エピソード文字数 753文字

 ビルの地下にある居酒屋。
 薄暗い階段を降りると、木製のドアが見えた。ドアを開けると店内は煙草の煙が燻っている。

「信さん、いらっしゃい」

(ひで)さん、久しぶり」

「これは……。可愛い人ですね。信さんの彼女ですか?」

 信也と同年齢くらいの若い店主が、あたしに視線を向け笑った。この店主も元暴走族らしいが、今はその面影もない。

 信也は店主に視線を向け、無言で口角を引き上げる。
 
 店の奥には2人の男と若い女が数人。
 女はこちらに背を向けているが、全員金髪や茶髪。その席から煙草の煙がモクモクとたち上がり、その風貌は見るからにヤンキーだ。

 テーブル席に着くと、背後から声がした。

「おう、信也じゃね?」

 ひとりの男がこちらに気付き、信也に声を掛ける。

「何だ、宏司(こうじ)(ごう)か。元気そうだな」

「まぁな。お前、真面目に働いてるってほんとかよ?」

「ああ、働いてるよ。俺達、もう20歳だぜ。お遊びは終わりだよ。宏司らは今何やってんの?まだ(つる)んで走ってんのか?」

「俺達は色々な。それよりいい女連れてんじゃん。もう新しい女か?」

 男はニヤニヤ笑いしながら、煙草を吹かす。同席していた女が後ろを振り返った。

 信也と女の視線が重なり、2人の間に微妙な空気が流れた。

「……信也」

「あざみ……」

「何だ、お前ら知り合いなのか?」

「ちょっとな」

 信也は言葉を濁したが、女は明らかに動揺している。

「信也の彼女、どっかで見たことあんだよな。なぁ、どこだっけ?」

 男は灰皿に煙草を捻り潰す。

「宏司、俺の女をナンパしてんじゃねぇ」

 信也に『俺の女』と言われ、あたしは嬉しい反面、どうリアクションすればいいのかわからなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み