恋も、仕事も ④

文字数 2,167文字

 だから、この日の帰りの車内での彼の行動には、わたしもさすがに驚きを隠せなかった。
 まさか、彼があんな大胆な行動を起こすなんて……。

****

 ――この日はわたしもだいぶ疲れが溜まっていて、彼の車に乗り込むなり眠り込んでしまった。
 もう本当に完全熟睡で、彼に話しかけられていたのかどうかも分からなかった。

 三十分くらい眠っていたような気がする。――もしかしたら、眠っていたわたしに気を遣った彼が、わざわざ遠回りしてくれていたのかもしれない。
 車が一時停止したかと思うと、突然、唇に何か柔らかな感触を覚えて、わたしはその拍子にパッと目を覚ました。

「…………んっ!?

 目を覚ましたわたしは、車が大きな交差点で信号待ちだったことを知り、続いて彼が運転席でハッとした表情をしていることに気がついた。なぜか少し青ざめていたような気もする。

「……なに? 今のって……。 ――って桐島さん!?

「絢乃さん、申し訳ありません! 僕はあなたにとんでもないことを……っ! 本当に失礼極まりないことを……」

 彼はわたしに謝罪したかと思うと、この世の終わりでも来たかのようにガックリと項垂れた。はぁ~~~~っと大きく息を()きながら。

 わたしにも一応は恋愛の知識があったので、自分の身に起きたことが何なのかは何となく理解ができていた。――あの感触は、多分キスだと。
 でも、もちろん初めてのキスだったので、怒ってはいなかったけれど簡単には受け入れられず。気がついたら彼にこんなことを言っていた。

「……桐島さん。わたし、さっきのがファーストキスだったの」

「はい……」

 彼は絶望感に打ちのめされていたのか、呻くように返事をした。このままわたしにクビにされるかもしれない、と思っていたらしい。

 その直後、信号が青に変わった。 

「信号変わってるよ。……別にわたし、怒ってないから。今は運転に集中して」

「……はい」

 怒っていないと言っているのに、彼はわたしの顔色を窺い、素直すぎるくらい素直に返事をして、再びアクセルペダルを踏んだ。

 好きな人からのキス。いくら初めてだったとはいえ、怒るわけがない。わたしも正直()(まど)いはしたけれど、それで彼を解雇しようなんて気はさらさらなかった。
 彼に辞められて一番困るのは、誰でもないわたし自身だったのだから。

 それよりも、わたしには彼がどうしてあんな行動に出たのか、その方が気になっていた。

 彼だってもちろん、わたしを困らせる気はなかったのだろう。多分、わたしの寝顔を眺めているうちに、衝動的にキスしてしまったのだと思う。
 そして、わたしがそれで目を覚ましてしまったのでハッと我に返り、どっと後悔が押し寄せたのだろう。

 真面目な彼のことだから、それで動揺してしまったのは分からなくもない。でも……、そこまでわたしに怯える必要なんてなかったのに。一体、わたしのことを何だと思っていたんだろう?
 わたしはただ、彼のことが好きなひとりの女の子でしかないのに。

「――あの、絢乃さん。着きましたけど……」

「うん。――ちょっと待って、桐島さん。さっきの弁解、ちゃんと聞かせて?」

 家のゲートの前に着いてもわたしは車を降りず、助手席で腕組みをして彼に向き直った。
 彼はそんなわたしが怖かったのか、オドオドしながらしどろもどろに弁解を始めた。

「……はい。あのですね、先ほどの僕は……その、魔が差したというか血迷ったというか、トチ狂ってしまったというか――」

「ご託はよろしい。っていうか全部同じ意味じゃない」

 そのせいで、彼の言い訳は全部似通った意味の言葉になっていたので、わたしはすかさずツッコミを入れた。

「あ……、すみません。とにかく、本当に衝動的な行動で、僕自身が一番驚いてるんです。ですからその……、お願いですからどうかクビにするのだけは……」

「クビになんてするわけないじゃない。貴方には辞めてもらっちゃ困るの。だから、そんなに怯えないで! わたしはホントに怒ってないから」

「……本当に、怒ってらっしゃらないんですか?」

「クドい! さっきからそう言ってるでしょ?」

「……ですよね」

 彼はそこでやっと安心できたらしい。少々引きつってはいたけれど、笑顔が戻っていた。

 そして、わたしは考えた。彼が衝動的にわたしにキスしたということは、それこそが彼の本能的な行動で、理性で抑えきれなかったのではないか、と。
 そこにひとつの仮説が成り立った。……つまり。

「――桐島さんって、わたしのこと好きなの?」

 思いきって疑問をぶつけてみたけれど、彼からの返事はなかった。

「……………………。お疲れさまでした。今日のことは、本当に反省してます。――明日から春休みだとおっしゃってましたね?」

 長~い沈黙で間を取った後は、一応普段通りの彼に戻っていた。わたしは何だかはぐらかされたような気がして、肩透かしを食らわされたような気持ちになった。

「……うん。学校は午前中で終わるから、昼食は家で摂ることにしてるの。だから、一時前に迎えに来て」

「了解しました。では、また明日。失礼します」

 彼はそれだけ言ってしまうと車からわたしを降ろし、さっさと帰ってしまった。

「結局、どっちなのよ……。どうして答えてくれなかったの……?」

 わたしには彼の本心が分からず、首を捻るだけだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み