第17話 異形の王

文字数 2,063文字




 赤銅色の肌を這う金の線。割れた陶器を接いだような金色の模様が首から腹、腕から肩へと縦横に走り、その身を彩る。金接ぎの線は別の線と交わり別れ、また重なり、太く濃く、体の一か所を目指して伸びていた。

「赤い石」

 ルクセルの一言が静まり返った部屋へと落ちる。それに応えるがごとく、金の線に指し示された石は深紅の輝きを放つ。波紋のようにゆらりと光って見せた赤き石は、王女へと背を見せた赤玉の王の体を貫くようにして、肩甲骨の間から生えていた。

「化け物は、あなただわ!」

 思わず声を上げ、王女は目を背けた。
 異形の王を貫く石は、この王国で採れたどんな宝石よりも見事な色と、剣のごとき鋭利な結晶を成している。しかし、その輝きの禍々しさたるや今まで見たどの宝玉とも相容れない。石を宿した者共々、美しければ美しいほど存在のいびつさが際立った。

「そう。化け物だ、赤い石の」

 王女に賛同したルクセルは、赤玉の王の顔を真正面から見つめて続けた。

「赤き聖なる石カーバンクルス。天の恵み、神の石。それを自分たちで生み出そうと、神のまねごとをした者が手にした偽りの力。君は、それで動いている」

 相対する者が何であろうと、向かい合う者を君と呼ぶのが旅人の流儀であるらしい。ルクセルは赤玉の王の重大な秘密をいとも簡単に、淡々とした口ぶりで語った。

 カーバンクルス、燃える石。火にくべた石炭のように光を発し、天から落ちてきた星のごとくに赤々と輝く奇跡の石。炎のようでいて、決して燃えない神の石。

 宝石の原石を採掘することで栄えた国の王女は、その石の名を、おとぎ話として聞いて育った。
 まぼろしの石は不意にその姿を人の前へと現し、選ばれし者へ祝福を与える。手にした者に幸運を授け、絶えかけた命の灯をも再びともすことができると言い伝えられた、伝説の宝玉だったはずだ。
 赤い石を探す旅の中で、その石の名を聞かぬわけにはいかなかったのだろう。旅人は、己の命の炎を永遠にともし続けたいと願う者たちの、愚かしい行為も聞き及んでいた。

「カーバンクルスは、ひとつではないと聞いた。その多くは不死になりたい者たちに、人に生み出された神の石だ。まがい物の燃える石に、偽物のカーバンクルスのために、多くの間違いが起こった」

 永遠の命のためと石を奪い合い、相手の命を絶とうとも争うことを止めぬ者。聖なる石を生成するため、間違った方法を信じ、数多の命を奪う者。
 失われた真の神の石とその模造品をなおも求め、いくつもの過ちが繰り返されては、大勢の人が死んだ。

 聖なる石カーバンクルスをめぐる中で、ともした灯よりも遥かに多くの命がいとも容易く葬られ、永遠に失われたことだろう。その果てに、偽りの聖なる石から偽りの命をもって生まれた異形の王が、また多くの人の命を奪おうというのだ。

「偽りか偽らざるかは、お前がここに来て確かめると良い」

 胸の赤い石に触れ、異形の王はそう言って、旅人を見つめ返した。

「お前は赤い石を探しに来た。だが、お前はなぜに、この石を求める? そんなにもこの石に詳しいのは、なぜだ?」

 ルクセルはまた、すぐには答えなかった。前にいる者の整った顔をただ見つめ、その胸の赤い石の鋭利な輝きから目を離すと、側の書架へと手を伸ばした。

「それは、ここへ書いてある」

 ルクセルが取り出して中を見せた古い本は、表の革も中の紙も風化して、開かれた途端に崩れ落ちた。しかし、崩れた本は朽ちるとともに己の破片を舞い上がらせて風となり、城の主を襲った。

 風は紙片を刃に変える。魔封じの本は最期の力を解き放ち、無数の刃が赤玉の王へと向かう。異形の王はたじろくことなく、炎をまとわせた王女の剣を一閃して、風の刃を焼き切った。
 炎に散らされた風に、紙の刃の灰と煤が舞う。その只中に飛び込んできたルクセルは、切り返してきた一閃をもぐり込むようにして屈んで避け、柄を握る赤銅色の手を、拳で突き上げた。

 宙へと跳ね上がった剣を跳び上がって掴んだのは、王女の手だ。自身を囲む宝玉の鎖を真上から断ち切り、着地と共に前へと転がって、異形の王から距離をとる。
 ばらばらと散った赤い石は床を跳ねて滑り、風に揺れるろうそくの明かりを受けて、炎のような輝きを放つ。

「その石を! 早く、行け!」

 ルクセルの声に顔を上げた王女は、赤玉の王に右肩を掴まれた旅人が相手の右腕を抱え込み、足止めを図るのを見た。
 宿敵を前に二対一でと頭をよぎりもしたが、自分は一度、負けた身だ。またもこの身を囚われでもしたら、ルクセルを縛る鎖は自分になってしまう。
 王女は床に散らばる赤い石を、腕を目一杯使って素早く拾い集め、袖口に押し込んだ。すぐさま立ち上がり部屋の入口に向かえば、城を揺るがすような雄叫びが外で上がった。

 獣たちの吠えたる轟きは、地上の王を迎え撃つためだろう。父王は地上で報復戦に備えるより、この場での最後の戦いを選んだのだ。
 王女は部屋の外へと、城の外の戦場へ駆け出した。背後からは材木が砕け散る音が響き、決戦の幕開けを告げた。




 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み