戦闘服は制服! ①

文字数 3,096文字

 ――それから二日が過ぎ、いよいよ会長・篠沢絢乃のお披露目(ひろめ)の日がやってきた。

 その日の朝、わたしは自室の洗面台で丁寧に洗顔を済ませて自慢のロングヘアーをブラッシングすると、ウォークインクローゼットに足を踏み入れた。

 そこでわたしが迷うことなく手に取ったのは、母が購入してくれたスーツ一式ではなく学校の制服。小物を入れておく小さなチェストからは、通学時に穿()いている黒のハイソックスも一足取り出し、武士が(よろい)(まと)うように身支度を整えた。

「――絢乃、おはよう。支度できた? そろそろ朝ゴハンを食べに下りないと。九時には桐島くんが迎えに来るわよ」

「うん、分かった! 今行くわ」

 わたしが部屋を出ると、廊下で待ってくれていたらしい母はわたしの服装を見て軽く眉をひそめた。

「絢乃……、本当にその格好で行くの? スーツじゃなくて」

「うん。だって決めてたんだもん。わたしは誰に何を言われても、このスタイルを貫くんだ、って」

 わたしは母にキッパリと宣言した。
 父の葬儀が終わった後、わたしは決意していたのだ。女子高生の自分のままで、会長の職務も実行していこうと。
 どう足掻(あが)いたたところで、いきなり大人になんてなれないのだから。それならわたしは、ありのままの自分で闘っていこうと思ったのだ。この制服は、そのための戦闘服というわけだった。

「…………まあ、あなたがそこまで言いきるなら、私も反対はしないわ。パパも言いだしたら聞かない人だったけど、あなたはパパにそっくりね」

 困ったように、呆れたようにそう言った母に、わたしは苦笑いするしかなかった。あの場では、喜ぶべきだったのだろうか……?

「でも、あなたがそこまで覚悟できてるならいいけど。あなたが進もうとしてる道は(いばら)の道よ。生半可な気持ちで進めば、あなたはどちらでも信頼を失うかもしれない。本当にそれでいいのね?」

「分かってるわ、ママ。わたしは本気だよ。絶対に、どっちもおざなりになんかしない。約束する」

「……ええ、分かった。あなたのその(りん)とした態度を見てたら、あなたの真剣さが伝わってきたわ。そういうところもパパによく似てるわね」

 最後には母が折れた。嬉しそうに目を細めた母には、その時のわたしと父の姿が重なって見えていたのかもしれない。

「わたし、そんなにパパに似てるかな? ママ似のところは?」

 階下へ下りる途中、わたしが母に訊ねてみると。

「顔」

 あまりにもシンプルな答えに、わたしは思わず吹き出した。

****

 わたしと母が朝食を済ませた頃、インターフォンが鳴った。

『おはようございます、絢乃会長! 桐島です。お迎えに上がりました!』

「はーい! 今出るわ。ゲートの前で待ってて」

 わたしがモニター越しに応答すると、彼は「了解です」と答えた。すぐにゲートを開けるボタンを押し、わたしたち母娘は各々バッグを持って彼の待つゲートへと向かった。

「お嬢さま、奥さま! お気をつけて行ってらっしゃいませ!」

「行ってきま~す!」

 いつものように元気よく送り出してくれた史子さんに、わたしも元気よく挨拶を返して彼女が出してくれたローファーを履いた。母も黒のパンプスを履き、彼女に「行ってくるわね」と声をかけていた。

「――おはよう、桐島さん」

「おはようございます……ってあれ? 今日は絢乃さん、制服なんですね」

「うん。今日からこの制服は、わたしの戦闘服になるの。――そういえば桐島さんって、わたしの制服姿見たことなかったっけ」

 その時、今更ながらに気がついた。それまでわたしは、制服姿で彼に会ったことが一度もなかったのだということに。

「はい、初めて拝見しました。絢乃さんは何をお召しになってもお似合いですね。制服姿も可愛いです」

「……そう、かしら。ありがと」

 彼は照れ屋で、女の子にそういう褒め言葉を言うのが苦手だったはずなのに、その日の彼は何だか違っていた。わたしは調子が狂いつつも、胸がキュンと高鳴るのを確かに感じた。火照りを隠すように、両手の平で自分の頬を覆った。

「おはよう、桐島くん。今日はよろしくね。――ハイ、ラブコメモードはそこまで! さっさと車のドアを開ける!」

「はっ……、ハイっ! 失礼しました! ……どうぞ」

「ママ……、他に言い方ないの?」

 母の号令に彼は神妙に縮こまり、わたしはそんな母に唖然とした。
「ラブコメモード」なんて、彼にわたしの想いを知られたらどうするのか。……そんな抗議めいた気持ちを込めながら、わたしは母を恨めしく睨んだ。

「…………。さ、行きましょう」

 わたしたちを後部座席に乗せ、運転席に収まった彼は、気まずそうに車をスタートさせた。

 ――さて、なぜこの日、母も一緒だったかというと。株主総会でわたしが新会長としてスピーチする時に、母も一言挨拶をすることになっていたからである。
 母はわたしが学校へ行っている間、わたしの仕事を代行してくれることになっていた。いわばわたしの影武者というか、分身のようなものだったのだ。

 ただ、母は会長の職務を代行するだけであり、肩書でいえば「相談役」に近かったので、母には経営に関する権限はなかった。――もちろん今も。

「――なるほど。それなら、親子で権力争いや派閥争いが起きる心配はなさそうですね。絢乃会長おひとりに、すべての権限が集中しているわけですから」

 わたしと母の説明に、運転しながら耳を傾けていた彼は安心したように頷いた。

「うん。でもね、桐島さん。そう言うとわたしがワンマン会長みたいに聞こえるでしょうけど、実際はそうじゃないの。わたしひとりで決められないことは、ママとか村上社長とかに相談して、意見を聞いて、みんなで決めるのよ。パパもそうしてたみたいにね」

 亡くなった父も、決してワンマンではなかった。元々が経営者ではなかったため、お仲間と相談しながらでないと何も決められなかったのかもしれない。

 でもわたしは、むしろ父がそういう経営者でよかったと思う。もしわたしのお手本となるべき父がワンマン経営者だったら、きっとわたしは後を継ぎたいと思わなかっただろうから。

「僕もその方が安心です。平和主義者なんで、争いごとキライなんですよ。ましてや自分の働かせて頂いてる会社でそんな争いが起きたら、働きづらくて仕方ありませんもんね」

 彼もまた、わたしが守っていかなければならない社員のひとり。そんな彼の率直な意見は、わたしにとって何よりありがたかった。
 わたしは彼に退職してほしくなかったから、彼が働きやすい企業であり続けられるようにしなければと、改めて決意を固めることができたのだ。

「――絢乃さん」

「うん?」

「あなたはこれから、きっと険しい道を歩んでいくことになると思います。でも、あなたは決してひとりじゃないです。僕も、加奈子さんも、そして……亡くなったお父さまもお側にいますから。あなたのことは、絶対にお守りしますから」

 彼が力説していると、母も隣から彼の言葉に同意した。

「そうよ、絢乃。あなたが不安な気持ちはよく分かる。こんな小娘、周りの大人から舐められるかもしれないって思ってるでしょ。でも、そのために私や桐島くんがいるの。だから、いつでも頼ってね。私たちが全力であなたをサポートしてあげるから」

 わたしはなんて頼もしい味方に恵まれたんだろう。二人のこの言葉に、何より彼の励ましに、わたしはどれだけ勇気づけられたことだろう。

「……うん。ママ、桐島さん、ありがとう!」

 ――パパ、見ててね。わたし、みんなから信頼される会長になってみせるから。二人にお礼を言った後、わたしは天国にいる父にそう語りかけた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み