここからは、ミニホワイトボードを用いた筆談だ。
萌栄たちは筆談で、作戦会議を進める。
さっきから、えらい静かやな・・・
ああ。かすかに物音は聞こえるけど・・・
でで、出たあ――!?

お化け!? 

あ……な、なんだ、萌栄か!

やっぱり!

あんたたち、そこにいたのね!

…ま、いいわ。用があるから中に入って。

お…おう。

いいんか?

ちょっと訊きたいことがあるのよ。

ハイ、分かりました……
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色