詩小説『ブリキの飛行船』3分の小さな物語。若者へ。

エピソード文字数 422文字

ブリキの飛行船

踏切では点滅する赤が、僕の側で滲んでた。
夢と現実の狭間を、電車は突き抜ける様に。

魔法みたいに揺れていた。髪の匂いで、タイムリープ。無理矢理、あの日が蘇るように。

永遠を創る一瞬を。一瞬の為にある永遠を。偶然と必然の真ん中で、越える一線。

飛行船を浮かべて、誰も知らない国へと。
君を連れ去ったら、旅に出ようか。

ばら撒かれる、指名手配の貼り紙。
君を盗んだ泥棒、異国へと逃げる。

誰も届かない宇宙へ。

世界の果てで舞う桜。

風に漂う。

差し出すR側のイヤフォンを、L側のイヤフォンで確かめる。君の身体へ流れ込む音楽を。

積み上げて築く言葉。崩れ落ちて気付く言葉。拾い上げて放つ、短く儚い言葉。

飛行船を浮かべて、誰も知らない国へと。
君を連れ去ったら、旅に出ようか。

時計が刻めない時を。住所のない場所を。名前もない恋を。柄、色ない旗を。

誰も届かない宇宙へ。

世界の果てで舞う桜。

風に漂う。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公はあなたです。それぞれの恋愛模様を『詩小説』で。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み