賭けの代償

文字数 2,908文字

「藤、下を見てください」

 葵龍の声が頭に響いたので、藤は下を覗いてみた。
 かなり高い場所を飛んでいるけれど、それよりも驚いたのは、眼下に広がる町並みだ。
 中央に大きな黒瓦の乗った白い壁の城がたっていた。
 その周りには、龍の隠れ里にあったような小奇麗な家々が連なって建っている。
 その規模は龍の里の何倍もあった。

「ここが陽明国の王城、陽明城がある、この国の都です」
「わあ……」

 上空から見ると、川が流れている。
 ここでは水不足には悩まされていないようだ。

「この都を境にして、北では私が、南では蘭鳳(らんほう)が崇められているようですね」
「そうなんですか……」

 ほうっと息を吐きながら、藤はその荘厳な城を上空から眺めた。

「今の王様はハヤブサ王というんですよ」
「ハヤブサ王ですか……強そうな名前ですね」
「とても聡明な王なのだとか。さて、都を超えたここから南は蘭鳳の地です。もう、すぐに蘭鳳の神殿、鳳凰(ほうおう)宮につきます。鳳凰宮も、龍宮同様、人目につかない隠れた場所にたっているんですよ」



 葵龍がそう言ってから暫くして、前方の山の中腹に赤い柱が並ぶ神殿が見えてきた。

 鳥居のような朱塗(しゅぬ)りの門があり、その前の庭に葵龍は降り立った。
 龍である大きな手をゆっくりと開いて、藤を地面に降ろすと、葵龍はすばやく人型に戻る。

 鳳凰宮の門から、玉砂利の続いた道を進むと、錦や彩と同じ年頃の一人の(わらわ)がいた。
 葵龍はその童に声を掛けた。

朱砂(すさ)。如意宝珠はみつかりましたか?」
「あ、葵龍神さま! すみません、まだ見つからなくて。これからまた探しに行こうと思っていたんです」

 (如意宝珠がみつかならい……って?)

 藤は疑問に思い、葵龍の顔を見た。

「葵龍さま、如意宝珠って、なくしてしまったんですか……!」

 驚きに目を見開いた藤に、葵龍が応える前に。

「やあ、葵龍。よく来てくれたね。話は中でしようじゃないか」
「……よく私が来たと分かりましたね」
「龍の気配はわかるものさ」

 赤い着物を着た、金髪の、そして鳥の尾羽が後頭から下へ生えている人物がでてきた。

「俺は蘭鳳だ、お嬢さん。そう葵龍を責めないでやってくれ。如意宝珠をなくしてしまったのは、うちのもんだしな。さあ、中に入れ。朱砂(すさ)、お茶を用意してくれ」
「かしこまりました」

 蘭鳳は、人間でいうと青年期の男性のような姿だった。
 先にたって葵龍と藤を鳳凰宮の中の部屋へと案内してくれる。

 鳳凰宮は、中も朱塗りの柱がつづき、彫刻のあしらわれた白い壁が続く宮だった。
 庭には、龍宮のような花々が咲き乱れ、しかし、枯れてしまっている花もいくつか見受けられた。
 龍宮とはまた違った(おもむき)だ。

 蘭鳳が木の戸板をあけて、二人が一室に通されて卓につくと、そこに朱砂が緑茶を持ってきて藤たちに出してくれた。いい香りのするお茶だ。

 蘭鳳は上機嫌だった。

「お前が女の子をつれてくるとはなあ」

 意味ありげに笑んで卓の緑茶に手をつける。
 一口飲んで、葵龍をみた。

「今日も如意宝珠の件かい?」
「あたりまえです」

 ぴりぴりとした雰囲気を漂わせた葵龍に、藤は少しびくりとする。
 こんな葵龍は初めて見た。

「あれは大事なものだと注意したのに。なくしてしまうとは……」

 今日も……、という蘭鳳神の言葉で、葵龍が何度も如意宝珠の件でここへ来ているのがうかがえた。

「まあ、お前が賭けに負けたのが運の尽きだったな」
「あなたが言うことではありません」

 葵龍は冷ややかな目を蘭鳳に向けた。

 しかし、いま藤は聞き捨てならないことを聞いてしまった。

 蘭鳳神は「葵龍が賭けに負けて如意宝珠を手放すことになった」ということを言った。
 大事な宝物を賭けの代償にした、ということだ。
 藤は我慢がならなくて、口をひらいた。

「葵龍さま。如意宝珠を何かの賭けの代償にしたんですか?」

 それはさらに藤の胸をえぐることだった。
 葵龍がそれに何かを言う前に、蘭鳳が口をひらく。

「娘、そう目くじらをたてるな。俺が殺風景だった鳳凰宮の庭をどうにかしたくて、如意宝珠を貸してくれと頼み込んだんだ。でも、頭の固いこいつはどうしても貸してくれなかった。だから、俺はしつこくこいつに貸してくれと使いをたてたんだ。けっこう迷惑そうだったから将棋(しょうぎ)勝負をして負けたらすっぱり諦める、と言ったんだ」

「本当に大迷惑でした」

 葵龍の眉間に皺ができた。

「まあ、まあ。でも、俺が勝っちゃったから約束通り如意宝珠を借りた。すぐに返す為に部下に龍宮に届けさせたんだぜ。でも、その途中で部下が落としてしまったらしくてなあ」

 のほほん、と茶を飲みながらそんなことを言った蘭鳳に、藤の怒りが頂点に達した。

「蘭鳳神さま……そのせいで人間がどれくらい死んだと思っているんですか?」
「ほう、知らんな」

 蘭鳳神はまったく気に留めていなかった。

「あなたがたがっ――如意宝珠をなくしたせいで……! 雨が降らなくて大勢が死んだんです!」

 如意宝珠で雨を降らすことが出来ていれば、餓死するものもなく、水に(かつ)えることもなく。
 全てのいきものが、もっと平和に豊かに過ごせたはずなのに。

 涙を流してそう言った藤に、蘭鳳神は静かに言った。

「甘えるなよ、人間」
「っつ」
「なぜ、葵龍が人間の女の子をつれてきたのかと思えば、そんなことを俺に言いに来たのか。雨がふらない? ならばなぜ、それ以前に川や湖から水を引くことをしなかった? 
 日照りは今にはじまったことじゃない。昔にもあった。そのたびに生贄をたてることしかしなかった、お前たちの落ち度だ。
 それに、如意宝珠はなんでも願いが叶う宝珠だ。そんなものに頼ろうとする心根が俺は気に喰わん」

 真っ向からそう言われて、さらに藤の目に涙が浮かんだ。

「私たちにどうしろと言いたいんですか! そんなこと、王様にでも頼まないと、やってくれないわよ! 私たちは神だのみするしかないじゃない!」

 顔を覆って涙を隠す藤の肩を、隣に座る葵龍がそっと抱く。

「蘭鳳、それ以上、うちの子をいじめないでくれますか」

 その目は、蘭鳳が見たことがないほど怒りに燃えて金に光り鋭かった。

 肩に置かれた葵龍の手が暖かい、と藤は感じた。
 何か大きなものにくるまれて、守られているような安心感。
 昔、迷いの森で手を繋いでくれて、村まで導いてくれたときと同じ感覚。
 藤の張り詰めていたこころが溶けて、また泣きたくなった。

 蘭鳳神は葵龍を炎のような赤い瞳で睨んだ。

「お前は……甘いな」
「そうかもしれません。でも、如意宝珠に頼ったのは、あなたも同じです」
「まあ、規模が違うが、ごもっとも」
「何もすべを持たない人間が、雨を求めて如意宝珠に頼ろうとする気持ちも、私には分かります」

 二柱の神はしばらく睨み合った。

「ほう……。で、俺にどうしろと? 何か要件があるからここに来たんだろう?」

「今まで通りに探していては、らちがあきません。眷属を使って探してください。私も眷属を使います。もし、如意宝珠の力を使ったものがいれば、気配で私が感知できます。だから今はだれも使っていない、もしくは誰の目にも触れない場所にあるということです。見つけるのは難しいですが、探しましょう」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公 藤(ふじ)


元気で健康、活発な少女

葵龍(きりゅう)


陽明国の北であがめられている神。

龍神として祀られている存在だけど――


蘭鳳(らんほう)


陽明国の南であがめられている神。

人型のときは後頭に鳳凰の尾羽が生えていて、本体になると炎をまとう鳳凰(ほうおう)になる。

ハヤブサ王


陽明国の賢王。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み