2 (3)

文字数 2,472文字

 客間には天蓋つきのベッドと小さな机と椅子が一対。部屋は広く、窓は大きくとられており、明るいが簡素である。リアンが寝かされたこの部屋は、以前リアンが使っていた部屋であり、再び彼にあてがわれた一室であった。

 目を覚ます。見覚えのある気のする天井に少し考えると、思い出して舌打ちをし、続けて大きく溜め息をつく。
(ああ……あの時あいつが……あいつもそうだ……いや、だが仕方のないことだ……そうだ結局は俺の問題だ……先手を打つ積もりがこのざまだ……()()のこともそうだがそれ以前に……)
 それをアンナが驚いた顔をして見ていた。
「……」
「……すいません」
 嫌なところを見られた。なんとなくバツが悪くて謝った。
「い、いや、気にしないでも……ああ。そうだ。リアン様が起きました!」
 ドアの外にいる何者かに声をかける。
「その……本当に気にしないで下さい。あの……普段ももっと、よそよそしくしなくていいのですよ」
「よそよそしい?」
 言い返したが、彼には自覚があった。リアンは人前では礼儀正しい言葉を使わないではいられなかったが、これは生来のものではない。生来はもっと、色々な人にあだ名を付けたり、下らない冗談を言ったり、更に言えばおしゃべりですらあった。彼は自覚していた。今の、丁寧で、寡黙な態度は、生来の、つまりは本来の彼を隠すためのものであった。
「もっとこう……自然に」
「自然に?」
 彼はまるで自然な自分を覚えていないという風である。
「リアン様って笑いませんよね」
「何の話だ?」
「男の人ってもっとこう……自分の好きな話ばかりして、それで勝手に笑って……人の気持ちも考えないで……リアン様にも何かそういうものは無いのですか」
(無い)
 リアンは溜め息をつくだけである。
「あ……ごめんなさい」
「……」
 (旅立ちの前後で随分と性格が変わった気がする……それともこれが自然な彼女なのか)
「俺がしゃべらん分お前がしゃべればいい」
 彼は船上でのことを思い出して言ったのだが、アンナにそれが分かったかどうかは不明である。
「え?」
 アンナは、つい聞こえていたのに聞き返してしまった。
 廊下が騒がしくなってきた。大勢近づいて来る。やがて扉を開けて入って来たのはエリアス二世であった。
「リアン!無事で良かったよ!君は私の命の恩人だ」
 アンナが、座っていた、部屋に一つしかない椅子を譲ろうとするのを押しとどめて続ける。
「本当に感謝しているよ。君がいなければ今頃私は死んでいたかもしれない」
「……私は何日寝ていましたか」
「二日だよ。襲撃が三日前。一昨日は一日中苦しそうだったが覚えていないか?」
 リアンは夢とも(うつつ)とも判然としない程度に、苦しかったという事実だけは覚えていた。

 エリアス二世が真面目な顔になったのを見て、リアンはアンナに退出してもらおうとする。政治的、国際的な話は女に聞かせるべきでないというのは常識的判断であった。
「いや、構わないよ」
「しかし」
「昨日も一日中そこにいたくらいだからね。今更どかせやしないさ」
 アンナは顔を赤らめた。リアンも少し嬉しい気がした。本当のところは、アンナには顔見知りがいない、死体を見てしまったばかりだし、暗殺者がメイド服を着ていて、使用人も信用し難い。一人でいるのも当然怖いという理由で、他に居場所がなかっただけであった。しかし、端から見ればアンナがリアンを心配していたように見えたし、エリアス二世の言葉で、アンナも、ずっとリアンを心配して自分がそばにいたように思えてしまった。こういった場合、事実というのは何も意味をなさない。もっとも、アンナが心からリアンの心配をしていたのも事実だが。

 リアンは気を取り直して聞く。
「……下手人たちはどうなりました」
「一人は捕らえた。君が腕を折った方だ。でもすぐに自殺してしまった。君をそんな風にしたのは逃走中だ」
「彼女らはいつからここに?」
「最近というほど最近でもない。時期的には帝国の使者だと見るべきだが、だとすればそれなりに前から仕込んであったことになる。君の意見が聞きたい」
「帝国の使者でしょう。間違いない」
「どうして言い切れる?」
「帝国の女は強いからです」
 リアンは吹き矢を構えた金髪の暗殺者を思い出していた。彼女は狙って、()()()()()撃ったとリアンは確信していた。
「そんな理由か?」
 エリアス二世は拍子抜けした声を出す。
「まあそれは今は大した問題ではないでしょう」
「そうだな……」
 リアンは帝国の女が強いと言ったが、それは帝国の北方の特色である。もっとも、今の帝都は北寄りであるため間違いとも言えないが。

 聞けば、リアンの来訪、厳密にはその知らせた内容、に戦慄したエリアス二世が緊急でリアンとの謁見を仕立てたために、夜も近かったのに警備も薄く、そこを暗殺者に狙われた様である。これを知ったときリアンは自分のせいであると考えたが、
「いずれは訪れた危機だよ」
 と物腰の低い王はリアンに寧ろ感謝していた。

 王は先ほどから立ちっぱなしだが、そんなことは気にもとめずに話してゆく。
「セシルが出発してからまだ四日だ」
 セシルとは第一王子のことである。
「しかし止めるべきです」
「確かにバーゼルが帝国にとられたのはまずい。だが西方も放っては置けない」
「王子の向かった先には皇帝がいます」
「なんだって!?」
「しかもテベレ川の上流がとられたのです。このままでは王子は西と北から挟撃を受けます」
「……今日の昼過ぎ、つまりこれからだが、軍議がある。病人を誘う積もりはなかったが……」
「必ず行きます」
「仕方がない。案内させるよ。それまでは安静にしているように。何か食事も持ってこさせよう」

「君には本当に感謝しているんだよ。なんたって命の恩人だからね……そんなになった君にまだ頼らなきゃいけないのはすごく心苦しいよ……」
「もう大丈夫ですから病人扱いしなでください。それに……私には他に何もできませんから……」
 エリアス二世やアンナがリアンを謙虚に思う一方で、リアンだけは、彼が他の分野では何の役にも立たないことを知っていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み