大津島

文字数 1,615文字


 えっ! 倒れる? 次の瞬間、新一の頭は、何か柔らかいものに当たり、そのまま倒れこんでしまった。
 どうしたんだ。何があった? え? 女の子? 新一は女の子を抱えていた。
「美緒!」
 数メートル先を歩いていた両親が慌てて駆け寄ってくる。
「大丈夫、大丈夫ですよ。お子さんにお怪我はありません」
 秀美のその言葉に両親は安堵の表情を見せた。
 状況が、見えてきた……
 新一の後頭部は秀美の身体によって守られたのだ。二人共、尻もちをついて、新一は少し腕を擦りむいたが大した事は無い。
 美緒と呼ばれた幼女は泣きながら母親に抱きついている。
「本当にありがとうございます。お怪我ありませんか?」女の子の父親は新一の腕についた擦り傷に目をやった。「傷が……すみません。大丈夫ですか?」
「こんなの何でもありません」
 そう言って新一は秀美の手を取って立ち上がった。
「本当にすみません。何かありましたら、ここにご連絡ください」
 そう言うと女の子の父親は新一に名刺を渡した。そして夫婦は深々と頭を下げ、その場を立ち去った。
 新一が貰った名刺には幸洋自動車、係長、高野潤一と印刷されていた。
「秀美ちゃん。どうして……何があったの? 戻れたんだ。それとも……すべてが夢? まさか夢オチ?……」
 ほんとに?……あれは終戦間際の大津島……夢だったのか?
「新ちゃん! 新ちゃん! よかった! ほんとだった。お婆ちゃん。ほんとだったよ」
 秀美は泣きながら新一を抱きしめた。
「秀美ちゃん、何があったの? 僕はここで、あの子を助けようとして頭を打った。そして意識が……もしかしたら死んだのかもしれない。そう思った。でも、こうして今ここにいる。あれは夢じゃなかったのかな」
「新ちゃん、わたし今朝、空港でお婆ちゃんから手紙をもらったの」
「手紙?」
「うん……それがとっても不思議なの。その手紙の事、お婆ちゃんから受け取った後、直ぐ忘れちゃって。さっき、記念館でトイレに行ったでしょ。その時、急に思い出して読んだの」
「えっ? 秀美ちゃん、記念館でトイレには行ってないよ」
「えっ?」
「あ、うん。いいから続けて」
 新一ははやる気持ちを抑えきれず、その先を促した。
「それでね、そんな事あり得ないって思って、でも……記念館を出たら、また手紙の事もその内容の事も忘れちゃって」
 秀美の目から大粒の涙が流れだして頬を伝った。
「うん、いいから、秀美ちゃん、ゆっくりでいいから」
「うん、ありがとう。それでね、今、新ちゃんとお話してたでしょ。話をしてる途中でさっきの女の子が見えて……それでまた急に手紙の内容を思い出して……」
 秀美はこらえきれずに声を出して泣いた。
 何だ? 何かが違う。秀美ちゃんは記念館でトイレに行ってない。それに、女の子が転びそうになった時は話の途中じゃなかった気がする。
「秀美ちゃん、変な事聞くけど、記念館を出た後、僕達は何を話した?」
「え? うん、お爺さんの事とか……その話の途中で……」
「お爺さんの話の途中で?」
「うん」
「お爺さんの話はしたと思うけど、その先は? 矢野川さんの事は?」
「え? 新ちゃん矢野川さんの事知ってるの? まだ話してないよ。これから話そうと思ってて」
 やはり……前回? とは明らかに違う。「ねえ、秀美ちゃん、その手紙って見せてもらえる?」
「えっ? あ、そうだよね、なんでだろう。わたし、テンパッちゃってて……お婆ちゃんから、絶対にこの手紙の事は口外しちゃいけないって。でも新ちゃんは当事者だから、いいはずだよね」
 秀美は新一にその手紙を渡した。

 それは経年変化を経て茶色く変色していた。乗り物の中で書かれたのだろうか? 達筆だが、ところどころ文字が躍っている。
 新一の手が震えた。これって相良君……相良君だ。

 ありがとう……ありがとう……この手紙を、今、この時の為だけに、新一を助ける為だけに、松野家が受け継いできたのだ。

新一は震える手で手紙を開いた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み